【クロノダイバー】

デッキの概要

 クロノダイバーを中心とした【ランク4】エクシーズ召喚デッキ
 除外により身を隠しつつ相手カードエクシーズ素材として盗み出しアドバンテージを得るというトリッキーな動きができる。

《クロノダイバー・リダン/Time Thief Redoer》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/サイキック族/攻2400/守2000
レベル4モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。
その後、以下を適用する。
●モンスター:このカードをエンドフェイズまで除外する。
●魔法:自分はデッキから1枚ドローする。
●罠:相手フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主のデッキの一番上に戻す。
《クロノダイバー・パーペチュア/Time Thief Perpetua》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/サイキック族/攻1900/守2500
レベル4モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除き、
「クロノダイバー・パーペチュア」以外の自分の墓地の
「クロノダイバー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカード以外の自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、
対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 安定してクロノダイバーエクシーズモンスターエクシーズ召喚するためにレベルモンスターを多く採用する。
 いずれもエクシーズ素材縛りはないため自由度は高い。
 特殊召喚しやすいレベルモンスターについては【ランク4】のページも参照のこと。

クロノダイバーモンスター

レベルモンスター
 《クロノダイバー・レギュレーター》は、他のモンスターと並べるとリクルート効果発動できない。
 効果を使用したい場合はモンスターを出すタイミングに注意が必要。

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 クロノダイバーエクシーズモンスターと使い分けられるランク4が中心となる。
 汎用性の高いランク4については【ランク4】のページも参照のこと。

エクシーズモンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

クロノダイバー魔法・罠カード
 《クロノダイバー・リューズ》サーチできるほか、《クロノダイバー・パーペチュア》等で直接デッキからエクシーズ素材にすることもできる。

―その他の魔法・罠カード

戦術

 《クロノダイバー・リダン》を自身のサクリファイス・エスケープ等で維持し、少しずつアドバンテージを獲得していくのが基本となる。
 ただし、ただ維持して相手デッキトップを奪うだけでは妨害もできないので、エクシーズ素材を補充する手段を用意する必要がある。
 そのため、まずは素早くレベルモンスターを並べ、《クロノダイバー・リダン》《クロノダイバー・パーペチュア》を揃えるようにしたい。

 一度エクシーズ素材の補充体制が整えば、ほぼ毎ターン継続して妨害が可能となる。
 相手カードエクシーズ素材として奪う一方で、自分《クロノダイバー・パーペチュア》蘇生《クロノダイバー・ベゼルシップ》自己再生によって高リンクモンスターや更なるランク4を出すこともできる。
 相手が疲弊した所をそれらの高リンクモンスター《クロノダイバー・ハック》による直接攻撃等で止めを刺すといいだろう。

デッキの派生

【紋章クロノダイバー】

 同じくランク4のエクシーズ召喚に長けた【紋章獣】との混成デッキ
 クロノダイバーエクシーズモンスターサイキック族なので《昇華する紋章》《顕現する紋章》デメリットを無視できるのが利点。
 《高等紋章術》で1枚からランク4を出せるだけでなく《紋章獣ユニコーン》蘇生もでき、《無限起動要塞メガトンゲイル》リンク召喚も狙いやすい。
 《紋章獣ツインヘッド・イーグル》《紋章獣レオ》エクシーズ素材として補充し、相手ターンに取り除いてサーチを行うといったことも可能。
 ただし、《昇華する紋章》自分魔法・罠カード対象に取れなくなるので、《クロノダイバー・ハック》強化《クロノダイバー・フライバック》での補充をしたい場合には注意が必要。

【幻影クロノダイバー】

 【幻影騎士団】との混成デッキ
 上記にある通り《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》とのシナジーが抜群であるため無理は生じにくい。
 幻影騎士団レベル3が多いが、《幻影騎士団ブレイクソード》で自身を破壊すれば幻影騎士団レベル4にして蘇生できる。
 《捕食植物オフリス・スコーピオ》《捕食植物ダーリング・コブラ》出張セットも《幻影騎士団ブレイクソード》エクシーズ素材にできるので用途が広がる。

【幻影RRクロノダイバー】

 上述した《RR−フォース・ストリクス》を初動にしつつ《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》とのシナジーも活かした構築。
 一例ではあるが、1ターン目に《クロノダイバー・レギュレーター》1枚から以下の布陣を作れる。

  1. 《クロノダイバー・レギュレーター》効果《クロノダイバー・リューズ》《クロノダイバー・ベゼルシップ》リクルート
  2. 《クロノダイバー・リューズ》効果《クロノダイバー・ハック》サーチした後に2体で《RR−フォース・ストリクス》エクシーズ召喚
  3. 《RR−フォース・ストリクス》《RR−シンギング・レイニアス》サーチして特殊召喚し、残ったエクシーズ素材を取り除いて《クロノダイバー・ベゼルシップ》自己再生
  4. 《RR−フォース・ストリクス》《RR−シンギング・レイニアス》《RR−ワイズ・ストリクス》リンク召喚し、効果《BF−精鋭のゼピュロス》リクルート
  5. 《クロノダイバー・ベゼルシップ》《BF−精鋭のゼピュロス》で2体目の《RR−フォース・ストリクス》エクシーズ召喚して効果発動
  6. 《RR−ワイズ・ストリクス》効果《RUM−ソウル・シェイブ・フォース》デッキからセット
  7. 《RR−ワイズ・ストリクス》《RR−フォース・ストリクス》《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》リンク召喚
  8. 効果《幻影騎士団サイレントブーツ》墓地へ送った後に《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》デッキからセットして即座に発動
  9. 《クロノダイバー・ハック》発動し、それをバウンスして《BF−精鋭のゼピュロス》自己再生し、《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》とで《クロノダイバー・リダン》エクシーズ召喚
  10. 《RUM−ソウル・シェイブ・フォース》発動して墓地《RR−フォース・ストリクス》を素材に《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》エクシーズ召喚
  11. 墓地《幻影騎士団サイレントブーツ》除外して《幻影霧剣》サーチしてセット

 以上より、手札1枚の消費で罠カードエクシーズ素材に持つ《クロノダイバー・リダン》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》《幻影霧剣》の3妨害の構えが作れる。
 2体目の《RR−フォース・ストリクス》サーチ先は何でも良いが、《BF−黒槍のブラスト》ならば《BF−精鋭のゼピュロス》自己再生したタイミングで特殊召喚可能。

このデッキの弱点

 とにもかくにも《クロノダイバー・リダン》が軸となるので、《禁止令》除外状態から移動させるカードなどで徹底的にメタを張られると苦しくなってくる。
 自身の一時除外を封じてくる《王宮の鉄壁》あたりにも注意。
 《灰流うらら》も苦手で、効果処理時エクシーズ素材を取り除いて効果を選ぶので、魔法カードを持っていなくても「ドローを含む効果」とみなされ無効にされてしまう。

 エクシーズ召喚を中心とするので【エクシーズ召喚】の弱点も共通して持つ。
 クロノダイバーカードはほぼエクシーズモンスターありきの効果なので、エクシーズ召喚自体を封じられるとメインデッキで対応する手段がない。
 メタカードに対するメタカードを増やすと今度はエクシーズ召喚がスムーズに行えなくなるので、サイドデッキを含めたバランス調整はしっかり行っておきたい。

代表的なカード

関連リンク

広告