【サイバー・ダーク】

デッキの概要

 サイバー・ダークモンスターを主軸とするビートダウンデッキ
 墓地ドラゴン族を装備してその攻撃力を得る効果により、下級モンスター中心でありながら上級モンスター並の攻撃力で戦えるのが特徴。
 専用サポートカードの登場以前から、ドラグニティの登場や闇属性機械族ドラゴン族サポートカードの充実により、間接的に強化され続けている。

  • アニメGXで「サイバー流裏デッキ」と呼称されていたため「裏サイバー流」と呼ばれることもある。
《サイバー・ダーク・ホーン/Cyberdark Horn》
効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
(1):このカードが召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(4):このカードが戦闘で破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。
《サイバー・ダーク・エッジ/Cyberdark Edge》
効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
(1):このカードが召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードは直接攻撃できる。
その場合、このカードの攻撃力はダメージ計算時のみ半分になる。
(4):このカードが戦闘で破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。
《サイバー・ダーク・カノン/Cyberdark Cannon》 
効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが
戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
《サイバー・ダーク・クロー/Cyberdark Claw》
効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが
戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
《サイバーダーク・インフェルノ/Cyberdark Inferno》
フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備カードを装備した自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスターは
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):自分フィールドの「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻し、その後「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚できる。
(3):フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

サイバー・ダークモンスター
 下級モンスター機械族ドラゴン族に分かれており、それぞれアタッカーサポーターと役割が異なる。

  • 機械族
    3種類が存在し、以下の共通効果を持つ。
    (1):このカードが召喚に成功した場合、
    自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
    そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
    (2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
    (4):このカードが戦闘で破壊される場合、
    代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。
     このデッキのメインアタッカーであり、これらを中心としてデュエルを進める事になる。
  • ドラゴン族
    現在2種類が存在し、以下の共通効果を持つ。
    このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
    (1):このカードを手札から捨てて発動できる。
    デッキから(特定のカード)1枚を手札に加える。
    (2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが
    戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
    (特定の場所)からモンスター1体を墓地へ送る。
    (3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、
    (固有効果)。
     手札から能動的に墓地へ送れるため、効果発動してそのまま機械族サイバー・ダーク装備カードにできる。
     攻撃力も高めな上に(2)の効果墓地へ送れるモンスターに制限が無く、コンボ要員としての性能も高い。

装備カードドラゴン族モンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

サイバー・ダークモンスター

―相性の良いエクストラデッキモンスター
 このデッキは非常に応用性が高く、エクストラデッキの選択肢も多い。
 《サイバー・ダーク・クロー》墓地へ送る事ができる点も踏まえた上で選んでいきたい。
 特にドラゴン族は両融合サイバー・ダーク装備対象になるため優先度が上がる。

魔法・罠カードについて

サイバーダーク

融合サポート

機械族サポート

闇属性サポート

―その他のカード

戦術

 レベル3以下のドラゴン族墓地へ送り、その後機械族サイバー・ダーク召喚してビートダウンに繋げるのが基本となる。
 特に《サイバー・ダーク・カノン》は1枚からこの流れを作る事ができる上に、この時のサイバー・ダーク攻撃力は2400と下級モンスターとしては破格の数値を持つ。
 更に戦闘する度に墓地を肥やすことができるため、デッキ圧縮墓地肥やしにも繋がるので、なるべく早い段階でこの動きを目指したい。
 この過程は特殊召喚を行わないため、《一回休み》《虚無空間》といった特殊召喚へのメタカード相手にした場合でも行う事ができる。

 《サイバー・ダーク・カノン》が引けない場合は、《おろかな埋葬》《マスマティシャン》等を利用して装備カード用のドラゴン族墓地へ送ることになる。

 墓地の準備が整った後は、《サイバーダーク・インパクト!》《オーバーロード・フュージョン》サイバー・ダーク融合モンスター墓地融合し、勝負を決めに行く。

シンクロ召喚

 《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》《ドラグニティ−ファランクス》装備カードとなった自身を特殊召喚できる。
 機械族下級サイバー・ダーク召喚してそれらを装備カードとすることで、レベル5・6のシンクロ召喚が可能である。

 《サイバーダーク・インフェルノ》を絡めることで、さらに高レベルシンクロ召喚を狙うことも可能である。

  1. 機械族サイバー・ダーク召喚し、《ドラグニティ−ファランクス》Aを装備カードとする。
  2. 《ドラグニティ−ファランクス》Aの装備を解除し、特殊召喚
  3. 《サイバーダーク・インフェルノ》効果機械族サイバー・ダークバウンスし、召喚する。
    召喚時に機械族サイバー・ダーク効果《ドラグニティ−ファランクス》Bを装備カードとする。
  4. 《ドラグニティ−ファランクス》Bの装備を解除し、特殊召喚
  5. 機械族サイバー・ダーク《ドラグニティ−ファランクス》Aでレベル6のシンクロ召喚
    レベル6のシンクロモンスター《ドラグニティ−ファランクス》Aとでレベル8のシンクロ召喚が可能。

デッキの種類

【闇属性】特化型

 《仮面竜》を使わず、《終末の騎士》《ダーク・グレファー》《比翼レンリン》《ハウンド・ドラゴン》をピンポイントに落としてサイバー・ダーク攻撃力を2500にキープさせる戦術をメインにする。
 それに加えウイルス等の闇属性関連のカードを多数投入する事で、更に幅広い戦略を採る事が可能となる。
 闇属性ではないが、サイバー・ダーク墓地に送れる《E・HERO プリズマー》《マスマティシャン》を採用するのも悪くない。

 《Sin トゥルース・ドラゴン》を無理なく搭載できるのもこのデッキの特徴である。
 単体では活用しにくいが、《終末の騎士》墓地に送ったり、《闇の誘惑》コストにするなどできる。
 また、《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》を採用する手もあり、こちらは闇属性モンスターの種類を増やしておくことで、手札に来ても特殊召喚のチャンスを作ることが可能。

 《終末の騎士》墓地へ送るのはドラゴン族だけではない。
 手札《ダーク・バースト》があればサイバー・ダーク《ブラック・ボンバー》を間接的にサーチする事ができる。
 またサイバー・ダーク墓地へ送ることで《サイバーダーク・インパクト!》に繋ぐのが容易となる。

《ブラック・ガーデン》採用型

 通称【裏庭】と呼ばれる《ブラック・ガーデン》を採用したタイプ。
 下級サイバー・ダークは、元々の攻撃力が800と低いので一般的なアタッカーより《ブラック・ガーデン》の影響を受けにくく、ドラゴン族モンスターを装備することで攻撃力を後から上昇させることができるため、相性がよい。
 《ハウンド・ドラゴン》装備すれば相手攻撃力4200未満のモンスターは一方的に戦闘破壊できる。
 また、サイバー・ダーク召喚時にチェーン1でサイバー・ダークチェーン2で《ブラック・ガーデン》の順でチェーンブロックを作る事により、《神の通告》などからサイバー・ダークを守る事ができるというのも大きな利点である。

 加えて、効果こそ利用できないものの、ローズ・トークン1体で各種下級サイバー・ダーク蘇生可能。
 《ブラック・ガーデン》の影響下では威力が落ちやすいシンクロ召喚エクシーズ召喚につないで一気に攻勢に務めるといった動きが可能である。

 《ブラック・ガーデン》フィールド魔法ということを活かしSinモンスターを採用するのも面白い。
 Sinモンスターは多くがドラゴン族であるため《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》装備カードとしては勿論のこと、《Sin スターダスト・ドラゴン》《ブラック・ガーデン》破壊から守ることができる上、《Sin トゥルース・ドラゴン》は、《ブラック・ガーデン》影響下でも2500と十分な攻撃力に加え破壊効果トークン共々相手フィールドを一掃できる。

このデッキの弱点

 墓地利用・装備魔法モンスター効果と様々なギミックに依存するため、メタの存在が多く対策が難しい。

 まず墓地依存度の高さ故、除外系のデッキに対しては脆い。
 《マクロコスモス》はもちろん、装備対象とするドラゴン族《D.D.クロウ》除外されるだけでも動きが止まってしまう。

 また、このデッキ戦闘面でアドバンテージを稼ぐにも関わらず、カードの効果等に耐性を持つモンスターがいないのもネック。
 相手の妨害札に弱く、《サイクロン》などで装備カード破壊されて返り討ちになることもある。
 加えて基本的に召喚権を消費するため、そのタイミングで妨害されると打つ手が無くなり、展開力の乏しさが露呈してしまう。
 そのため《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》《強制脱出装置》《スキルドレイン》《月の書》にも無力である。

 《王家の眠る谷−ネクロバレー》《アンデットワールド》《エンド・オブ・アヌビス》などの墓地封鎖・操作系カードサイバー・ダークを死に札にする。

 一枚一枚対策するのは困難であるため、使われる前にウイルスカード破壊するのも良いかもしれない。
 あるいは《ライトロード・ハンター ライコウ》《ライトロード・マジシャン ライラ》を起用するのも悪くない。
 墓地へ送る効果との相性も良いため墓地を肥やすまでのつなぎ目としても活躍できるだろう。

 なお、装備カードへの除去にも弱いが、装備カード状態のドラゴン族サイバー・ダーク破壊されてもドローサルベージが可能なので、以前よりはディスアドバンテージを軽減しやすくなった。

代表的なカード

関連リンク

広告