V・HERO(ヴィジョン・ヒーロー)

デッキの概要

 永続罠扱いになるというトリッキーな効果を持つV・HEROを軸としたデッキ
 魔法&罠ゾーンから現れては消える幻影のような動きで相手を翻弄する。

《V・HERO インクリース/Vision HERO Increase》
効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 900/守1100
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
墓地のこのカードを永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):このカードが永続罠カード扱いの場合、
お互いのメインフェイズに、自分フィールドの「HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の「V・HERO」モンスター1体を特殊召喚する。
《V・HERO ヴァイオン/Vision HERO Vyon》
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「HERO」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から「HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加える。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 V・HEROは大まかに分けてレベル3かそれ以外のレベルかの2種類となる。
 このうちレベル3は永続罠扱いとなるとなる以下の効果を持っている。

このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
墓地のこのカードを永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):このカードが永続罠カード扱いの場合、
お互いのメインフェイズに、自分フィールドの「HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
(固有効果)。

 1度のダメージで最大4枚まで置くことができるので効率的に墓地に溜める手段も必要となる。

V・HERO

―それ以外のHERO

―それ以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

融合モンスター

エクシーズモンスター
 《V・HERO インクリース》から並べられるランク3が候補。
 それ以外だと《V・HERO ヴァイオン》《D−HERO ディアボリックガイ》から出せるランク6辺りか。

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

融合関連カード

V・HEROサポートカード

―その他HEROサポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 墓地肥やしから永続罠V・HEROを並べ、その効果で戦況を補佐する。
 手札フィールドカードがそろったら融合召喚により大型モンスターを出して一気に攻め込む。

デッキの派生

【V真竜】

 【真竜】と混ぜ合わせた【V・HERO】。
 使い減りしないアドバンス召喚リリースとして主に使用される。
 似たような効果を持つ《V・HERO ウィッチ・レイド》は相性のいいカードを共有しやすい。

このデッキの弱点

 墓地利用と特殊召喚を行うためそれらのメタカードは一通り天敵となる。
 特にメインデッキモンスターは軒並み貧弱であり、大型モンスターの処理はエクストラデッキに大きく依存する。

 また、レベルV・HEROの中で確実なアドバンテージとなるのが《V・HERO インクリース》のみであり、他は状況に左右されるため思うようにアドバンテージの差をつけられない場合もある。
 トリッキーな動きができるデッキではあるが、《コズミック・サイクロン》《王宮のお触れ》のような永続罠ならではの弱点も存在する。

 他方ではダメージを受けないと効果発動しないため1ターンキルにも弱い。
 戦闘ダメージを半減するカードのような防御手段もあるといいだろう。
 中でも《ハーフ・シャット》《V・HERO トリニティー》との相性が抜群である。

代表的なカード

関連リンク

広告