【アクアアクトレス】

デッキの概要

 水属性水族で構成されたアクアアクトレスと名のついたモンスター群を中心としたデッキ
 単体では低ステータスアクアアクトレスを、アクアリウムと名のついた永続魔法で補助してビートダウンする。

《アクアアクトレス・テトラ/Aquaactress Tetra》 
効果モンスター
星1/水属性/水族/攻 300/守 300
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「アクアリウム」カード1枚を手札に加える。
《アクアアクトレス・アロワナ/Aquaactress Arowana》
効果モンスター
星6/水属性/水族/攻2000/守2000
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「アクアアクトレス」モンスター1体を手札に加える。
《水舞台/Aquarium Stage》 
永続魔法
(1):自分フィールドの水属性モンスターは、
水属性以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):自分フィールドの「アクアアクトレス」モンスターは
相手モンスターの効果を受けない。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の水族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水族モンスターしか特殊召喚できない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

エクストラデッキモンスターについて

魔法・罠カードについて

戦術

 《アクアアクトレス・テトラ》アクアリウムを集め、それらのサポートを受けて《アクアアクトレス・アロワナ》や、《湿地草原》を併用した下級アクアアクトレスビートダウンするのが基本の動きとなる。
 《水舞台》《水舞台装置》《水照明》の3枚をフィールド発動していれば、相手モンスター効果を気にせず高攻撃力で攻め込むことができる。
 アクアアクトレスは種類が少ないため、《鬼ガエル》などで手早くサーチするか、アクアアクトレス手札に来るまで戦えるカードでフォローしていきたい。
 永続魔法を大量に展開するため、必然的に伏せることのできる罠カードが少なくなるが、《水舞台》のお陰でモンスター効果には強いため、《エフェクト・ヴェーラー》などはあまり必要ない。
 除去効果を持ったモンスターサポートカードが殆どないため、主にサーチ戦闘破壊によってアドバンテージを稼いでいくことになるだろう。

このデッキの弱点

 基本的に魔法&罠ゾーンアクアリウムが圧迫するため、《奈落の落とし穴》などの除去カードや、それらの除去カードに対する防御手段も積みにくい。
 戦闘一辺倒になりがちなため、アクアアクトレス以外のモンスターでいかにこの小回りの利かなさを補強するかが課題となる。
 アクアリウムがないとステータスの低いモンスターの集団であるため、破壊された際の蘇生効果である程度フォローできるとはいえ、魔法・罠カード除去手段が豊富なデッキ相手には本領を発揮しづらい。
 アクアリウムサーチできる《アクアアクトレス・テトラ》を封じられる《ライオウ》《手違い》除去できなければ、そのまま何もできずにジリ貧になる可能性もある。
 また、水属性モンスター相手には《水舞台》戦闘破壊耐性などが活かせないため、相手【水属性】だった場合はやや相性が悪い。

代表的なカード

関連リンク

広告