【エヴォル】

デッキの概要

 PHOTON SHOCKWAVEで登場したエヴォルドエヴォルダーを中心としたデッキ
 エヴォルドは全て炎属性爬虫類族で統一されており、エヴォルダー特殊召喚する効果を持っている。
 また、エヴォルダーは全て炎属性恐竜族で統一されており、エヴォルド効果によって特殊召喚された時にのみ効果を発揮する。
 そのため、【恐竜族】【爬虫類族】を混ぜ合わせたようなデッキ構成になる。

《エヴォルド・ウェストロ/Evoltile Westlo》
効果モンスター
星3/炎属性/爬虫類族/攻 700/守1900
リバース:自分のデッキから「エヴォルダー」と名のついた
モンスター1体を特殊召喚する。
《エヴォルダー・ケラト/Evolsaur Cerato》
効果モンスター
星4/炎属性/恐竜族/攻1900/守1400
このカードが「エヴォルド」と名のついた
モンスターの効果によって特殊召喚に成功した時、
このカードの攻撃力は200ポイントアップする。
その後、このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
自分のデッキから「エヴォルド」と名のついた
モンスター1体を手札に加える事ができる。
《エヴォルカイザー・ラギア/Evolzar Laggia》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
恐竜族レベル4モンスター×2
(1):このカードのX素材を2つ取り除き、以下の効果を発動できる。
●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
《強制進化/Evo-Force》
通常魔法
自分フィールド上の「エヴォルド」と名のついた
モンスター1体をリリースして発動する。
デッキから「エヴォルダー」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、
「エヴォルド」と名のついたモンスターの効果で特殊召喚した扱いとなる。
《進化の特異点/Evo-Singularity》
通常罠
自分の墓地から、「エヴォルド」と名のついたモンスター1体と
「エヴォルダー」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
エクストラデッキから「エヴォルカイザー」と名のついたモンスター1体を特殊召喚し、
選択したモンスターをその下に重ねてエクシーズ素材とする。

デッキ構築に際して

 エヴォルドエヴォルダー効果の特性上、その両方を必ずデッキに投入する必要がある。
 エヴォルド効果エヴォルダー特殊召喚し、エクシーズ素材縛り恐竜族の「エヴォルカイザー」をエクシーズ召喚できるように構築するのがいいだろう。

メインデッキモンスターについて

エヴォルド
 いずれもレベル3以下の爬虫類族で構成されている。

エヴォルダー
 エヴォルダーは現在、レベル4〜6の恐竜族で構成されている。
 当然レベルが合わなければエクシーズ召喚できないので、それぞれのバランスにも注意する必要がある。

恐竜族モンスター
 《化石調査》エヴォルダーサーチ先を共有できる。
 単体でもエヴォルカイザーエクシーズ召喚をサポートできるカードを優先して投入したい。

―その他のモンスター
 構築にもよるが、大抵はエヴォルドエヴォルダーだけでデッキのスロットをほぼ割くことになる。
 単体で活用できるモンスターを採用し、展開にサポートが必須なエヴォルドエヴォルダーの欠点をフォローしたい。

エクストラデッキモンスターについて

エクシーズモンスター
 エヴォルカイザー特殊召喚に特化する都合上ランク4と6のエクシーズモンスターを採用する。

魔法・罠カードについて

エヴォルドエヴォルダーサポートカード

恐竜族サポートカード

爬虫類族サポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 エヴォルド効果からエヴォルダー特殊召喚した後、エヴォルダー効果などを利用しながらエクシーズ召喚を行うという流れが基本となる。
 エヴォルカイザーエクシーズ召喚を手早く繰り返し行い、その効果フィールド制圧しながらビートダウンによって勝利を狙う。

 まず、序盤から素早くエヴォルドを手札に呼び込み、その後の展開につなげることができるかどうかが重要である。
 手始めにエヴォルドがいなければエヴォルダー効果が使えず、基本のエクシーズ召喚自体が行えない事態に陥ってしまうからである。
 一度エヴォルダー効果発動できたならば、《エヴォルカイザー・ラギア》エクシーズ召喚を行い、相手の行動を制限する。
 ここで相手にモンスターの展開を許す前に特殊召喚できた場合、デュエルを有利に進めて行ける。
 逆に先に展開を許してしまった場合は、除去カードなどで応戦しながらエクシーズ召喚を狙うしかない。

 中盤以降も、エヴォルカイザーやその他エクシーズモンスター除去カードカウンター罠等で相手の行動を縛りながら進めていく。
 特に《エヴォルカイザー・ラギア》の効果は一度限りなため、後続をエクシーズ召喚できるカードは最低限手札に握っておきたい。
 手札やその後の展開が筒抜けになることは覚悟して、《エヴォルダー・ケラト》等のサーチ効果を随所に入れる必要があるだろう。

 《進化の特異点》の登場により、エクシーズ召喚をこれに頼ることも可能となったが、サーチが利かないため、《進化の特異点》を引かずとも基本的な動きはできるように構築するべきだろう。
 とはいえ、このデッキの切り札となるカードに違いはないため、墓地エヴォルドエヴォルダーが各1体以上存在する状況はなるべく意識しておきたい。

デッキの種類

《エヴォルダー・ダルウィノス》

 通常構築では他のエヴォルドエヴォルダーと連携を散りづらい《エヴォルダー・ダルウィノス》を主軸としたデッキタイプ。
 レベル上昇効果と相性が良く、一部エヴォルド蘇生できる《ジャンク・シンクロン》を併用していく。

 主な動きとして

  1. 《ジャンク・シンクロン》《エヴォルド・ナハシュ》蘇生
  2. 特性のカード《エヴォルド・ナハシュ》リリースし、《エヴォルダー・ダルウィノス》リクルート
  3. 《エヴォルダー・ダルウィノス》効果で自身または《ジャンク・シンクロン》レベルを変更する。
  4. レベル8〜10のシンクロ召喚またはランク5のエクシーズ召喚に繋ぐ。

 特筆すべきはリリース《ミニマム・ガッツ》エクシーズ召喚《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》を選択することで1ターンキルが狙える点。
 《ジャンク・シンクロン》《調律》《増援》サーチしやすいため、準備を整えやすい。
 反面《エヴォルダー・ダルウィノス》手札に来た場合の対処が難しいため、デッキ戻す手段も投入しておきたい。

デッキの派生

【エヴォルジュラック】

 【エヴォル】には《ジュラック・グアイバ》が単体で投入されることも多いので、【ジュラック】との混合型にしてもよい。
 《ジュラック・グアイバ》以外のジュラックを何体か採用することで、《ジュラック・グアイバ》効果がより柔軟に使えるようになる。
 《ジュラック・ヴェロー》などをリクルートすれば、《ジュラック・グアイバ》デッキに温存し、複数回の効果の使用が狙える。
 ジュラックチューナーリクルートすることで、シンクロ召喚に繋ぐこともできる。
 また、レベル6以下のジュラック《エヴォルド・カシネリア》《エヴォルダー・エリアス》に対応しているのでお互いが邪魔をしあうことも少ない。
 ただし、《多様進化》《化石調査》の投入枚数のバランスには注意が必要である。

このデッキの弱点

 特殊召喚を多用するため、特殊召喚封じは言うまでもなく対策が必要。
 《大天使クリスティア》《虚無魔人》等を先に召喚された場合、早急に除去しなければ非常に苦しい。
 他にもサーチを封じる《ライオウ》や、《スキルドレイン》といった人気のメタカードにも弱い。
 確実に異なる種族を組み込まなければならないため、種族統一デッキで見かける《群雄割拠》も弱点となる。

 このデッキでの高速展開には多くのカードを消費するので防御が薄くなりやすく、【ジュラック】【レスキューラビット】等に比べて《エヴォルカイザー・ラギア》が突破されやすい。
 このため、ある程度の減速を覚悟し、防御用のカードを多めに入れておくのも一つの手段である。

 また、エヴォルドはそれぞれがメタカードの対象になりやすい。
 《エヴォルド・ウェストロ》《抹殺の使徒》《エヴォルド・オドケリス》等も含めてほとんどが《連鎖除外》の対象になる他、《エヴォルド・カシネリア》攻撃反応型の罠カード《奈落の落とし穴》に引っかかる。
 その上、主軸となるエヴォルダー《エヴォルカイザー・ラギア》の弱点も気にしなければならない。
 エヴォルダーモンスター除去する効果を持たず、エヴォルカイザーは受け身的な効果のため、攻撃力2600以上のモンスターの対処が不可能である。
 「エヴォルカイザー」を出した後のことも考え、これらの弱点を克服できるようなカードを採用しデッキを組みたい。

代表的なカード

関連リンク

広告