(アット)イグニスター】

デッキの概要

 @イグニスターモンスターとそのサポートカードAi魔法・罠カードを中心とした【サイバース族】デッキ
 リンク召喚に特化しがちな一般的の【サイバース族】に比べて多彩な召喚法を繰り出せるのが特徴的。

《ダークナイト@イグニスター》
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
自分の墓地からレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを可能な限り
このカードのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分の墓地からサイバース族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
《イグニスターAiランド》
フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。
手札からレベル4以下の「@イグニスター」モンスター1体を特殊召喚する。
このターン自分は、元々の属性が同じモンスターを
「イグニスターAiランド」の効果で特殊召喚できず、
サイバース族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分の墓地から「@イグニスター」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

@イグニスター
 キーカード《イグニスターAiランド》の制約の関係上、なるべく多くの属性を採用したい。

―相性の良いサイバース族
 下記以外にも【サイバース族】の参照も推奨する。

エクストラデッキについて

@イグニスター

―相性の良いサイバース族
 下記以外にも【サイバース族】の参照も推奨する。

魔法・罠カードについて

Ai魔法・罠カード
 @イグニスターと密接に関わるカテゴリであり、《ピカリ@イグニスター》《ドヨン@イグニスター》によるサーチサルベージに対応する。

サイバース族サポートカード
 こちらも基本的なものは【サイバース族】参照のこと。

―その他の魔法・罠カード

戦術

 極力1ターン目に《イグニスターAiランド》サーチし、その効果で展開していくのが望ましい。
 様々な召喚方法を擁するため、特定の種別の召喚方法に対するメタを受けにくいのが利点。
 エクストラデッキの選別は必要となるが、状況に応じて適切なモンスターを繰り出しやすい。
 難点である相手ターンの防御はエクストラデッキカードや汎用カードで補いたい。

デッキの派生

【コード・トーカー】混合軸

 同じく特殊召喚サイバース族制限がかかりやすい【コード・トーカー】との混合構築。
 @イグニスターは6属性にばらけているため、《サイバネット・コーデック》によるサーチ先に融通が利きやすいのが利点。
 上記の通り相性の良いサイバネットカードも多いので《マイクロ・コーダー》の効果も腐りにくい。

このデッキの弱点

 基本的な弱点は【サイバース族】に通ずる。
 リンク召喚に特化してはいないのでリンクモンスターへのメタにはまだ強いが、特殊召喚メタエクストラデッキメタに弱いのは同じ。
 また、召喚方法が多彩という事はそれぞれ必要となるカードがばらけているという事の裏返しであり、手札事故の可能性が付きまとう。
 サーチリクルートを潰された場合は、素引きするか縛りが緩いリンク召喚を軸に戦わざるを得なくなり、特長を潰されてしまう事となる。

 上述の通り自分ターンでの展開と攻撃性能は優れているが、相手ターンの妨害能力が低いのも難点である。
 先攻を取った場合1ターン目の動きが弱いと返しのターンであっさりやられる事も起こり得るので、マッチ戦ではサイドチェンジも重要となる。
 また、属性がばらけているため《御前試合》も苦手。

代表的なカード

関連リンク

広告