【おジャマ】

デッキの概要

 おジャマと、その豊富なサポートカードを駆使するデッキ
 一見頼りないステータスおジャマも、サポートカードにより強力なカードへと変わる。
 おジャマと相性の良いカードから、【通常モンスター】【ローレベル】としての側面も持つ。

《おジャマ・グリーン/Ojama Green》
通常モンスター
星2/光属性/獣族/攻   0/守1000
あらゆる手段を使ってジャマをすると言われているおジャマトリオの一員。
三人揃うと何かが起こると言われている。
《おジャマ・イエロー/Ojama Yellow》
通常モンスター
星2/光属性/獣族/攻   0/守1000
あらゆる手段を使ってジャマをすると言われているおジャマトリオの一員。
三人揃うと何かが起こると言われている。
《おジャマ・ブラック/Ojama Black》
通常モンスター
星2/光属性/獣族/攻   0/守1000
あらゆる手段を使ってジャマをすると言われているおジャマトリオの一員。
三人揃うと何かが起こると言われている。
《おジャマ・カントリー/Ojama Country》
フィールド魔法
1ターンに1度、手札から「おジャマ」と名のついたカード1枚を墓地へ送る事で、
自分の墓地に存在する「おジャマ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
自分フィールド上に「おジャマ」と名のついたモンスターが表側表示で存在する限り、
フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターの元々の攻撃力・守備力を入れ替える。

デッキ構築に際して

 おジャマには専用のものも含め、多量にサポートカードが存在する。
 この他、【通常モンスター】【ローレベル】も参考にしながらデッキ構築に臨みたい。

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

デッキの種類

ロック

 《おジャマトリオ》《おジャマ・キング》《おジャマ・ナイト》を駆使し、相手モンスターカードゾーンを封じる。
 カテゴリ以外では《地盤沈下》《群雄割拠》も使える。
 ロックを決めた後は、《終焉のカウントダウン》バーンでゆっくりと勝利をつかむか、直接攻撃を繰り返す。
 なお、バーンで勝利を狙う場合は【ジャマキャン】を参照。

 《おジャマジック》《簡易融合》等のサポートがあれば、ロックの核であるおジャマ融合体の展開は容易だろう。
 早々に相手モンスターカードゾーンを埋めれば、相手通常召喚すらできず、注意すべきは魔法・罠カードのみとなる。

 ただし、相手モンスターカードゾーンモンスターが1体でもいるとロックが決めにくい。
 またおジャマの低ステータスゆえに、一度ロックが破られた後の切り返しに弱い。

ビートダウン

 《おジャマ・カントリー》の永続的な攻守逆転効果を利用する。
 このカードの影響下ではブロッカーアタッカーとなり、逆にアタッカーは低攻撃力を晒すこととなる。
 現在のアタッカークラスのモンスターは総じて守備力が低いため、相手攻撃を抑制しやすい。
 おジャマにも若干ながら攻撃能力が付与されるが、一方的な戦闘破壊を防ぐためにも《オネスト》の採用は半ば必須となるだろう。
 このタイプと相性のいいカード一覧については《おジャマ・カントリー》参照の事。

 「フィールド魔法を使用」「リリース要員の確保が容易」という点から、地縛神を採用する事も考えられる。
 地縛神守備力も高いので、《おジャマ・カントリー》効果を受けていても、かなりの攻撃力直接攻撃を行う事ができる。
 中でも《地縛神 Aslla piscu》《地縛神 Uru》がオススメである。
 前者は単純に効果が強力、後者は攻守ともに3000と地縛神の中でも最大で、効果のためのコストも確保しやすい。
 獣族サポートカードを共有できる《地縛神 Cusillu》も候補にあがる。

 ただし、この型はおジャマ《おジャマ・カントリー》、どちらかを除去されたらとたんに攻撃力がリセットされてしまう。
 現環境モンスター効果による除去が幅を利かせているため、《スキルドレイン》《禁じられた聖杯》《エフェクト・ヴェーラー》等でそれを封じたい。

シンクロ召喚

 《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》《おジャマ・カントリー》等でおジャマ蘇生しつつ、シンクロモンスターを展開する。
 《ジャンク・シンクロン》では《A・O・J カタストル》《TG ハイパー・ライブラリアン》等、汎用性の高いもののシンクロ召喚が狙える。
 《デブリ・ドラゴン》の場合、《融合》サーチした後の《沼地の魔神王》蘇生すれば《氷結界の龍 グングニール》《ブラック・ローズ・ドラゴン》シンクロ召喚できる。

 《おジャマ・カントリー》適用下で《おジャマ・レッド》おジャマを展開し、《ジャンク・ウォリアー》シンクロ召喚すれば、その自己強化効果を活用できる。
 その誘発効果チェーン《リビングデッドの呼び声》等で墓地おジャマ蘇生すれば、さらに上がる可能性もある。

 時には《おジャマ・キング》《おジャマ・ナイト》蘇生し、《おジャマ・カントリー》ビートダウンを狙うのも良い。
 2体の《おジャマ・キング》《おジャマ・カントリー》《デブリ・ドラゴン》が並べば、1ターンキルも狙える。

エクシーズ召喚

 《おジャマ・レッド》《トライワイトゾーン》おジャマを展開しつつ、エクシーズモンスターを展開する。
 《おジャマ・デルタハリケーン!!》から《ガチガチガンテツ》《ダイガスタ・フェニクス》等のエクシーズモンスターに繋げる戦術が非常に強力。
 《おジャマ・ブルー》等の効果《おジャマ・カントリー》《おジャマジック》《おジャマ・レッド》《おジャマ・デルタハリケーン!!》手札に揃えれば全体除去しつつ、モンスターを展開できる。
 《素早いビッグハムスター》《シャインエンジェル》《強欲で謙虚な壺》《一時休戦》等のカードを使って上記のカードを素早く揃えよう。

このデッキの弱点

 コンボデッキの常として、手札事故は最大の弱点となる。
 さらには墓地依存、特殊召喚依存デッキの共通の弱点である《大天使クリスティア》《マクロコスモス》にも非常に弱い。
 特にビートダウン型は壊滅的な打撃を食らう。
 ロック型であっても《おジャマ・キング》を展開できない特殊召喚封じは痛手となる。
 デッキスペースの大半をおジャマ関連が占めるためカウンター罠の大量採用も難しく、防御と攻撃のバランスが難しいデッキである。

代表的なカード

関連リンク

広告