【サイカリエアー】

デッキの概要

 《サイバー・ドラゴン》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》《E・HERO エアーマン》を積んだビートダウンデッキ
 第5期の07/03/01までの【スタンダード】の一つで、【サイカリバー】《E・HERO エアーマン》を加えたものである。

《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》
効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1600
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
《死霊騎士デスカリバー・ナイト/Doomcaliber Knight》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1900/守1800
このカードは特殊召喚できない。
(1):モンスターの効果が発動した時、このカードをリリースして発動する。
その発動を無効にし破壊する。
《E・HERO エアーマン/Elemental Hero Stratos》
効果モンスター
星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの
「HERO」モンスターの数まで、
フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
●デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。

デッキ構築について

 【サイカリバー】の制圧力を活かしつつ、《E・HERO エアーマン》サーチ魔法・罠除去を行う。
 基本的な動きは【サイカリバー】を参照。
 ここでは、《E・HERO エアーマン》の使い方を考える。

 主にサーチ効果を使いながら、モンスターの補給とデッキ圧縮をなす。
 これにより、【サイカリバー】で課題となっていた展開力の乏しさとハンド・アドバンテージの失いやすさを克服する。
 任意効果なので、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》で自爆しないのもありがたい。
 2体目の《E・HERO エアーマン》魔法・罠除去に回しても構わない。

 サーチ対象を豊富にするために、HEROを採用した【戦士族】寄りのデッキにしても良い。
 《E・HERO オーシャン》《E・HERO ワイルドマン》サーチすれば、より場持ちも良くなる。
 単純にアタッカーとして、《E・HERO ザ・ヒート》《E・HERO アナザー・ネオス》サーチしても良い。
 《D−HERO ダッシュガイ》《D−HERO ダイヤモンドガイ》も面白い働きをしてくれる。

代表的なカード

関連リンク

広告