【サイカリバー】

デッキの概要

 ステータス効果ともに優秀な《サイバー・ドラゴン》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》を大量投入し、ボード・アドバンテージを稼ぎながらビートダウンするデッキ

 【スタンダード】の1つだが、(主に【アサイバー】との区別の関係で)【サイカリバー】と呼称される。

《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》
効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1600
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
《死霊騎士デスカリバー・ナイト/Doomcaliber Knight》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1900/守1800
このカードは特殊召喚できない。
(1):モンスターの効果が発動した時、このカードをリリースして発動する。
その発動を無効にし破壊する。

このデッキの特徴

 《サイバー・ドラゴン》の展開力と《死霊騎士デスカリバー・ナイト》除去力が最大の売り。
 自分フィールドモンスターが存在しなくても、相手フィールドモンスターが存在していれば、《サイバー・ドラゴン》特殊召喚できる。
 さらに、1ターンに1度の通常召喚を行えば一気に2体のモンスターを並べることができ、フィールドで数的優位に立てる。
 また、効果モンスター除去する手段として《死霊騎士デスカリバー・ナイト》誘発即時効果は打って付け。
 しかも、両者共に攻撃力が高いため、ダメージ効率が良く、戦闘においても強い。

このデッキの弱点

 《死霊騎士デスカリバー・ナイト》除去力は優秀であるが、《黄泉ガエル》には弱めである。
 《黄泉ガエル》自己再生効果発動無効にしてしまえばそのターン自己再生しなくなるものの、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》をほぼノーコストで処理されてしまう。

 下級モンスターとの戦闘に強い反面、上級モンスターとの戦闘には弱い。
 《サイバー・ドラゴン》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》戦闘耐性を持たないので、上級モンスターには純粋な攻撃力で負ける。

 《サイバー・ドラゴン》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》が存在する時は《光神機−桜火》などにも要注意。
 《サイバー・ドラゴン》戦闘破壊され、エンドフェイズ誘発効果《死霊騎士デスカリバー・ナイト》除去される。

 《死霊騎士デスカリバー・ナイト》が存在する時には、自分効果モンスターが展開しにくくなる。

 致命的な欠点としては、このままの構築では《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に対応できない点である。
 これまでの《サイバー・ドラゴン》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》の2体を並べる戦術を取ると次の相手ターンでは《サイバー・ドラゴン》融合素材として使用されてしまう。
 加えて《死霊騎士デスカリバー・ナイト》《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に対して効果発動せず、攻撃力の面でも劣ってしまう。

 後は、キーカードデッキからサーチリクルートできるのが《封印の黄金櫃》《タイムカプセル》程度であること。

デッキの派生

【サイカリエアー】

 《E・HERO エアーマン》を複数採用したデッキ
 サーチ能力でモンスター切れを防ぎつつ手札を増やし、高い攻撃力戦闘でも優位に立つ。
 また、魔法・罠カード破壊する能力のおかげでロックデッキにも強い。

【サイカリエアゴーズ】

 【サイカリエアー】と【サイカリゴーズ】を組み合わせたデッキ

【サイカリカオス】

 キーカードとなる両者の属性から、《カオス・ソーサラー》を投入し【カオス】に派生したデッキ
 墓地へ送られた《死霊騎士デスカリバー・ナイト》を有効利用できることもポイント。

【サイカリガジェ】

 【サイカリバー】でありながら【除去ガジェット】でもあるデッキ
 どちらかと言えば【除去ガジェット】《サイバー・ドラゴン》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》を入れる構築となる。
 機械族が多くなる為《キメラテック・オーバー・ドラゴン》特殊召喚も狙える。
 ただしそれは、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に弱くなることと同義である。

【サイカリゲドン】

 《ハイドロゲドン》を採用したデッキ
 【サイカリガジェ】の手札アドバンテージに対して、こちらはフィールド上の大量展開が狙い。

【サイカリゴーズ】

 《冥府の使者ゴーズ》を複数採用したデッキ
 切り返し能力が高く、戦闘ダメージと引き換えに攻撃力と展開力でフィールドを制圧する。
 また、ダメージ相手に返す誘発効果のおかげでバーンデッキにも強い。

【サイカリ帝】

 対上級モンスター用にモンスターを採用したデッキ
 アドバンス召喚時のみ注意を払えば《死霊騎士デスカリバー・ナイト》との併用も問題ない。
 既に《死霊騎士デスカリバー・ナイト》召喚されているのなら状況に応じて《死霊騎士デスカリバー・ナイト》リリースすればよい。

【サイカリダムド】

 【サイカリバー】に《ダーク・アームド・ドラゴン》を入れることで爆発力を手に入れたデッキ
 【サイカリバー】は比較的闇属性モンスターが多いため、墓地調整のカード《貪欲な壺》等を入れておけば良い。

【サイカリパキケ】

 《フォッシル・ダイナ パキケファロ》特殊召喚封じによって、数的優位をより強固に維持するデッキ
 上級モンスターとの戦闘に弱いという欠点が克服され、さらに特殊召喚を主戦術とするデッキに対するメタとなる。
 《フォッシル・ダイナ パキケファロ》戦闘能力が低いため、戦闘を補助するカードが投入される。

このデッキの歴史

第4期(2004年〜2006年)

 05/09/01制限改訂《キラー・スネーク》禁止カードになり、序盤は注目された。
 しかし、《貪欲な壺》を使ったデッキが流行し、中盤に《黄泉ガエル》が登場したため、環境に合わなくなった。

第5期(2006年〜2008年)

第6期(2008年〜2010年)

第7期以降(2010年〜)

 《サイバー・ドラゴン》10/03/01にて準制限カードとなり、10/09/01には制限解除されたが、もはや環境で戦うのは難しかった。

 これ以降の環境において、このデッキの展開速度や除去力では、制圧力の高いモンスターや大量展開されたモンスターを処理しきれないケースが珍しくなくなった。
 結果、【サイカリバー】並びにその派生シリーズは活躍させるのが困難となり現在は形骸化している。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告