【ギアギア】

デッキの概要

 地属性機械族で統一されているギアギアを軸としたビートダウンデッキ

 種類は少ないが機械族カテゴリ間でのシナジーが強く、アドバンテージを失いにくい効果を有するものが多い。
 また少ないパーツから1ターンキルを狙うこともでき、これらを両立している優秀なデッキであると言える。

《ギアギアーマー/Geargiarmor》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1100/守1900
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードがリバースした時、
デッキから「ギアギアーマー」以外の
「ギアギア」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
《ギアギアクセル/Geargiaccelerator》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1400/守 800
自分フィールド上に「ギアギア」と名のついたモンスターが存在する場合、
このカードを手札から表側守備表示で特殊召喚できる。
また、このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
自分の墓地から「ギアギアクセル」以外の
「ギアギア」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える事ができる。
《ギアギアーノ Mk−II/Geargiano Mk-II》
効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻1000/守 500
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、
自分の手札・墓地から「ギアギア」と名のついた
モンスター1体を選んで表側守備表示で特殊召喚できる。
《ギアギガント X/Gear Gigant X》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/機械族/攻2300/守1500
機械族レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキ・墓地からレベル4以下の
機械族モンスター1体を選んで手札に加える。
また、このカードがフィールド上から離れた時、
自分の墓地のレベル3以下の
「ギアギア」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚できる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

デッキの種類

マシンナーズ

 《マシンナーズ・フォートレス》《マシンナーズ・ギアフレーム》を採用したデッキ
 《ギアギアーマー》効果により機械族モンスター手札に溜まりやすいため、《マシンナーズ・フォートレス》を活かしやすい。
 《ギアギガント X》サーチ効果の対象に、《マシンナーズ・ギアフレーム》が含まれているのも大きい。

カラクリ

 カラクリシンクロモンスター特有の大量展開からの1ターンキルを、ギアギアを用いて狙うデッキ
 自分フィールド上にギアギアモンスターが存在する場合に、まずは《ギアギアクセル》を自身の効果特殊召喚し、《A・ジェネクス・バードマン》《ギアギアクセル》を手札に戻す。
 その後、再び《ギアギアクセル》特殊召喚し、カラクリシンクロモンスターシンクロ召喚し、高速でフィールドを埋め尽くすという手順。
 キーカードである《A・ジェネクス・バードマン》は、《ギアギガント X》によるサーチが容易なので、安定して1ターンキルが狙えるのが強みである。

このデッキの弱点

 展開した先まで《ギアギガント X》《発条機雷ゼンマイン》といった機械族であるため、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《システム・ダウン》は天敵である。

 またサーチエクシーズ召喚と、このデッキの根幹を2つとも止められる《ライオウ》も非常に厄介である。

 《スキルドレイン》《ギアギガント X》サーチ効果無効化されることにより、間接的に展開を抑制されてしまう。
 だがその点を除けば展開そのものを抑止できる効果ではないことや、一部止められない効果がある点を考えると、一概に「使用されると絶望的なカード」というほどでもない。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告