【アームド・ドラゴン】

デッキの概要

 SOUL OF THE DUELISTで登場したアームド・ドラゴンをメインにしたデッキ
 《アームド・ドラゴン LV5》以降は手札からモンスター墓地へ送る事で、条件付きだがモンスター除去を行えるのが特徴である。
 如何に効率よく上位種を展開していくか、そしてモンスター除去を行うかがポイントとなる。

《アームド・ドラゴン LV3/Armed Dragon LV3》
効果モンスター
星3/風属性/ドラゴン族/攻1200/守 900
(1):自分スタンバイフェイズにフィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから「アームド・ドラゴン LV5」1体を特殊召喚する。
《アームド・ドラゴン LV5/Armed Dragon LV5》 
効果モンスター
星5/風属性/ドラゴン族/攻2400/守1700
(1):手札からモンスター1体を墓地へ送り、
そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
この効果を発動するために墓地へ送ったモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、
その相手モンスターを破壊する。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊したターンのエンドフェイズに、
フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから「アームド・ドラゴン LV7」1体を特殊召喚する。
《アームド・ドラゴン LV7/Armed Dragon LV7》 
特殊召喚・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
このカードは通常召喚できない。
「アームド・ドラゴン LV5」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったそのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

LVモンスターアームド・ドラゴン

―相性の良いドラゴン族モンスター

―相性の良い風属性モンスター

―その他のモンスターカード

魔法・罠カードについて

風属性サポートカード

LVモンスターサポートカード

アームド・ドラゴン効果と相性の良いカード
 相手モンスター表示形式表側表示にすることで効果の発動を補助し、攻撃力を下げることで破壊できる範囲を広げる。

―その他の魔法・罠カード

戦術

 まずは《アームド・ドラゴン LV3》自分スタンバイフェイズフィールドに残す事が必要となる。
 《仮面竜》《ドラゴンフライ》相手ターン中に特殊召喚するか、相手エンドフェイズ《リビングデッドの呼び声》などで蘇生するのがよい。
 そして《アームド・ドラゴン LV5》下級戦闘で破壊し、エンドフェイズ《アームド・ドラゴン LV7》特殊召喚、というのが基本的な流れとなる。

デッキの種類

おジャマ併用型

 おジャマとの併用を前提としたサポートカードを利用するタイプ。

アームド・ドラゴン及びおジャマサポートカード
 おジャマと混合させることによるアームド・ドラゴン側のメリットを中心に記述する。

VWXYZ併用型

 VWXYZを採用し、《アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン》特殊召喚を狙うタイプ。
 双方にはシナジーがなく、このモンスター特殊召喚に特化した専用デッキを構築する必要がある。
 【アームド・ドラゴン】を軸とするならば《アームド・ドラゴン LV7》特殊召喚は難しくない。
 《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》特殊召喚には《融合識別》を使うのが最も簡単か。
 VWXYZアームド・ドラゴンはそれぞれおジャマによってサポートできるので、上記のおジャマ併用型と混合するのも面白い。

デッキの派生

アルティメット・インセクト併用型

 属性が共通し、LVモンスターである点でもシナジーするアルティメット・インセクトを併用する。
 アルティメット・インセクト効果により、アームド・ドラゴン除去効果の範囲も広がる。
 ただし元々手札事故の原因になりやすいLVモンスターをもう一種採用するとなると、その確率はより上がる。
 デッキ構築、プレイングはさらに難しくなるだろう。

このデッキの弱点

 レベルアップを封じ、《アームド・ドラゴン LV5》以降のアームド・ドラゴンモンスター効果を使えなくさせ、《貪欲な壺》《龍の鏡》を発動しにくくさせる無差別除外カードは天敵中の天敵である。
 《次元の裂け目》《マクロコスモス》《砂塵の大竜巻》等で、《光の追放者》《閃光の追放者》《エネミーコントローラー》戦闘破壊しやすい表示形式にして戦闘破壊したり、《地砕き》等で対処したい。
 除外は勿論の事、このデッキにとっては特殊召喚封じもとても危険であるため、出されたらすぐに除去出来るよう心がけたい。

 また、性質上【除去反転】も辛い相手となる。
 モンスター裏側守備表示で居る事が多く、攻撃を封じるロックカードが多数採用されがちなため、攻撃モンスター効果の両方が使いづらくなる。
 対策としては《抹殺の使徒》除外したり、邪魔なロックカード《砂塵の大竜巻》等で除去していきたい。

 アームド・ドラゴンはどれだけ進化しても除去起動効果しか持たず、今日では制圧力も場持ちもほとんど期待できない。
 《コアキメイル・ドラゴ》などを併用し、ある程度メタ性能を高める必要があるだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告