(チェーン)

デッキの概要

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した(チェーン)と名のついたモンスターを利用したデッキ
 それぞれのモンスターの性質が異なる上にシナジーが薄く、中途半端なカテゴリとして、長らくデッキとして構築が困難な状態であったが、エクシーズモンスターをはじめとしたカードプールの増加に伴いこれが可能となった。

《C・リペアラー/Iron Chain Repairman》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1600/守1200
このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、
相手ライフに300ポイントダメージを与える。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する「C・リペアラー」以外の
「C(チェーン)」と名のついたレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果を発動するターンこのカードは攻撃する事ができない。
《C・コイル/Iron Chain Coil》
チューナー(効果モンスター)
星3/地属性/機械族/攻1100/守1600
自分フィールド上に存在する「C(チェーン)」と名のついた
モンスター1体を選択して発動する。
そのモンスターの攻撃力・守備力は300ポイントアップする。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
《M.X−セイバー インヴォーカー/M-X-Saber Invoker》
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/戦士族/攻1600/守 500
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから、戦士族または獣戦士族の地属性・レベル4モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

デッキ構築に際して

 蘇生効果を持つ《C・リペアラー》が軸となるため、墓地(チェーン)を送るカードを併せて採用する。
 どのデッキタイプでも、まず《C・リペアラー》ありきとなるので、いかにしてこれを展開し、その後の行動につなげていくかがポイントとなる。
 とりわけ展開が容易な《M.X−セイバー インヴォーカー》を円滑にエクシーズ召喚するためにレベルモンスターは多めに採用したい。

メインデッキモンスターについて

(チェーン)モンスター

―上記以外のモンスター
 主に《M.X−セイバー インヴォーカー》エクシーズ召喚につながるレベル3が中心となる。
 (チェーン)の展開手段は《C・リペアラー》のみなので、これを補うため特殊召喚の要素も重要となる。
 いずれにせよ、ある程度のデッキスペースを取ることになるので、エクストラデッキともども枚数はよく吟味する必要がある。

エクストラデッキモンスターについて

展開の起点となる《M.X−セイバー インヴォーカー》と同じランク3と《C・リペアラー》《C・コイル》シンクロ召喚可能なレベル7は確実に複数枚用意しておきたい。

魔法・罠カードについて

 メインのコンセプトとなるエクシーズモンスターシンクロモンスターの展開手段は効果モンスター間でほぼ解決できている。
 展開したモンスターの打点に不安が残ることを考えると除去系の汎用罠カードは多めに投入しておきたいところである。

戦術

 《M.X−セイバー インヴォーカー》から《C・リペアラー》リクルートして《C・コイル》蘇生レベル7のシンクロ召喚に繋げるまでが基本の展開手段である。
 そのため、まずは《C・コイル》墓地へ送ることを第一目標に動くことになる。
 デッキから《スクラップ・リサイクラー》《マスマティシャン》を使うなどして、とにかく積極的に墓地へ送ると良い。
 しかし、新マスタールールによりリンクモンスターを絡めなければ《M.X−セイバー インヴォーカー》レベル7のシンクロモンスターを並べる事が出来なくなってしまった。
 幸い地属性モンスターを多く採用することになるこのデッキにおいては《ミセス・レディエント》を採用することによりこの問題をある程度緩和することができる。

 《M.X−セイバー インヴォーカー》エクシーズ召喚するためにも、相手除去カードよる妨害は確実に避けておきたいところである。
 除去されても立て直せるだけの余力を確保する必要があるので、状況が整うまでは《発条機雷ゼンマイン》ディスアドバンテージのカバーを優先させても良いだろう。
 《地獄の暴走召喚》や、複数の特殊召喚能力を持つモンスターが存在するならば、即座に攻めこむ事も可能。
 この場合のディスアドバンテージ回復は難しいが、条件はそれなりに緩いので奇襲的に1ターンキルあるいはそれに近しい動きができる。

 中盤以降は《C・リペアラー》を中心に、レベル7のシンクロモンスターの選択肢の豊富さを利用してフィールドの制圧に努める。
 この段階では手札もそれなりに消費しているはずなので、隙ができたならば《M.X−セイバー インヴォーカー》を利用して一気に畳み掛ける。
 これが失敗すると立て直しは困難なので、いずれの段階にしても展開時の選択は慎重に行う必要があるだろう。

デッキの種類

彼岸

 ランク3のエクシーズ召喚を行いやすい彼岸によって《M.X−セイバー インヴォーカー》エクシーズ召喚する。
 《彼岸の旅人 ダンテ》《永遠の淑女 ベアトリーチェ》の存在から、《C・コイル》墓地へ送るカードメインデッキに必要としない。
 枠に余裕が出来ることで構築の幅が広がるだけでなく、軸となるコンボが非常に高確率で使えるのは大きな利点となるだろう。
 反面、エクストラデッキの枠は圧迫される為、その点は十分に吟味する必要がある。

スピードロイド

 上記と同様に、ランク3のエクシーズ召喚に長けたスピードロイドによって《M.X−セイバー インヴォーカー》エクシーズ召喚する。
 機械族中心のカテゴリであり、墓地へ送ることで《スピードリバース》なども生かせるので、《スクラップ・リサイクラー》腐らないのが強み。
 通常の【スピードロイド】と異なりエクシーズ召喚が軸となる為、採用されるカードもやや異なる。
 《SRベイゴマックス》は条件の緩い特殊召喚効果を持ち、さらにレベル3のスピードロイドサーチすれば手札1枚で《M.X−セイバー インヴォーカー》エクシーズ召喚できる。
 《SRタケトンボーグ》も緩い条件で特殊召喚が可能で、《SRベイゴマックス》からサーチすることで召喚権を使わずにエクシーズ召喚できる。
 《SR電々大公》墓地へ送ることで《SR三つ目のダイス》墓地手札から展開ができ、《SRタケトンボーグ》の展開も補助できる。

《C・スネーク》

 《C・スネーク》《地獄の暴走召喚》コンボを利用し、デッキ破壊によるデュエルの勝利を狙う。
 《手札抹殺》《手札断殺》《メタモルポット》によって手札交換を行いつつ、《C・リペアラー》等の蘇生に備える。
 これによって《地獄の暴走召喚》による大量デッキ破壊が可能になる。

 ただし相手フィールドモンスターが必要であり、それもある程度レベルが高い必要がある。
 壊獣は相性が良く、相手フィールドエクシーズモンスターなどのレベルを持たないモンスターしかいなくても、《C・スネーク》の装備対象を作り出せる。
 レベル10の《壊星壊獣ジズキエル》《C・スネーク》を3体装備させて戦闘破壊できれば、30枚のデッキ破壊になり、手札交換と合わせることでデッキの大半を破壊できる。

 しかし、特化したとして《メタモルポット》軸の【デッキ破壊1キル】に効率は劣るので、基本的に上記ドローカード等は溜め込み、ビートダウン的な動きを行いながら機をうかがうほうが無難。
 必ずしもライフポイントを0にする必要はないのでエクシーズモンスターシンクロモンスターで守りを固めながら、相手の攻撃手段を消耗させると良い。
 デッキ破壊そのものに対する無駄は多いが、ある程度柔軟に動ける分、妨害されたとしても立て直しは不可能ではない。
 ただし元々デッキ自体の巻き返し能力があまり高くないので、どちらにせよ構築面・プレイング面両方でシビアになる事は間違いない。

《神剣−フェニックスブレード》

 戦士族除外する事でサルベージできる《神剣−フェニックスブレード》と、《C・リペアラー》によるレベルシンクロモンスターとのシナジーを利用するタイプ。
 《ナチュル・ランドオルス》手札コストを確保できると同時に、《D・D・R》を利用した帰還コンボを狙える。
 これら装備魔法を多用する事で、《パワー・ツール・ドラゴン》《セブン・ソード・ウォリアー》効果も活用可能。
 《神剣−フェニックスブレード》強化値はわずか300だが、《M.X−セイバー インヴォーカー》《C・リペアラー》に装備させれば一般的なアタッカーと同等の攻撃力となる。

 難点としては《神剣−フェニックスブレード》の存在から戦士族の比率を高める必要がある点。
 《マスマティシャン》などのデッキから直接《C・コイル》墓地へ送る手段を確保しておきたいため、《魔界発現世行きデスガイド》などが投入しづらくなる可能性も出てくる。
 よって、《M.X−セイバー インヴォーカー》エクシーズ素材には《切り込み隊長》などの戦士族を中心に採用する必要があるだろう。
 この時、素材として戦士族を取り除き、リクルートした《C・リペアラー》シンクロ素材として墓地へ送ることで、序盤からサルベージの準備が整うので覚えておきたい。

 《ライトロード・パラディン ジェイン》《ライトロード・モンク エイリン》等を併用し、《戦士の生還》で必要なモンスターサルベージするといった構成も一考に値する。

このデッキの弱点

 起点となる《C・リペアラー》および《M.X−セイバー インヴォーカー》の展開にカードを多く消費するため、これを妨害しうるカードに弱い。
 《奈落の落とし穴》《激流葬》はもちろんだが、攻撃力が低いので《エフェクト・ヴェーラー》で止められるだけでも厳しい。
 これらに関しては個別の防御手段はもちろん、他の特殊召喚を用いて《ナチュル・パルキオン》《ナチュル・ランドオルス》を先んじて並べる事を意識したい。
 たがこれらの行動に関しても、消費を取り戻す事は容易ではなく、除去を連発する【E・HEROビート】等には非常に分が悪い。

 また《マクロコスモス》《スキルドレイン》《群雄割拠》《虚無空間》等のメタカードを用いられると、展開のほとんどを封じられる。
 《ナチュル・ランドオルス》手札コストも兼ね、《サイクロン》魔法カードで対抗できるものに関してはメインデッキから意識して組み込みたい。

代表的なカード

関連リンク

広告