ABC(エービーシー)

デッキの概要

 《A−アサルト・コア》《B−バスター・ドレイク》《C−クラッシュ・ワイバーン》の3体を中心とし、《ABC−ドラゴン・バスター》を切り札とする【ユニオン】の一種。
 既存のユニオンとは一線を画すABCの扱いやすい能力と、《ABC−ドラゴン・バスター》制圧力でフィールド制圧する。
 高確率で初手から《ABC−ドラゴン・バスター》が立ち、フリーチェーン除外で盤面をコントロールできる点が特長。

《ABC−ドラゴン・バスター/ABC-Dragon Buster》
融合・効果モンスター(制限カード)
星8/光属性/機械族/攻3000/守2800
「A−アサルト・コア」+「B−バスター・ドレイク」+「C−クラッシュ・ワイバーン」
自分のフィールド・墓地の上記カードを除外した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる。(「融合」は必要としない。)
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):相手ターンにこのカードをリリースし、
除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 融合素材となる3体は光属性機械族レベル4のユニオンモンスターで統一されており、以下の共通効果を持つ。

(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。
(2):装備モンスターは相手の(モンスター・魔法・罠カードの)効果を受けない。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
(モンスター毎の固有効果)。

デッキ構築に際して

 《ABC−ドラゴン・バスター》は、フィールド墓地《A−アサルト・コア》《B−バスター・ドレイク》《C−クラッシュ・ワイバーン》除外してエクストラデッキから特殊召喚できる。
 また、《ABC−ドラゴン・バスター》相手ターンリリースする事で、ユニオンモンスター3体を帰還させられる。
 これによりABC3体を帰還させれば、それらが除外ないしデッキに戻されないかぎり次の自分ターンにふたたび《ABC−ドラゴン・バスター》特殊召喚が可能となる。
 このギミックが妨害されない限り戦線維持と除去要員に困ることはないため、デッキ構築に際しては「いかに初手で《ABC−ドラゴン・バスター》を出すか」に特化した構築が望ましい。
 不要となったカード《ABC−ドラゴン・バスター》手札コストに充てればよいため、初手以外では役に立ちづらいカードも比較的気兼ねなく投入できる。

メインデッキモンスターについて

  • その他

エクストラデッキについて

魔法・罠カードについて

  • その他

戦術

 1ターン目から《ABC−ドラゴン・バスター》特殊召喚を狙い、フリーチェーン除去効果と高い攻撃力制圧する。

デッキの種類

《同胞の絆》

 《ABC−ドラゴン・バスター》の素材を即座に揃えることができる《同胞の絆》を軸にしたタイプ。
 発動するターン《ABC−ドラゴン・バスター》特殊召喚することができず、1ターン凌ぐ必要があるので罠カードを多めに投入する。
 上記のシンクロ召喚リンク召喚を用いたタイプより《ユニオン格納庫》の依存度が比較的低い。

―相性の良いカード

《亡龍の戦慄−デストルドー》

 特殊召喚条件が緩いチューナーである《亡龍の戦慄−デストルドー》を採用するタイプ。
 サポートが豊富なドラゴン族であるため単に《こけコッコ》を採用するより《ABC−ドラゴン・バスター》特殊召喚できる確率が高くなる。

―相性の良いカード

デッキの派生

【AtoZ】

 VWXYZを併用し、《AtoZ−ドラゴン・バスターキャノン》特殊召喚を狙うデッキ
 詳細は【VWXYZ】を参照。

このデッキの弱点

 このデッキの長所は、《ABC−ドラゴン・バスター》の高いコントロール能力と、それを安定して初手から展開できる点である。
 長所が明確ということは、それに対処できるカードがすなわち弱点であるため、対策は取られやすい。
 《ABC−ドラゴン・バスター》自体の弱点が、そのままこのデッキの弱点に繋がる。《ABC−ドラゴン・バスター》の弱点についてはそちらのページも参照。
 また、除去が基本的に1:1交換なのでアドバンテージ差を付けられた状態からの巻き返しはあまり得意ではない。
 常に《ABC−ドラゴン・バスター》を初手から立ててフリーチェーン除去により相手デッキを機能不全に陥らせる事が求められる。
 一般的に環境レベルでは先攻有利と言われるが、このデッキは特にその傾向が強い。

このデッキの歴史

16/06/18〜16/09/30

 ストラクチャーデッキ−海馬瀬人−にて登場。
 制圧力の高い《ABC−ドラゴン・バスター》先攻ターン目で特殊召喚することも容易であり、徐々に環境の上位に詰め寄り最終的には環境デッキの一角を担うようになった。

16/10/01〜16/12/31

 環境デッキの一角として活躍した直後の16/10/01においてもこのデッキは全くの無傷であり、《次元障壁》刺さりにくいデッキでもあったので、大会においては度々入賞していた。
 レイジング・テンペスト発売以降、先攻展開の安定性がこのデッキよりも大幅に上回る【十二獣】が登場して以降はデッキシェアを殆ど奪われる事態となり、環境においては一線を退く結果となった。

17/01/01〜17/03/24

 17/01/01における《ユニオン格納庫》制限カード指定により追い討ちを掛けられることとなった。

17/03/25〜17/06/30

 新マスタールールが導入され、リンク召喚リンクモンスターを交えた新戦術も確立されたが、【真竜】系列のデッキ環境で主流となっていたため、苦しい戦いが続いた。

17/07/01〜17/09/30

 17/07/01《ユニオン格納庫》準制限カードに緩和されたため、安定性を取り戻した。
 その結果、一部トーナメントやイベント等で結果を残すようになった。

17/10/01〜

 17/10/01《ABC−ドラゴン・バスター》制限カード制限強化されたため、制圧力が落ちてしまった。

代表的なカード

関連リンク

広告