【コード・トーカー】

デッキの概要

 リンクモンスターであるコード・トーカーを軸としたビートダウン
 サーチカード《サイバネット・コーデック》を最大限に利用するため、エクストラデッキコード・トーカーで固める必要がある。
 汎用性の高いリンクモンスターを切るため対応力こそ落ちるが、その分回った時の爆発力は一線級。

《マイクロ・コーダー/Micro Coder》
効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻 300/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。
《サイバネット・コーデック/Cynet Codec》
永続魔法
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
このターン、同じ属性のモンスターを自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

デッキ構築に際して

 このデッキコード・トーカー及びそのサポートカードデッキを回すため、まずはコード・トーカーリンク召喚するところから始める。
 リンク素材縛りコード・トーカーサポートカードの傾向からメインデッキエクストラデッキ共にサイバース族で多く固めることが望ましい。

エクストラデッキについて

 エクストラデッキコード・トーカーが大半を占める。
 《サイバネット・コーデック》の存在から属性をなるべくばらけさせる必要があり、最低でも1属性につき1体を採用しておくことが望ましい。
 それ以外のモンスターについても《サイバネット・コーデック》デメリットの観点からサイバース族を優先して採用したい。

コード・トーカーモンスター
 《コード・トーカー》《コード・トーカー・インヴァート》リンク2、それ以外はリンク3である。
 ※括弧内はリンク素材の指定とリンクマーカーの向き

―それ以外のモンスター

メインデッキモンスターカードについて

 前述の通り多くをサイバース族で固め、その属性をばらけさせる必要がある。
 サーチから展開を行う都合上、手札から特殊召喚できるモンスターを優先したい。

コード・トーカーサポートカード
 いずれも手札からリンク素材にでき、《サイバネット・コーデック》サーチからすぐにリンク召喚に使用できる。
 また、リンク素材となった場合に素材になった場所によって効果適用させる。

―その他のサイバース族

―その他サイバース族以外で相性の良いモンスター
 サイバース族以外を特殊召喚する場合は《トランスコード・トーカー》との噛み合いが悪くなることに注意したい。

魔法・罠カードについて

 【サイバース族】と同じくデッキのほとんどをモンスターが占めるため、魔法・罠カードに割ける枠はあまりない。
 【サイバース族】のページも参考に自分に合ったカードを選びたい。

コード・トーカーサポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 《サイバネット・コーデック》発動後、コード・トーカーリンク召喚サーチしたモンスターの展開を繰り返すことで盤面を固める。
 コード・トーカー戦闘に特化、あるいは補助する効果を持つのでビートダウンに関しては大きく秀でている。
 そこで他のリンクモンスターの取捨選択が重要となり、コード・トーカーにできない除去カウンターなどの防御に関する働きが欲しいところ。
 サイバース族以外が採用しづらいが、幸いサイバース族リンクモンスターの数は多いため選択肢には困らない。

 攻撃に特化したデッキのため戦闘のできない先攻ターン目の動きもしっかりと模索しておきたい。
 上手く回れば高い展開能力を持つことは確かなのでエクストラリンクを行って相手の動きを封じておくことが望ましい。
 制圧力を高めるために《トランスコード・トーカー》《エクスコード・トーカー》《サイバネット・コンフリクト》による盤面を用意しておくと相手も切り返しに手がかかるだろう。

エクストラリンクの一例

条件:以下のカードが手札に存在する場合

  1. (A)を召喚
  2. 手札の《マイクロ・コーダー》と(A)で《コード・トーカー》リンク召喚
  3. 《マイクロ・コーダー》効果《サイバネット・コーデック》サーチ発動
  4. (B)を特殊召喚
  5. 《コード・トーカー》と(B)で左のエクストラモンスターゾーン《トランスコード・トーカー》リンク召喚
  6. 《サイバネット・コーデック》効果《コード・ジェネレーター》サーチ
  7. 《トランスコード・トーカー》効果《コード・トーカー》リンク先蘇生
  8. 《コード・トーカー》《コード・ジェネレーター》《エクスコード・トーカー》リンク召喚
  9. 《コード・ジェネレーター》効果《ドットスケーパー》墓地へ送り、自身の効果で自身を蘇生
  10. 《サイバネット・コーデック》効果《リンク・インフライヤー》サーチし、そのまま特殊召喚
  11. 《ドットスケーパー》《リンク・インフライヤー》《コード・トーカー・インヴァート》リンク召喚効果を(C)が手札にあるためチェーン1で発動
  12. 《サイバネット・コーデック》効果チェーン2で発動し、《サイバース・ガジェット》サーチ
  13. 逆順処理により、《コード・トーカー・インヴァート》効果《サイバース・ガジェット》特殊召喚
  14. 《トランスコード・トーカー》《コード・トーカー・インヴァート》《エクスコード・トーカー》の左のメインモンスターゾーン《双穹の騎士アストラム》リンク召喚
  15. 《サイバース・ガジェット》《双穹の騎士アストラム》の左のメインモンスターゾーン《リンク・ディヴォーティー》リンク召喚
  16. 《サイバース・ガジェット》効果で「ガジェット・トークン」を特殊召喚
  17. ガジェット・トークン」で左のエクストラモンスターゾーン《トークバック・ランサー》リンク召喚
  18. 《トークバック・ランサー》効果《リンク・ディヴォーティー》リリースし、《トランスコード・トーカー》蘇生
  19. 《リンク・ディヴォーティー》効果で「リンクトークン」2体を特殊召喚
  20. リンクトークン」で右のエクストラモンスターゾーン《リンクリボー》リンク召喚
  21. 《トークバック・ランサー》と「リンクトークン」で《サイバース・ウィキッド》を左のエクストラモンスターゾーンリンク召喚。)

このデッキの弱点

 基本的な弱点は【サイバース族】に書かれている通り、一通りのメタカード刺さる
 中でもモンスター効果封じとエクストラデッキ封じは普通の【サイバース族】よりも影響が大きいと言ってよい。
 コード・トーカーモンスター効果がなければ攻撃力2300と低めの数値であるため、スペルスピード1の無効効果でも十分に打撃を受ける。
 リンクモンスターに依存するデッキのため、《夢幻転星イドリース》1枚で盤面をひっくり返されることもある。

 また、キーカード永続カードを用いるため《サイクロン》《幽鬼うさぎ》といった魔法・罠除去にも弱い。
 サーチを妨害する《ライオウ》《手違い》にも気をつけておきたい。

 除去力が低いため耐性のあるモンスターの突破も苦手。
 戦闘破壊できないモンスターならば《パワーコード・トーカー》で解決できるが、そこに対象耐性効果を受けない耐性が加わると途端に苦しくなる。
 《始祖竜ワイアーム》《無限起動要塞メガトンゲイル》のような強固な耐性を持つモンスターがいつ現れてもいいように壊獣魔法・罠カードによる除去デッキスペースを割いておきたい。

 多属性種族のため《御前試合》《センサー万別》も天敵となる。
 サイドデッキの中では採用率の高いカードであるため、環境によっては魔法・罠除去を多めに入れておくなどして対策したい。

代表的なカード

関連リンク

広告