【アンデットデッキデス】

デッキの概要

 《精気を吸う骨の塔》を軸とした【デッキ破壊】
 アンデット族モンスター特殊召喚された時にデッキ破壊を行う《精気を吸う骨の塔》デッキ切れを狙う。
 ビートダウンが勝ち筋ではないにも関わらず、モンスターの大量展開が勝利に必要という異色のデッキ破壊デッキである。

《精気を吸う骨の塔/Soul-Absorbing Bone Tower》
効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 400/守1500
自分フィールド上にこのカード以外のアンデット族モンスターが存在する場合、
このカードを攻撃する事はできない。
アンデット族モンスターが特殊召喚に成功する度に、
相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

デッキの構成に際して

 アンデット族特殊召喚する手段は、《馬頭鬼》《ゾンビ・マスター》《生者の書−禁断の呪術−》など、概ね通常の【アンデット族】と同様となる。
 これらはデッキ破壊トリガーと、《精気を吸う骨の塔》を立てる手段という両面から活躍が期待できる。
 しかし、それだけではデッキ破壊が追いつかないため、《アンデットワールド》と併用しての運用が前提となる。
 ビートダウン型と共通のカードについては【アンデット族】に譲り、ここでは主に【アンデットデッキデス】に特徴的なカードを挙げる。

このデッキキーカードについて

この2枚のカードを素早くフィールドに立て、特殊召喚を連発することでデッキ破壊を行う。

メインデッキモンスターについて

エクストラデッキについて

魔法・罠カードについて

デッキの種類

 この他構築は難しくなるが、もう一つの【アンデットデッキデス】である【ネクロフェイス】との混合も面白い。

シンクロ・エクシーズ型

 シンクロ召喚エクシーズ召喚特殊召喚回数を稼ぐタイプ。
 シンクロ召喚なら《ゾンビキャリア》《ファラオの化身》《シンクロキャンセル》《デスカイザー・ドラゴン》等。
 エクシーズ召喚なら《ゾンビ・マスター》《蒼血鬼》などを使ったランク4軸にすると特殊召喚回数を稼ぎやすい。
 エクシーズモンスターにはアンデット族が少なく、《アンデットワールド》の併用が望ましい。
 また1ターンに20回近くもの特殊召喚を行うのは【アンデット族】の展開力を持ってしても難しく、できれば《地獄の暴走召喚》《精気を吸う骨の塔》を3体に増やしてからギミックに入りたい。

ループ型

 以下のループを発生させ、アンデット族を無限に特殊召喚可能にするタイプ。
 かなりの下準備が必要な上に《超合魔獣ラプテノス》搭載のためにデュアルを複数起用することが必要になるが、起動さえすれば確実に1ターンキルできる。

  1. フィールド《精気を吸う骨の塔》《超合魔獣ラプテノス》《地獄の門番イル・ブラッド》A、墓地手札《地獄の門番イル・ブラッド》B・Cを揃える。
  2. 《地獄の門番イル・ブラッド》Aの効果《地獄の門番イル・ブラッド》Bを、その効果で同じくCを特殊召喚する。
  3. 《地獄の門番イル・ブラッド》A・Bで《セイクリッド・トレミスM7》エクシーズ召喚する。
  4. 《セイクリッド・トレミスM7》効果《セイクリッド・トレミスM7》自身をバウンス
    エクシーズ素材となっている《地獄の門番イル・ブラッド》は全て墓地に送られる。
  5. 1に戻る

【リクル特攻】

 【リクル特攻】のギミックを利用し、《アンデットワールド》によりアンデット族化したリクルーター自爆特攻を繰り返すタイプ。
 【リクルーター】のページにもある通り、特化すれば1度のバトルフェイズに20回以上の自爆特攻特殊召喚を行えるので、相手デッキを削りきることができる。
 《精気を吸う骨の塔》自身も《ピラミッド・タートル》《キラー・トマト》に対応している。
 デッキの枠が大幅にリクルーターに食われてしまうのが欠点。

デッキの派生

【絶望タワー】

 「デッキ破壊自分に仕掛ける事でアドバンテージを得る」という異色のビートダウンデッキ
 上述の戦術との違いとして、とにかく《精気を吸う骨の塔》相手送りつけることが挙げられる。

 フィールドからは《強制転移》墓地からは《ギブ&テイク》、そして手札からはリンクモンスター《サモン・ソーサレス》使用する。
 《サモン・ソーサレス》アンデット族主体であるこのデッキではリンク素材も揃えやすい。
 種族が分散する場合も後述の《アンデットワールド》も採用することで容易にカバーできるだろう。

 以降はアンデット族特殊召喚を繰り返すことで自分デッキ破壊させ、墓地アドバンテージボード・アドバンテージを稼ぐ。
 送りつけ《精気を吸う骨の塔》効果《闇よりの恐怖》《闇より出でし絶望》墓地へ送られた場合、相手によって墓地へ送られたとみなされ自己再生できる。
 これにより「アンデット族特殊召喚された」という条件を満たし、再びデッキ破壊効果発動して更に墓地を肥やす

 《アンデットワールド》適用下では、《ライトロード・ビースト ウォルフ》《ライトロード・アーチャー フェリス》《リバイバルゴーレム》等もすべて墓地肥やしトリガーとなる。
 これによりランク4やランク8のエクシーズモンスターを大量に展開できる上、そのエクシーズ召喚墓地を肥やすトリガーになる。
 特に《武神姫−アマテラス》は、フィールドに溜まりやすいレベルモンスターを3体素材にしてフィールドを空けつつ、《馬頭鬼》を複数回帰還でき相性が良い。
 もちろん常に《精気を吸う骨の塔》送りつけられる訳ではないので、《ライトロード・ビースト ウォルフ》等のトリガーとなる《隣の芝刈り》などの墓地肥やしカードも併用することが望ましい。

 その他特徴的なカードとして《ペンギン・ナイト》の採用が挙げられる。
 デッキ切れによる敗北を防ぎつつ、このデッキが展開を行うためのリソースであるデッキエクストラデッキを一気に回復できる。

 《精気を吸う骨の塔》送りつけ、常に維持する必要があるため安定はしないが、一度準備が整えば一方的な展開が可能なデッキである。

このデッキの弱点

 とにかくデッキ破壊速度が遅く、更にデッキ破壊に持ち込むまでも安定しない。
 【アンデット族】と同様に墓地特殊召喚封じに弱く、ビートダウンに対するメタカードをそのまま受けてしまうのも厳しい。
 各種【デッキ破壊】の中でもファンデッキの部類に属するデッキであろう。

関連リンク

広告