【ガイア・プレート】

デッキの概要

 《地球巨人 ガイア・プレート》切り札とした【岩石族】の派生のビートダウンデッキ
 自身の効果により攻撃力が高い相手でも戦闘破壊する事ができるため、戦闘においては滅法強いデッキである。

 【岩石族】において同じくフィニッシャーとなる《メガロック・ドラゴン》と比較した場合、あちらは1ターンキルに近いのに対し、こちらは《地球巨人 ガイア・プレート》フィールドを制圧するプレイングになる。
 また、《地球巨人 ガイア・プレート》蘇生帰還させる事でも戦える点が強みである。

《地球巨人 ガイア・プレート/Gaia Plate the Earth Giant》
効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻2800/守1000
このカードは自分の墓地の岩石族モンスター2体を
ゲームから除外し、手札から特殊召喚できる。
このカードと戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力は
ダメージ計算時のみ半分になる。
このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に
自分の墓地の岩石族モンスター1体を
ゲームから除外する。または、除外せずにこのカードを墓地へ送る。

デッキ構築に際して

 《地球巨人 ガイア・プレート》効果から、墓地岩石族モンスターが存在していなければならないため、墓地を肥やすカードが必要になる。
 しかし、《地球巨人 ガイア・プレート》の維持を考えず、蘇生帰還を中心とするのであれば、過度の墓地肥やしは必要ない。

モンスターについて

岩石族モンスター

岩石族以外のモンスター

魔法・罠カードについて

戦術

 基本的には、墓地を肥やしつつ、下級モンスターで戦線を維持しながら《地球巨人 ガイア・プレート》特殊召喚を狙う形になる。
 序盤の展開はやや厳しいが、特殊召喚できれば一気に形勢逆転も狙える。

デッキの種類

【磁石の戦士】

 《地球巨人 ガイア・プレート》コストとなる岩石族モンスターに「磁石の戦士」を用いるタイプ。
 デッキに投入するモンスター通常モンスター寄りにする事で、それらのサポートカードを使う事ができ、デッキ回転を上げられる。
 また、《地球巨人 ガイア・プレート》《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を組み合わせる事での1ターンキルが存在する。
 手札を6枚消費するのであまり現実的なコンボとは言えないが、《凡骨の意地》によるドロー加速もあるので狙ってみるのも良いだろう。

  1. 手札αβγリリースして《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》特殊召喚
  2. 墓地へ送った3体を除外して《地球巨人 ガイア・プレート》《ギガンテス》または《岩の精霊 タイタン》特殊召喚
  3. 攻撃で3500+2800+1900(1700)=8200(8000)ダメージ

【ダーク・ガイア】

 悪魔族モンスターを用意する事で《E−HERO ダーク・ガイア》融合召喚を狙うタイプ。
 採用する悪魔族モンスターは、サポートカードを共有しやすい地属性から選ぶと良いだろう。
 《黒曜岩竜》闇属性なので、そちらで揃えるのも良い。
 融合召喚には《ダーク・コーリング》を用いる事で、《地球巨人 ガイア・プレート》と合わせて帰還カードを利用しやすくなる。

このデッキの弱点

 除外ゾーンから特殊召喚できるカードも採用した場合でも、《地球巨人 ガイア・プレート》には維持コストが必要な為、《次元の裂け目》等を使用する除外デッキにも対策が必要になる。
 《スキルドレイン》等のモンスター効果を封じるカードも苦手なので魔法・罠除去を投入しておきたい。
 《E−HERO ダーク・ガイア》を使うなら《トラップ・イーター》を投入する手もある。

代表的なカード

関連リンク

広告