【オルフェゴール】

デッキの概要

 墓地から除外する事により同カテゴリモンスターを展開できるオルフェゴールモンスターを用いたリンク召喚ビートダウンデッキ
 さらにフィールド魔法《オルフェゴール・バベル》によって、オルフェゴールモンスター相手ターンでも効果発動できるようになる。
 これらの特徴により墓地さえ肥えてしまえば自分相手ターン問わずの制圧・展開が可能になり、高い持久力、制圧力を誇る。
 また、カテゴリカードは少数精鋭で、リクルートや、間接的なサーチ等が可能かつ除外されているモンスターデッキに戻せるため、ある程度カテゴリカードを抜いて汎用カードを大量に積み込むという事も可能。

《オルフェゴール・ディヴェル/Orcust Harp Horror》
効果モンスター(準制限カード)
星4/闇属性/機械族/攻1700/守1400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「オルフェゴール・ディヴェル」以外の
「オルフェゴール」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
《宵星の騎士ギルス》
効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1800/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「オルフェゴール」カードまたは「星遺物」カード1枚を墓地へ送る。
このカードと同じ縦列に他のカードが2枚以上存在する場合、
さらにこのターン、このカードをチューナーとして扱う。
(2):自分フィールドに他のモンスターが存在しない場合に発動できる。
お互いのフィールドに「星遺物トークン」(機械族・闇・星1・攻/守0)を1体ずつ守備表示で特殊召喚する。
《オルフェゴール・ガラテア/Galatea, the Orcust Automaton》
リンク・効果モンスター(準制限カード)
リンク2/闇属性/機械族/攻1800
【リンクマーカー:右上/左下】
「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカードは戦闘では破壊されない。
(2):除外されている自分の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
その後、デッキから「オルフェゴール」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。
《オルフェゴール・バベル/Orcustrated Babel》
フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
元々のカード名に「オルフェゴール」を含む、
自分フィールドのリンクモンスター及び自分の墓地のモンスターが発動する効果は、
相手ターンでも発動できる効果になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

デッキ構築に際して

 《宵星の騎士ギルス》以外のメインデッキオルフェゴール下級モンスター及び《星遺物−『星杖』》は以下の共通効果を持つ。

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外し(〜を対象とし)て発動できる。
(同名カード以外の「オルフェゴール」モンスター1体を)特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

 墓地に存在すれば除外する事によりモンスターを展開していけるため、墓地を肥やす事さえできれば戦力を簡単に補給できる。
 後述するオルフェゴールリンクモンスター効果除外された機械族デッキに戻しつつ効果を処理するため、リンク素材を供給しつつ効果発動条件を満たす事ができるためシナジーは強い。
 ただし発動後は闇属性しか特殊召喚できなくなるため、闇属性以外のモンスター特殊召喚したい場合は発動前に展開すると良い。

 一方、リンクモンスターオルフェゴールモンスターは以下の共通テキストを持つ。

「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体(以上)
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカードは(戦闘・効果・その両方)では破壊されない。
(2):除外されている自分の機械族モンスター○体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
(固有効果)

 (1)の効果によりリンク状態であれば耐性を得られる為、そこそこに場持ちは良い。
 また、全てのオルフェゴールリンクモンスターは、少なくとも上方向のいずれかにリンクマーカーが向いているため、相手フィールドモンスターを使ってリンク状態にできる。
 (2)の効果はいずれも強力な効果であり、自分機械族除外されているという条件も上述したオルフェゴールモンスターの共通効果によって容易に満たせる。

 これらの効果《オルフェゴール・バベル》によって相手ターンでも発動して圧倒的なアドバンテージを稼ぎ、カテゴリ内外のリンクモンスター制圧していくことが基本となる。

メインデッキモンスターについて

オルフェゴール
 オルフェゴール共通の特殊召喚効果同名カード含め1ターンに1度しか発動できない。
 また、《星遺物−『星杖』》カテゴリには含まれないものの、ほぼ同様の効果を持つためここに記載する。

特殊召喚可能なチューナーモンスター
 《水晶機巧−ハリファイバー》から《オルフェゴール・カノーネ》特殊召喚できるので展開の起点にしやすい。
 その中で特に相性の良いモンスターを挙げていく。

―その他のモンスター

 メインデッキには《星遺物−『星杖』》を含めてカテゴリに6枚のカードが存在する。
 そのうち下級モンスターは4種類しかいないため、展開を補佐したり、オルフェゴール墓地へ送ることができる、[[もしくは制圧力を高めるカードを採用したい。

エクストラデッキモンスターについて

 主力はリンクモンスターとなるが、《オルフェゴール・カノーネ》チューナーモンスターであり、《水晶機巧−ハリファイバー》を採用する場合はさらにチューナーを採用する事になるため、シンクロモンスターを採用しても良いだろう。

オルフェゴール

闇属性リンクモンスター

 オルフェゴールモンスター効果発動したターン闇属性以外のモンスター特殊召喚できないため、採用するリンクモンスターは必然的に闇属性のものが多くなる。

―その他のリンクモンスター

シンクロモンスター

エクシーズモンスター

魔法・罠カードについて

オルフェゴール

墓地肥やし
 上述の通り墓地効果発動するモンスターが多いデッキなので墓地肥やしは重要。

闇属性または機械族サポートカード

―その他

戦術

 序盤に安定して墓地にオルフェゴールモンスター墓地に送りながらリンクモンスターを展開していく事ができれば高い制圧力を誇る。
 《オルフェゴール・アインザッツ》《オルフェゴール・ガラテア》により毎ターン差を広げていくことができ、突破されても溜まった墓地アドバンテージを活用して簡単に巻き返すことが可能。
 よって、できるだけ初手でなんとかして制圧布陣+墓地オルフェゴールモンスターという状況を作りだしたい。

《宵星の騎士ギルス》を用いた展開パターンの例

 条件:手札《宵星の騎士ギルス》デッキ《オルフェゴール・ディヴェル》《オルフェゴール・トロイメア》《オルフェゴール・スケルツォン》
 結果:《宵星の機神ディンギルス》《オルフェゴール・ロンギルス》《オルフェゴール・クリマクス》

  1. 《宵星の騎士ギルス》召喚し、《オルフェゴール・ディヴェル》墓地へ送る
  2. 《宵星の騎士ギルス》効果星遺物トークン特殊召喚
  3. 《オルフェゴール・ディヴェル》除外して効果発動し、《オルフェゴール・トロイメア》リクルート
  4. 《オルフェゴール・トロイメア》《宵星の騎士ギルス》《オルフェゴール・ガラテア》リンク召喚し、《オルフェゴール・ディヴェル》デッキに戻して《オルフェゴール・クリマクス》セット
  5. 星遺物トークンを素材に《リンクリボー》リンク召喚し、《オルフェゴール・ガラテア》と共に《オルフェゴール・ロンギルス》リンク召喚
  6. 墓地《オルフェゴール・トロイメア》除外して《オルフェゴール・スケルツォン》墓地へ送る
  7. 《オルフェゴール・スケルツォン》効果《オルフェゴール・ガラテア》蘇生《宵星の機神ディンギルス》を上に重ねる。

《スクラップ・リサイクラー》を用いた展開パターンの例

 条件:手札《スクラップ・リサイクラー》デッキ《機巧蛇−叢雲遠呂智》《スクラップ・ゴーレム》《オルフェゴール・ディヴェル》《オルフェゴール・トロイメア》《オルフェゴール・スケルツォン》
 結果:《トポロジック・ボマー・ドラゴン》《オルフェゴール・ロンギルス》《オルフェゴール・クリマクス》

  1. 《スクラップ・リサイクラー》通常召喚《機巧蛇−叢雲遠呂智》墓地へ送る
  2. 《機巧蛇−叢雲遠呂智》を自身の効果特殊召喚し、《機巧蛇−叢雲遠呂智》《スクラップ・リサイクラー》《スクラップ・ワイバーン》リンク召喚
  3. 《スクラップ・ワイバーン》の(1)で《スクラップ・リサイクラー》蘇生破壊
  4. 《スクラップ・ワイバーン》の(2)で《スクラップ・ゴーレム》リクルートし、フィールドカードを1枚破壊
  5. 《スクラップ・ゴーレム》《スクラップ・リサイクラー》蘇生し、その効果《オルフェゴール・ディヴェル》墓地へ送る
  6. 《オルフェゴール・ディヴェル》除外《オルフェゴール・トロイメア》リクルート
  7. 《オルフェゴール・トロイメア》《スクラップ・リサイクラー》《オルフェゴール・ガラテア》リンク召喚し、《オルフェゴール・クリマクス》セット
  8. 《オルフェゴール・トロイメア》除外《オルフェゴール・スケルツォン》墓地へ送る
  9. 《オルフェゴール・ガラテア》《スクラップ・ワイバーン》《トポロジック・ボマー・ドラゴン》リンク召喚
  10. 《オルフェゴール・スケルツォン》除外し、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》リンク先以外の場所に《オルフェゴール・ガラテア》蘇生
  11. 《オルフェゴール・ガラテア》《スクラップ・ゴーレム》《オルフェゴール・ロンギルス》リンク召喚

 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》の(1)により《オルフェゴール・ロンギルス》以外のメインモンスターゾーンモンスター破壊できる。
 相手ターン《機巧蛇−叢雲遠呂智》自己再生させれば、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》除去効果発動可能。

このデッキの弱点

 メタカードとしては墓地封じと除外封じ、そして特殊召喚封じに弱い。
 ただし必須カードが多くない関係上ある程度のデッキスペースは確保できるのでそれなりに対策は可能。
 またメインデッキモンスターの量が少なく、展開の道が細く長いので手札誘発で一度行動を封じられただけで何もできずに敗北する事もある。
 機械族を中心とするデッキであるため、【機械族】同様に《システム・ダウン》も天敵となる。
 とはいえ返しでオルフェゴールリンクモンスターを出せる状況であれば、その効果発動しやすくなるため、完全に弱点というわけではない。

サンプルレシピ

このデッキの歴史

関連リンク

広告