【クリボー】

デッキの概要

 クリボーモンスターを使ったコントロールデッキ
 中でも様々なサポートカードを持つ《クリボー》《ハネクリボー》を用いる。

《クリボー/Kuriboh》
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):相手モンスターが攻撃した場合、
そのダメージ計算時にこのカードを手札から捨てて発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
《ハネクリボー/Winged Kuriboh》
効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 300/守 200
(1):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
ターン終了時まで、自分が受ける戦闘ダメージは全て0になる。
《クリボーン/Kuribohrn》
効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):自分・相手のバトルフェイズ終了時にこのカードを手札から捨て、
このターンに戦闘で破壊され自分の墓地へ送られたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時、墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「クリボー」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
《クリボーを呼ぶ笛/The Flute of Summoning Kuriboh》
速攻魔法
自分のデッキから「クリボー」または「ハネクリボー」1体を選択し、
手札に加えるか自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

デッキ構築に際して

 クリボー単体での貧弱さからコンボが中心となるため、デッキ構築の段階から採用するカードを吟味する必要がある。
 各デッキの長所・短所を考えた構築を考えたい。

メインデッキモンスターについて

クリボーモンスター
 現状クリボーに関連する効果《クリボーン》のみが持つ。
 《ハネクリボー LV9》以外はレベル1であり、《ジャンクリボー》以外の属性光属性闇属性種族天使族悪魔族となっている。

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

魔法・罠カードについて

《クリボー》《ハネクリボー》サポートカード

―その他のカード

デッキの種類

 大きく分けて《クリボー》軸《ハネクリボー》軸両立型の3つの構築が可能である。

《クリボー》

《増殖/Multiply》
速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「クリボー」1体をリリースして発動できる。
自分フィールド上に「クリボートークン」(悪魔族・闇・星1・攻300/守200)を
可能な限り守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。
《機雷化/Detonate》
速攻魔法
自分フィールド上の「クリボー」及び「クリボートークン」を全て破壊する。
その後、破壊した数と同じ数まで相手フィールド上のカードを選んで破壊する。

 主に「《クリボー》《増殖》」のコンボを中心にしてデュエルを進めて行く【クリボー】。
 いわゆる【トークン】の派生であり、クリボートークンを利用した大型モンスター召喚コストの確保がメインとなる。
 採用するカードもそれらに関連したカードを多く取り入れる。

モンスターカード

魔法・罠カード

《ハネクリボー》

《バーサーカークラッシュ/Berserker Crush》
速攻魔法
自分の墓地に存在するモンスター1体をゲームから除外して発動する。
このターンのエンドフェイズ時まで、自分フィールド上に表側表示で存在する
「ハネクリボー」1体の攻撃力・守備力は、除外したモンスターと同じ数値になる。

 「《ハネクリボー》《バーサーカークラッシュ》」によるプレッシャー及び大ダメージを中心においた【クリボー】。
 《ハネクリボー》及びそのサポートカードを中心としたコントロール色の強いビートダウンデッキとなる。

 戦闘による1ターンキルにある程度の耐性が見込めるほか、サポートカードの存在そのものが相手のプレイングに影響を与える。
 しかしながら1ターンキル程のダメージを与えるのは難しいため、こちらから機を伺い奇襲をかける必要があり、同時に要所でのカウンターを確実なものにしなければならない。
 高攻撃力を得るために上級最上級モンスター等を採用すると当然事故を誘発しやすくなるため、採用するモンスターは慎重に選びたい。

モンスターカード

魔法・罠カード

《クリボーを呼ぶ笛》軸(両立型)

 《クリボー》《ハネクリボー》の両方を採用することで《クリボーを呼ぶ笛》を最大限利用し、コンボ等を決めやすくした【クリボー】。
 事故率の上昇も懸念されるが、両方を採用することで「《クリボー》《増殖》」で召喚された《幻魔皇ラビエル》等の大型モンスター破壊された場合に「《ハネクリボー》《バーサーカークラッシュ》」でバックアップ及び利用が可能になる等のメリットも生まれてくる。
 また、《カオス・ソーサラー》等を多く用いた構築にし、上級モンスターを次々と繰り出すようなデッキにすることもできる。

デッキの派生

【ダークモンスター】

 《クリボー》《ハネクリボー》の他のモンスターダークモンスターを多く採用したデッキ
 《クリボー》闇属性であるため《ダーク・グレファー》コストとして使用でき、ダークモンスターの中でも攻撃力の高い《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》《バーサーカークラッシュ》と相性が良い。
 また、《クリボーを呼ぶ笛》《リミット・リバース》のおかげで墓地闇属性モンスターの数を調整し易いため《ダーク・アームド・ドラゴン》も狙って出しやすい。

【トークン】

 《増殖》により生み出されるクリボートークンを最大限に利用するデッキ
 クリボートークン以外に《終焉の焔》等の1枚でトークンを多く生成できるカードを採用しアドバンテージを狙って行く。
 詳しくは当該ページを参照。

【フィフティ・フィフティ】

 《バーサーカークラッシュ》ダメージステップ発動できる事を利用した一種の【フィフティ・フィフティ】を目指したデッキ
 《ハネクリボー》はその低ステータスが故《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》《レベル制限B地区》《平和の使者》を全てすり抜ける事が出来る。
 《クリボー》《ハネクリボー》をうまく利用しロックしつつ1:1交換等で相手フィールドを空け《ハネクリボー》《バーサーカークラッシュ》で強烈な一撃を与えるのが主な戦術となる。
 また《強制転移》等で送りつけモンスターサンドバッグにするのも面白い。

このデッキの弱点

 《クリボー》《ハネクリボー》は低攻撃力であるため《王虎ワンフー》を出されると身動きが取れなくなってしまう。
 さらにコンボデッキとなるため手札事故はいつも隣り合わせである。
 手札交換カード単体除去カード等対応策を用意しておくほうが無難である。

《クリボー》軸の弱点

 様々なコンボを中心としたデッキであるため、ハンデスに非常に弱く、手札事故の可能性も高い。
 《クリボー》闇属性である点や採用する上級モンスターによって《闇の誘惑》《トレード・イン》を採用することでそれらを軽減する事もできる。
 また、特殊召喚を多用するためにそれらを封じる《フォッシル・ダイナ パキケファロ》等を出されるとつらい。

《ハネクリボー》軸の弱点

 《ハネクリボー》でプレッシャーを与えられるが、あくまで一時的なものであるために実際に攻め込むには十分な準備が必要になる。
 うまく相手攻撃を返せればよいが、攻撃表示《ハネクリボー》伏せカードがあっても警戒されるだけである。
 破壊を伴う除去ならば《ハネクリボー》効果相手の追撃を防ぐことができるのだが、バウンス等には対応していないため、これを受けるとそのまま溜め込んだカードで押し切られる可能性もある。
 また除外にも滅法弱く、《次元の裂け目》などを張られると帰還カードに頼るしかない。
 伏せカードを軒並み除去されるとカウンターもできなくなるため、相手ターンをどうやり過ごすかも問題になる。
 天使族を中心としたデッキなので宣告者のようなカードを採用するのも手。
 ただし、主なアドバンテージ取得は戦闘面であり、ディスアドバンテージを取り戻すためにも発動する場合はマストカウンターを見極めたい。

《クリボーを呼ぶ笛》軸(両立型)の弱点

 上級モンスター特殊召喚モンスターを多用するため、《クリボーを呼ぶ笛》以外にもそれらをサポートできるカードを入れなければ全て腐ってしまう。
 特に《クリボー》を採用する場合、《ライオウ》に警戒しないといけない。

代表的なカード

関連リンク

広告