F.A.(フォーミュラアスリート)

デッキの概要

 機械族で統一されたF.A.を主軸としたビートダウン
 専用のフィールド魔法やそれぞれのモンスター効果を利用して、F.A.モンスターレベルを上げていくのが特徴。
 制圧向きの効果を持つモンスターが多く、デッキが回れば比較的強固な布陣が作れる反面、その布陣を作るまでが難しいデッキでもある。

《F.A.カーナビゲーター/F.A. Auto Navigator》
チューナー・効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドの元々のレベルより高いレベルを持つ「F.A.」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターのレベルをその元々のレベルとの差分だけ下げる。
この効果で特殊召喚したこのカードのレベルはその差分の数値と同じになる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「F.A.」フィールド魔法カード1枚を手札に加える。
《F.A.ライトニングマスター/F.A. Dawn Dragster》
シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/機械族/攻   0/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードの攻撃力はこのカードのレベル×300アップする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):「F.A.」魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
このカードのレベルを1つ上げる。
(4):1ターンに1度、相手が魔法・罠カードの効果を発動した時に発動できる。
このカードのレベルを2つ下げ、その発動を無効にし破壊する。
《F.A.シティGP/F.A. City Grand Prix》
フィールド魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
フィールドの「F.A.」モンスターのレベルはメインフェイズ及びバトルフェイズの間だけ2つ上がる。
(2):自分フィールドの「F.A.」モンスターは相手の効果の対象にならない。
(3):フィールドの表側表示のこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「F.A.シティGP」以外の「F.A.」カード1枚を手札に加える。

デッキ構築に際して

 風属性機械族モンスター及びそのサポートカードと、フィールド魔法関連のカードが中心になる。

モンスターカードについて

F.A.モンスター

―相性の良い機械族

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

F.A.モンスター

―それ以外のモンスター

魔法・罠カードについて

F.A.魔法・罠カード
 効果の発動F.A.レベル上昇効果トリガーとなるため、優先度が高い。

―その他で相性の良い魔法・罠カード

戦術

 F.A.モンスターを並べ、F.A.魔法・罠カードレベルを上昇させて攻撃力と固有効果を確保し、フィールド制圧を目指す。
 《F.A.シャイニングスターGT》《F.A.ライトニングマスター》と並べられれば、広い範囲にカウンターできるため、強固な布陣を形成できる。
 単体ではなく複数のカードの連携によってアドバンテージを得るデッキのため、その都度ではなく全体を見越したプレイングが求められる。

デッキの種類

【メタビート】

 《F.A.ハングオンマッハ》《F.A.ウィップクロッサー》《F.A.ターボチャージャー》を軸に《烈風の結界像》等で相手制圧する型。
 F.A.はもともと展開力が低いため、【メタビート】化による速度低下が気になりづらいのが利点となる。
 《F.A.ホームトランスポーター》《F.A.カーナビゲーター》を採用しないことで、墓地利用を阻害する《王家の眠る谷−ネクロバレー》《マクロコスモス》積めるようになる。

このデッキの弱点

 レベル上昇させたF.A.モンスターを並べるというコンセプトながら、地の展開力・アドバンテージ獲得力ともに高いとは言えない。
 F.A.モンスター元々の攻撃力が0のため、効果無効化は天敵となる。
 また、リンクモンスターにはF.A.モンスターの一部効果が通用しないので注意。

代表的なカード

関連リンク

広告