【もけもけ】

デッキの概要

 イラストが独特で密かな人気を誇る《もけもけ》を使用したデッキ
 大きな爆発力を誇る《怒れるもけもけ》融合モンスターである《キング・もけもけ》サポートカードとして持ち、これらを有効活用するためにカードを駆使する。
 《怒れるもけもけ》発動条件から必然的に【天使族】寄りになるほか、《もけもけ》に合わせて【通常モンスター】【ローレベル】要素が入ることも多い。
 《キング・もけもけ》効果で、ボード・アドバンテージを稼ぐ事も得意とする。

《もけもけ/Mokey Mokey》
通常モンスター
星1/光属性/天使族/攻 300/守 100
何を考えているのかさっぱりわからない天使のはみだし者。
たまに怒ると怖い。
《キング・もけもけ/Mokey Mokey King》
融合・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻 300/守 100
「もけもけ」+「もけもけ」+「もけもけ」
このカードがフィールド上から離れた時、
自分の墓地に存在する「もけもけ」を可能な限り特殊召喚する事ができる。
《怒れるもけもけ/Mokey Mokey Smackdown》
永続魔法
「もけもけ」が自分フィールド上に表側表示で存在している時、
自分フィールド上の天使族モンスターが破壊された場合、
このターンのエンドフェイズまで自分フィールド上の
「もけもけ」の攻撃力は3000になる。

デッキ構築に関して

 《もけもけ》の展開をサポートするカードを優先する都合上、相手フィールド等に干渉するカードの採用が疎かになりやすい。
 下記のカードの他にも、戦闘面の補助としてモンスター魔法・罠カード除去枠もしっかり確保したい。

モンスターカードについて

―メインとなるモンスター

天使族モンスター
 破壊されることで爆発的な攻撃力を得られる《怒れるもけもけ》と相性の良いカードを採用する。

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

《もけもけ》サポートカード

通常モンスターサポートカード

―その他のサポートカード

戦術

 《もけもけ》自体の展開はそれほど難しくなく、むしろ問題は《怒れるもけもけ》《トライアングルパワー》の確保。
 これらが手札に引き込めるまでは、いくら《もけもけ》を展開できても弱小モンスターのままである。
 その間はエクシーズ召喚罠カード等の妨害札を駆使して、いかに耐えきれるかが重要となる。

 準備が整ったらリクルーター自爆特攻除去カード自分天使族を巻き込みつつ破壊し、《怒れるもけもけ》発動条件を満たしたい。
 攻撃が通ればボード・アドバンテージライフ・アドバンテージで優位に立ちやすくなるが、伏せカード等の入念な露払いは欠かさないように。
 1ターンキルが狙えるならば《ブラック・ホール》《ハーピィの羽根帚》等も惜しみなく使えるだろう。

 仕留め切れない場合は返しのターンで低攻撃力を晒すため、再度でエクシーズ召喚で乗り切る。
 《トライワイトゾーン》等からの展開が容易なため、戦線を崩されても即座に建て直すことは難しく無い。
 むしろ戦術の要となる《怒れるもけもけ》の維持が重要となるだろう。

デッキの派生

【凡骨融合】

 《もけもけ》通常モンスターである点に目をつけた、【ローレベル】【凡骨融合】の複合型。
 《人海戦術》を確保しつつ、《凡骨の意地》での大量ドロー《魔の試着部屋》での大量展開を狙う。
 これらの効果《怒れるもけもけ》効果を最大限に活かすため、他には天使族下級通常モンスターを多く採用したい。
 レベル3以下に限定するならば、《バイオ僧侶》《ハッピー・ラヴァー》《命の砂時計》等が採用候補。
 また、《闇の量産工場》《リロード》《打ち出の小槌》等もあると便利だろう。

このデッキの弱点

 特殊召喚からの展開を得意とする以上、《大天使クリスティア》《虚無魔人》《虚無空間》の前ではなす術も無い。
 蘇生も多用するので《マクロコスモス》等の無差別除外も天敵である。
 また、このデッキ《怒れるもけもけ》頼りで戦闘ありきな面が強く、破壊以外の除去を乱発されると強化すらできない。

 戦闘に頼るだけでなく、《サイクロン》等のこれらへの除去耐性付与などの対処法は忘れずに投入したいところである。

代表的なカード

関連リンク

広告