【カオスゲート】

デッキの概要

 《名推理》《モンスターゲート》特殊召喚モンスターによる墓地肥やしを行い、カオスを展開する、【カオス】【推理ゲート】の複合デッキ
 【推理ゲート】と違い、特殊召喚より墓地肥やしを優先した、少し変わったデッキである。
 カオス禁止カード化されてからは、《E−HERO ダーク・ガイア》による1ターンキルデッキへと姿を変えている。

《名推理/Reasoning》
通常魔法(制限カード)
(1):相手は1〜12までの任意のレベルを宣言する。
通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、
そのモンスターのレベルが宣言されたレベルと同じ場合、
めくったカードを全て墓地へ送る。
違った場合、そのモンスターを特殊召喚し、
残りのめくったカードは全て墓地へ送る。
《モンスターゲート/Monster Gate》
通常魔法
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、
そのモンスターを特殊召喚する。
残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

デッキ構築に際して

 モンスターだけでなく魔法カードも大量に墓地に落ちるため、《混沌の黒魔術師》の採用率はかなり高い。
 しかし《名推理》で持ってくる場合、レベル8はバレやすいため、あえて《混沌の黒魔術師》を投入しないものもある。

メインデッキモンスターについて

特殊召喚モンスター
 《名推理》《モンスターゲート》墓地へ送るために採用する。
 主に《水の精霊 アクエリア》《ギガンテス》《シルフィード》等から選ばれる。
 光属性天使族闇属性悪魔族を入れて天魔神を入れることもできる。
 実際、《天魔神 ノーレラス》を入れた、リセット型の【カオスゲート】も存在する。

墓地へ送ったモンスターを利用できるモンスター

デッキの派生

【ガイアゲート】

 《E−HERO ダーク・ガイア》融合素材として、【推理ゲート】特殊召喚モンスターによる墓地肥やしを利用する。

 モンスターカードとしては、《幻魔皇ラビエル》《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》等の高攻撃力モンスターを採用。
 これらを【推理ゲート】のギミックや《手札抹殺》《手札断殺》等で墓地へ送る
 頃合いを見計らって《ダーク・コーリング》《E−HERO ダーク・ガイア》特殊召喚し、ビートダウンを行う。
 《E−HERO ヘル・ゲイナー》《アームズ・ホール》サーチした《巨大化》を使えば、1ターンキルも狙える。

 ビートダウンの弱点として伏せカードへの対策は必至なため、《光帝クライス》《ハリケーン》等の伏せ除去は必須となる。
 《ダーク・コーリング》サルベージするため、《混沌の黒魔術師》《魔法石の採掘》《鳳凰神の羽根》等の採用も視野に入れたい。
 《混沌の黒魔術師》《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》レベル8なので、《トレード・イン》とも相性が良い。
 その場合、レベル8・召喚条件あり・悪魔族を全て満たせる《トーチ・ゴーレム》の投入が検討できる。

【ノーレガイアゲート】

 【ガイアゲート】をさらにコンボ向きにしたデッキ
 さらに《天魔神 ノーレラス》《ファントム・オブ・カオス》《鳳凰神の羽根》を投入する。

 【ガイアゲート】の墓地肥やしと共に、《天魔神 ノーレラス》墓地へ送り、《ファントム・オブ・カオス》でこれをコピーする。
 同時に《鳳凰神の羽根》《ダーク・コーリング》デッキトップ戻し、これをドロー
 リセットされた相手フィールドを、《E−HERO ダーク・ガイア》で攻める。

【レインボーダーク1キル】

 《名推理》《モンスターゲート》闇属性特殊召喚モンスター墓地へ送り、フィニッシャーとして《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》特殊召喚する。
 安全に攻撃を通すために、《終焉の王デミス》を投入する。
 《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》墓地に落ちた場合は《悪夢再び》《死者転生》《創世の預言者》で回収すれば良い。

【モスドーザー】

 《名推理》《モンスターゲート》昆虫族特殊召喚モンスター墓地へ送り、《デビルドーザー》《ジャイアントワーム》《カオス・ネクロマンサー》ビートダウンを行う。
 《グレート・モス》《究極完全態・グレート・モス》《トレード・イン》に対応するため、コストとして使う分にはそれなりに扱いやすい。
 《ジャベリンビートル》手札《グレート・モス》リリースして儀式召喚できるため、《ジャベリンビートルの契約》と一緒に組み込んでみるのもいいだろう。

このデッキの弱点

 特殊召喚モンスターを多く採用する都合上、手札事故が怖い。
 【推理ゲート】のギミック自体が不安定なので、運の要素も強い。

このデッキの歴史

 このデッキの起源は、《モンスターゲート》もまだ存在していない混沌を制す者が発売された頃である。
 《カオス・ネクロマンサー》攻撃力を上げるため、《名推理》効果特殊召喚モンスターを大量に墓地へ送る戦術が元になっている。
 しかし《カオス・ネクロマンサー》は軸とするには安定しないカードであり、手札事故を起こす可能性も高いため、あまり注目されなかった。
 後に環境の変化から墓地アドバンテージが重要視され、墓地カード枚数を《名推理》等で急激に増やすという手法だけ残った。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告