【エレメントセイバー】

デッキの概要

 墓地属性を変化できるエレメントセイバーを中心とするビートダウンデッキ
 霊神とも深い繋がりを持つカテゴリなので構築によっては【霊神】の要素も強く入る。

《エレメントセイバー・ウィラード/Elementsaber Lapauila Mana》
効果モンスター
星6/光属性/戦士族/攻2400/守2100
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から他のモンスター2体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードの(1)の効果を発動するために墓地へ送った「エレメントセイバー」モンスターの元々の属性によって、
自分フィールドの「エレメントセイバー」モンスター及び「霊神」モンスターに以下を適用する。
●地または風:戦闘では破壊されない。
●水または炎:効果では破壊されない。
●光または闇:相手の効果の対象にならない。
《霊神の聖殿/Palace of the Elemental Lords》
フィールド魔法
(1):自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、
自分の墓地のモンスターの属性の種類×200アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「エレメントセイバー」モンスター1体を手札に加える。
その後、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。
(3):1ターンに1度、自分の手札・フィールドの「エレメントセイバー」モンスターが
効果を発動するために手札を墓地へ送る場合、
代わりにデッキの「エレメントセイバー」モンスターを墓地へ送る事ができる。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

エレメントセイバー
 いずれも戦士族に属しており、6属性にばらけている。
 下級モンスター手札からエレメントセイバー墓地へ送って発動する固有効果墓地で自身の属性を変化できる共通効果を持つ。
 キーカードである《霊神の聖殿》効果を活かすためにはなるべく多くの種類を採用しておきたい。

霊神
 いずれもレベル8・攻撃力2800・守備力2200の特殊召喚モンスターで統一されており、以下の共通する召喚条件誘発効果ルール効果を持つ。

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の○属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した(時に発動できる/場合に発動する)。
(固有の効果)。
(2):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、
次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。

 属性がばらけているこのデッキでは基本的に下級エレメントセイバー属性変化の効果にて特殊召喚を狙う。

―相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

リンクモンスター

エクシーズモンスター
 下級エレメントセイバーレベル2〜4に2体ずつ存在するのでランク2〜4が検討できる。
 霊神を複数採用する場合はランク8を投入しておくと、エクシーズ素材にする事であちらの(2)のデメリットを回避できる。

シンクロモンスター

魔法・罠カードについて

エレメントセイバー霊神サポートカード

―相性の良いカード

戦術

 兎にも角にも《霊神の聖殿》発動と維持が最重要となる。
 《霊神の聖殿》が無い場合はエレメントセイバー手札コストが重くのしかかって持久力が大幅に弱まり、更に打点にも不安が残る。
 モンスター起動効果を妨害できる《エレメントセイバー・モーレフ》魔法・罠カードによる《霊神の聖殿》除去を妨害できる《エレメントセイバー・ラパウィラ》はなるべく維持しておきたい。
 《エレメントセイバー・ウィラード》《霊神の聖殿》の(3)で特殊召喚して全体に耐性を付与し、横に上記2体のエレメントセイバーを並べられれば固い布陣ができあがる。
 除去力は欠けがちなので、霊神《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》エクストラデッキモンスターで補いたい。

デッキの派生

【エレメント召喚獣】

 《召喚師アレイスター》並びに召喚獣とそのサポートカードを投入した構築。
 下級エレメントセイバー属性変化により状況に適した召喚獣融合モンスターが呼び出せるのが利点。
 特に《召喚獣メルカバー》《霊神の聖殿》への除去を妨害してくれる点でも重要なカードとなる。
 また、《暴走魔法陣》《霊神の聖殿》サーチカード(特に複数のフィールド魔法を必要とする《盆回し》)を共有できるのもメリット
 ただし、《暴走召喚師アレイスター》リンク素材種族属性が異なる必要があるので、採用する場合は適当な戦士族以外のモンスターも何枚か投入しておきたい。

このデッキの弱点

 戦術で述べたように《霊神の聖殿》に兎角依存するので徹底的に狙われやすい。
 相手先攻ターン目に《盆回し》《セフィラの神託》などを送りつけられようものなら死活問題となりかねない。
 この他、魔法カード発動を妨害してくる《ナチュル・ビースト》なども大の苦手。

 墓地を積極的に利用するデッキでもあるので墓地利用の妨害も面倒。
 除去能力も然程高いわけではないので相手に先に布陣を作られると切り返しに苦労しやすい。

代表的なカード

関連リンク

広告