【ギャラクシー】

デッキの概要

 デュエリストパック−カイト編−で登場した「ギャラクシー」と名のついたカード群を中心としたデッキ
 《銀河眼の光子竜》や、ランク5及びランク8のエクシーズモンスターを展開してビートダウンを行う。

《銀河の魔導師/Galaxy Wizard》
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻   0/守1800
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで4つ上げる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「銀河の魔導師」以外の「ギャラクシー」カード1枚を手札に加える。
《銀河戦士/Galaxy Soldier》
効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2000/守   0
「銀河戦士」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札の光属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える。
《銀河眼の光子竜/Galaxy-Eyes Photon Dragon》
効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
(1):このカードは自分フィールドの
攻撃力2000以上のモンスター2体をリリースして
手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うバトルステップに、
その相手モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターとフィールドのこのカードを除外する。
この効果で除外したモンスターはバトルフェイズ終了時にフィールドに戻り、
この効果でXモンスターを除外した場合、このカードの攻撃力は、
そのXモンスターを除外した時のX素材の数×500アップする。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ギャラクシーモンスター

ギャラクシー以外のモンスター
 ランク5・8のエクシーズ召喚に使用できるレベル5・8のモンスターが中心になる。

エクストラデッキモンスターについて

ギャラクシー

ギャラクシーアイズ

ギャラクシー以外のモンスター

魔法・罠カードについて

戦術

 モンスター効果サポートカードを駆使して序盤から積極的にランク5やランク8のエクシーズ召喚を行っていく。
 短期決戦を目指すのならば、伏せ除去を多めに採用した上でギャラクシーアイズエクシーズモンスター《シャーク・フォートレス》を並べて高速でライフを削り切ることを意識したい。
 長期戦を視野に入れる場合は、《神竜騎士フェルグラント》《セイクリッド・プレアデス》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》で場を制圧しながらアドバンテージを着実に稼いでいきたい。

デッキの種類

ギャラクシーアイズ

 ギャラクシーアイズエクシーズモンスターに特化したデッキタイプであり、通常よりもレベル8軸に偏った構築になる。
 特に《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》が重要なカードとなる。
 まずギャラクシーアイズエクシーズモンスターに上記のカードを重ね、コストとしてギャラクシーアイズエクシーズモンスター墓地へ送る
 その後墓地へ送ったギャラクシーアイズ蘇生すれば、新たに上記の2枚を重ねることができる。

 《銀河の魔導師》サーチ可能な《銀河零式》必須カードとなる。
 それ以外にも《リビングデッドの呼び声》など汎用蘇生カードを複数採用して、ギャラクシーアイズを何度も使い回せるようにしておきたい。
 《金華猫》を採用し、レベル1の《銀河眼の雲篭》を再利用しても良いだろう。
 《破滅のフォトン・ストリーム》《タキオン・トランスミグレイション》の2枚のギャラクシーアイズサポートカードも貴重な戦力補助となる。
 またエクシーズ召喚の度に500ダメージを与える《ギャラクシー・ウェーブ》とは非常に相性が良く、3000以上のダメージを与えることも難しくない。

 攻撃力4000のモンスターが場に複数並びやすく爆発力は通常より高まるが、エクストラデッキの多くがギャラクシーアイズで埋まるため応用性は悪化する。
 その分弱点もはっきりするため、各種汎用カードで補えるようにデッキ構築を意識したい。
 除外バウンスをされると蘇生出来なくなるので、それらを封じる《王宮の鉄壁》《リ・バウンド》などのメタカードの採用もアリだろう。

デッキの派生

【サイバーギャラクシー】

 特殊召喚しやすい機械族光属性レベルモンスター《サイバー・ドラゴン》を中心にした【サイバー・ドラゴン】との混合デッキ
 《サイバー・リペア・プラント》《銀河戦士》サーチ可能な点を活かしており、通常よりもランクエクシーズモンスターに重きを置くのが特徴。
 手札事故を回避するために、通常召喚可能でランク5のエクシーズ召喚に使用できる下級モンスターを採用するのも良い。
 光属性《セイクリッド・カウスト》や、地属性ながらもドロー効果を持つ《アステル・ドローン》などが採用候補となる。
 また、《サイバー・ドラゴン》リクルート《サイバー・リペア・プラント》サーチの2つが行える《サイバー・ドラゴン・コア》は是非採用したい。
 《銀河戦士》《サイバー・ドラゴン》が共に機械族であるため、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》を出し、そこから《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》に繋ぐのも容易。

【スピリットギャラクシー】

 《銀河眼の雲篭》《金華猫》で繰り返し蘇生させ、《銀河眼の光子竜》によるビートダウンを中心に戦うデッキ
 ギャラクシーサポートカード《銀河眼の雲篭》《銀河眼の光子竜》サーチ《荒魂》《金華猫》サーチする。
 ランク5・8エクシーズ召喚にはあまり重点を置かない反面、《荒魂》《和魂》によるランクエクシーズ召喚が可能になる。
 《銀河眼の光子竜》を主力として戦うため、《破滅のフォトン・ストリーム》《タキオン・トランスミグレイション》腐りにくい。
 RUMを採用している場合は、《金華猫》で容易にエクシーズ召喚できる《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》から《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》に繋げることが出来る。
 この際、墓地《No.62 銀河眼の光子竜皇》《No.107 銀河眼の時空竜》が存在すれば、蘇生後に《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》等に繋げることで1ターンキルクラスの破壊力を得られる。

【巨神竜ギャラクシー】

 レベル7・8のドラゴン族と相性の良い【巨神竜】との混合デッキ
 最大の利点は、従来の構築では活かし難かった《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》墓地肥やしが最大限に活きることである。
 《巨神竜フェルグラント》《アークブレイブドラゴン》墓地へ送っておけば、《復活の福音》《リビングデッドの呼び声》などの蘇生カードの使い勝手が大きく増す。
 その他詳細は【巨神竜】を参照のこと。

このデッキの弱点

 殆どのギャラクシー光属性であるため、《閃光を吸い込むマジック・ミラー》《コアキメイル・ドラゴ》などの光属性メタには非常に弱い。
 高レベルモンスター特殊召喚を多用するので、《ヴェルズ・オピオン》《大天使クリスティア》などの特殊召喚メタも相当に厄介な存在である。
 【ヴェルズ】【天使族】等のデッキと対戦する場合には、上記のカードを十分に警戒したい。
 汎用性が高く、多くのデッキに採用される《虚無空間》には、《サイクロン》などで確実に除去したい。

 このデッキ特殊召喚に多くの手札を消費する上級モンスターが多く、単体でアドバンテージを稼ぐ下級モンスターが少ないという特徴があり、爆発力は高い一方で持続力に欠ける。
 【ガジェット】【テラナイト】を始めとする、アドバンテージを稼ぐのに長けたスタミナのあるデッキ相手にした場合は、短期決戦を心がけたい。
 また、手札を消費して出した大型モンスターがあっさりと除去されてしまうと不利になるので、伏せカードには十分に気を付けたい。
 墓地に行く除去ならば各種蘇生カードによる挽回も可能だが、バウンス除外による除去を使われると非常に厳しくなる。

 採用するモンスターの多くが上級モンスターであるため、手札事故の危険性も常に考慮する必要がある。

代表的なカード

関連リンク

広告