《-/Xtra HERO Dread Decimator》

Link/Effect
LINK3/DARK/Warrior/ATK2500
【Link Arrows:左下/下/右下】
2+ "HERO" monsters
This card, also any "HERO" monsters it points to gain 100 ATK for each "HERO" monster with different names in your GY.
If this card attacks a Defense Position monster, inflict piercing battle damage.
日本語訳
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/戦士族/攻2500
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「HERO」モンスター2体以上
(1):このカード及びこのカードのリンク先の「HERO」モンスターの攻撃力は、自分の墓地の「HERO」モンスターの種類×100アップする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 TCGLegendary Hero Decksで登場した闇属性戦士族リンクモンスター
 墓地HEROの種類に比例する自身およびリンク先HERO強化する効果貫通効果を持つ。

 HEROリンクモンスターにはリンク2の《X・HERO ワンダー・ドライバー》が存在しており、あちらの(1)の効果を活かせる状況ならそのままこのカードリンク召喚できる。
 《D−HERO ディアボリックガイ》などを用いてもいいだろう。

 (1)は墓地HEROの種類に比例する全体強化
 上昇値は微々たるものだが、素材の関係で300のアップは期待でき、攻撃力2800はリンク3の平均的な数値を上回っている。
 ただ、墓地リソースを消費する《ミラクル・フュージョン》などとの相性は良くない。
 チェンジ速攻魔法を用いれば墓地HEROを確保しつつ展開できる。
 《E・HERO オネスティ・ネオス》も相性は良く、大幅に強化しつつHEROを確保できる。
 攻撃力変動ということで《D−HERO ディストピアガイ》トリガーとなり得るが、1度使うと強化できなくなるために相性としてはあまり良くない。

 (2)は貫通効果
 (1)の効果で自身を強化しておけばある程度のダメージは狙える。
 ただ、守備表示モンスターの遭遇率はあまり高くはない。

 どちらの効果も直接アドバンテージを稼げるものではなく、HERO主体のデッキでも扱いは難しい。
 HEROを採用しつつ展開能力のあるデッキにおいて、攻撃力を補う役割として使うことになるか。

関連カード

収録パック等


広告