【カオスループ】

デッキの概要

 《カオスポッド》《召喚制限−猛突するモンスター》による無限ループを利用したバーンデッキ

 特異なプレイングが求められる1ターンキルデッキのため、トラブルやミスジャッジを招きやすい一面がある。
 使用する時はトラブル回避のために、日付入りでこのページをプリントアウトすることを推奨する。

《カオスポッド/Morphing Jar #2》
効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻 800/守 700
リバース:フィールド上のモンスターを全て持ち主のデッキに加えてシャッフルする。
その後、お互いのプレイヤーはそれぞれのデッキに加えた数と
同じ数のモンスターが出るまでデッキをめくり、
その中からレベル4以下のモンスターを全て裏側守備表示で特殊召喚する。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ捨てる。
《ポイズンマミー/Poison Mummy》
効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1000/守1800
リバース:相手プレイヤーに500ポイントダメージを与える。
《召喚制限−猛突するモンスター/All-Out Attacks》
永続罠
このカードがフィールド上に存在する場合に
モンスターが特殊召喚に成功した時、そのモンスターを表側攻撃表示にする。
そのターンそのモンスターが攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。

基本戦術

 まずメインデッキモンスターは、《カオスポッド》3枚とバーン効果を持つ適当なリバース効果モンスター1枚の、計2種類4枚しか投入しないことが前提となる。

  1. フィールド上に《召喚制限−猛突するモンスター》と、裏側表示《カオスポッド》を含む2体以上のモンスターを展開する。
  2. 《カオスポッド》リバースし、《召喚制限−猛突するモンスター》発動させる。
    前述のデッキ構成であれば、自分フィールド上に特殊召喚されるモンスターには必ず《カオスポッド》が含まれることになる。
  3. 《召喚制限−猛突するモンスター》効果で再び《カオスポッド》効果発動
    ※同時に、他に召喚されたモンスターリバース効果発動される。
  4. 以下無限ループ

 このループの※部分にバーン能力のあるリバース効果モンスターを挟み、勝利する。

デッキ構築に際して

 メインデッキに入れるモンスター《カオスポッド》3枚と《ポイズンマミー》1枚の、合計4枚にしておく。
 リバース効果ダメージを与えられるカードは他にもあるが、相手に依存する《デス・コアラ》《剣の女王》では、場合によってはダメージが与えられない。
 そのため、確実にダメージが与えられる《ポイズンマミー》等を採用する。

 魔法・罠カード《召喚制限−猛突するモンスター》3枚とキーカードを揃えるのに必要なカードを投入する。
 《封印の黄金櫃》はもちろんだが、《おろかな埋葬》《浅すぎた墓穴》にも頼りたい。
 《浅すぎた墓穴》を利用するには相手墓地にもモンスターが居ないといけないが、大抵のデッキではシンクロ召喚墓地を利用するので、こちらが何もしなくてもモンスターが居ることも多い。
 モンスターが居なければ、《カオスポッド》効果で落とすか、《手札抹殺》除去カードなどを使おう。

 他にはロックカードを入れておくと、キーカードが揃うまでの時間稼ぎが出来るだろう。
 もちろん封じの代名詞である《王宮のお触れ》《人造人間−サイコ・ショッカー》対策として、カウンター罠も採用したい。
 他、デッキのカスタマイズは【ドローゴー】を参考にされたい。

デッキの派生

《聖なる魔術師》

《聖なる魔術師/Magician of Faith》
リバース・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 300/守 400
(1):このカードがリバースした場合、
自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動する。
そのカードを手札に加える。

 《ポイズンマミー》の代わりに《聖なる魔術師》《ご隠居の猛毒薬》を入れることでも勝利できる。
 《カオスポッド》効果墓地に落ちた魔法カードを好きなだけ回収できるのである。
 この場合は、最初にサルベージするカードを《我が身を盾に》にすると弱点を補うことが出来る。

《闇の仮面》

《闇の仮面/Mask of Darkness》
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 900/守 400
リバース:自分の墓地の罠カード1枚を選択して手札に加える。

 《聖なる魔術師》と同様に、墓地に落ちた罠カードをいくらでも回収できる《闇の仮面》を用いる。
 《全弾発射》《マジカル・エクスプロージョン》または《残骸爆破》を大量にサルベージセットし、次の相手ドローフェイズ発動して勝利する。

 エンドサイクに非常に弱く、《全弾発射》破壊されると《残骸爆破》《マジカル・エクスプロージョン》発動条件が満たせず、そのまま敗北する。
 また、《マクロコスモス》などを事前に張られてしまうと、《全弾発射》ダメージが0、《残骸爆破》発動できず、《マジカル・エクスプロージョン》では足りなくなってしまう。

【デッキ破壊】

《悪魔の偵察者/Hiro's Shadow Scout》
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 650/守 500
リバース:相手はデッキからカードを3枚ドローする。
この効果でドローしたカードをお互いに確認し、
その中から魔法カードを全て墓地へ捨てる。

 《ポイズンマミー》の代わりに《悪魔の偵察者》《ニードルワーム》を入れることでも勝利できる。
 《カオスポッド》効果で相手デッキを無くすのである。
 《悪魔の偵察者》の場合はデッキが無くなった時点で無限ループが停止する。
 詳しくはデッキ切れ参照。

 《悪魔の偵察者》型は相手が【エクゾディア】だった場合はこちらが敗北してしまう可能性が高い。
 《ニードルワーム》型は相手が《転生の予言》を伏せているとこちらが敗北してしまう可能性が高い。
 いずれも、現環境では採用率が高くないのが唯一の幸いである。

デッキの弱点

 相手デッキ《深淵の暗殺者》《ライトロード・ハンター ライコウ》などのモンスター破壊系や、《ペンギン・ソルジャー》などのバウンスリバースモンスターが入っているとループが中断される恐れがある。
 チェーンの積み方の関係上、《カオスポッド》より先に効果が処理される為である。
 これらには《天罰》《我が身を盾に》などを使うことで対応可能。

 また、《カオスポッド》《天罰》を使用されたり、《スキルドレイン》発動されたりしてもループが止まる。
 こちらは、たとえ下記の裁定が変更されたとしても問題なく使用できるため、特に注意が必要。

 キーカード除外されるのも辛く、特に《抹殺の使徒》《カオスポッド》を根絶やしにされると厳しい。
 《異次元からの帰還》《異次元からの埋葬》で対応しても良いが、《砂漠の光》除外を阻止するほうが汎用性が高い。
 デッキの性質上モンスターが少数になってくるのも弱点である。
 安定したアタッカー罠モンスター《死者蘇生》等で補いたい。

無限ループについて

 07/12/14の電話裁定によれば、ループ発生時には以下の特殊ルールを適用するとの事である。

ジャッジに無限ループが起こりデュエルが進行しないことを証明した上で、
《カオスポッド》の効果処理を行わない(発動しない)

 なお、このデッキにはしっかり無限ループの終了(相手の敗北)が訪れるので、問題なく構築する事ができる。
 効果処理を行わないのは、デッキ内に《カオスポッド》しか残っていないなど、本当に無限ループが止まらなくなった場合の措置である。
 上記の《ポイズンマミー》系などは、この強制処理を行わずともループがいずれ終了するので、この処理は基本的に起きない。
 (《ピケルの魔法陣》などを使われると、終わらないループとなるのだが)

 なお、この裁定だとデッキレベル4以下のモンスターになるまでカオスループをしなければジャッジには証明できない。
 (双方のデッキは非公開情報のため、お互いに「〇〇入ってるor入ってないので無限ループになります」とは言えない)

  • 《デスグレムリン》をループに絡めるとどこまでループしてもデッキの内容が変化し続けるが、その時にどうするかは調整中。(10/09/12)
    もっとも、このタイプのデッキは(相手からの妨害が来ない限り)しっかり無限ループの終了(相手の敗北)が訪れる為あまり問題にならないのが唯一の救いである。

備考

代表的なカード

バーンキーカード

《聖なる魔術師》キーカード

《闇の仮面》キーカード

【デッキ破壊】キーカード

関連リンク

広告