【アサイバー】

デッキの概要

 《D.D.アサイラント》《サイバー・ドラゴン》を複数採用したビートダウンデッキ
 【サイカリバー】の登場以前に【スタンダード】と呼ばれていた構築であり、【サイカリバー】との区別のために【アサイバー】と呼称された。

《D.D.アサイラント/D.D. Assailant》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1700/守1600
(1):このカードが相手モンスターとの戦闘で破壊されたダメージ計算後に発動する。
そのモンスターとこのカードを除外する。
《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》
効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1600
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

戦術

 下級モンスター《サイバー・ドラゴン》《D.D.アサイラント》戦闘破壊し、高攻撃力上級モンスター《D.D.アサイラント》効果除外する。
 除外されたカードの再利用手段が乏しい当時では、《D.D.アサイラント》除外効果は非常に強力だった。
 単純ながらボード・アドバンテージを着々と稼げる戦法であり、《サイバー・ドラゴン》の存在から戦線の立て直しも行いやすかった。

デッキの派生

【アサイカリバー】

 【サイカリバー】との複合型。

【戦士族】

 【サイカリバー】との相違点として、【戦士族】への派生が挙げられる。
 《D.D.アサイラント》が苦手とする守備表示に強い戦士族モンスターを採用することで、弱点をカバーできるようになる。
 《増援》を無理なく採用できるため、当時制限カードだった《異次元の女戦士》サーチしやすかったのも利点。
 【戦士族】にとっては、《サイバー・ドラゴン》を採用することで攻撃力や展開力を向上できる点がプラスであった。

 優秀な効果を持つ戦士族を採用し、《増援》《戦士の生還》によって必要なモンスターサーチサルベージする。

 《D.D.アサイラント》効果戦闘破壊された時が発動条件であるため、戦闘破壊耐性や高守備力モンスターを対処できないという欠点があった。
 その点を、《ならず者傭兵部隊》《異次元の女戦士》《異次元の戦士》《ミスティック・ソードマン LV2》《忍者マスター SASUKE》といったモンスター除去効果持ちでカバーする。
 その他、リバース効果封じの《ブレイドナイト》ハンデス効果持ちの《首領・ザルーグ》等、選択肢は豊富。

 また、近い召喚条件特殊召喚効果を持つ《魔導ギガサイバー》《サイバー・ドラゴン》の代わりに投入し、戦士族に特化させることも考えられる。

このデッキの弱点

 コントロール能力に長ける一方で爆発力に欠けるため、最後の一押しができず苦しむことも多い。
 また、《サイバー・ドラゴン》《D.D.アサイラント》だけでは、魔法・罠カードへの対策ができない。
 魔法・罠除去効果を持つ《氷帝メビウス》《魔導戦士 ブレイカー》を採用することで、デッキパワーは大きく上昇する。
 対モンスターの面でも、戦闘破壊耐性持ちやリクルーター《D.D.アサイラント》では除去できない。
 《異次元の女戦士》等も用意しておきたい。

 また、《サイバー・ドラゴン》《D.D.アサイラント》が若干アンチシナジーであるという欠点もある。
 《D.D.アサイラント》戦闘破壊された時にモンスター除去を行うため、《サイバー・ドラゴン》特殊召喚できないという状況も少なくない。
 2体を並べている状況で一方がコントロール奪取されると、その後の戦闘で2体とも処理されてしまう。

デッキの歴史

第4期(2004年〜2006年)

 05/09/01制限改訂により《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》を含め【変異カオス】が消滅。
 序盤は【スタンダード】【ノーカオス】の正統派生として【アサイバー】が注目された。

 しかし、《D.D.アサイラント》より攻撃力の高い《死霊騎士デスカリバー・ナイト》が登場し、【サイカリバー】が出現。
 同時期には【サイカリバー】と混合した【アサイカリバー】も登場した。
 多くのデッキに対応することができる柔軟性を持っていたが、中盤以降は【黄泉帝】【リクル貪欲カオス】等に押され、次第に環境から淘汰されていった。

第5期(2006年〜2008年)

第6期(2008年〜2010年)

 《サイバー・ドラゴン》08/03/01にて準制限カード08/09/01にて制限カード制限強化され、大幅に弱体化。

第7期以降(2010年〜)

 《サイバー・ドラゴン》10/03/01にて準制限カード10/09/01にて無制限カードと徐々に制限緩和され、再びデッキパワーが元に戻った。
 しかし、これ以降の環境において、このデッキの展開速度や除去力では、制圧力の高いモンスターや大量展開されたモンスターを処理しきれないケースが珍しくなくなった。
 【アサイバー】並びにその派生シリーズ自体が環境に合わなくなっており、活躍させるのが困難となった結果、現在は形骸化している。

代表的なカード

関連リンク

広告