【サイバー・ドラゴン】

デッキの概要

 《サイバー・ドラゴン》とその関連カードを中心としたビートダウン

《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》
効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1600
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターカードについて

サイバー・ドラゴン

―相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

《サイバー・ドラゴン》の派生モンスター

―相性の良いモンスター

魔法・罠カードについて

サイバーサイバネティック
《サイバー・ドラゴン・コア》《サイバネティック・オーバーフロー》サーチが可能。

―その他のサポートカード

融合召喚サポートカード

―その他相性の良いカード

戦術

 《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》相手を牽制し、《サイバー・ドラゴン》関連の融合モンスターを展開する。
 《DNA改造手術》相手モンスター機械族にし、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》融合素材として除去する戦法も強力。

このデッキの弱点

このデッキの歴史

第4期(2004年〜2006年)

 CYBERNETIC REVOLUTIONにて《サイバー・ドラゴン》《サイバー・ツイン・ドラゴン》《サイバー・エンド・ドラゴン》が登場。
 その緩い召喚条件と高い攻撃力環境の基準とされ、【スタンダード】において【アサイバー】【サイカリバー】といったこのカードをメインとしたデッキも登場した。
 融合モンスター《突然変異》による特殊召喚先として人気となった。
 一方で、《サイバー・バリア・ドラゴン》のような派生モンスターは影が薄かった。

第5期(2006年〜2008年)

 POWER OF THE DUELISTから《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《未来融合−フューチャー・フュージョン》《オーバーロード・フュージョン》が登場。
 制限改訂が来るまで暴れ続け、《サイバー・ドラゴン》アタッカーとしても融合素材としても活躍できる万能カードとなった。
 しかし、そんな中で《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》が登場。
 適当な機械族さえ握っていれば《サイバー・ドラゴン》がすぐに除去されてしまうため、《サイバー・ドラゴン》フィールドに残すことは危険を意味することとなった。
 このおかげで多くのデッキから《サイバー・ドラゴン》の採用率が下がってしまう。
 当時はエクストラデッキの枚数制限もなかったため、実質全てのデッキ《サイバー・ドラゴン》対策ができているという形となったのも大きい。
 他方では《突然変異》禁止カードに指定され融合モンスターは大打撃を受ける。
 《融合呪印生物−光》等に頼らざるを得なくなり、環境から姿を消してしまった。

第6期(2008年〜2010年)

 マスタールールが制定され、シンクロモンスターの登場とエクストラデッキの枚数制限がかかる。
 《サイバー・ドラゴン》《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》による機械族メタと同時に高レベルを活かしたシンクロ素材として活躍することとなる。
 そして来る08/09/01についに《サイバー・ドラゴン》制限カードに。
 この時期の新規カードとして《エヴォリューション・バースト》《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》が登場したが、どちらも《サイバー・ドラゴン》制限化の溝を埋められたとは言いがたく、【サイバー・ドラゴン】としては非常に痛い時期だったと言えよう。

第7期(2010年〜2012年)

 開始前の制限改訂にてついに準制限カード制限緩和
 続く10/09/01についに完全復帰を果たす。
 しかし、カテゴリカードが台頭して【スタンダード】が廃れた環境にはもはや取り残されたも同然であった。
 シンクロモンスターエクシーズモンスターにより自慢の攻撃力もあっさり突破される、【サイバー・ドラゴン】に関するテコ入れがほとんどなかったということも一因だろう。

第8期(2011年〜2014年)

 《未来融合−フューチャー・フュージョン》禁止カードとなり、派生デッキ【未来オーバー】だけでなくこのデッキにも与えられた影響が大きい。
 一方でストラクチャーデッキ−機光竜襲雷−が登場。
 新規カードは癖も多いがエクシーズモンスター除外を使った新たな戦術を獲得した。

第9期(2014年〜2017年)

 クロスオーバー・ソウルズワールドプレミア枠にて《キメラテック・ランページ・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》が登場。
 前者は墓地肥やし魔法・罠除去を、後者は高い除去性能と制圧力を持ち、足りなかった能力を引き上げる形となった。
 《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》自体は、同時に登場した《星守の騎士 プトレマイオス》と共に【サイバー・ドラゴン】以外での採用もみられた。

第10期(2017年〜)

 CYBERNETIC HORIZONCOLLECTORS PACK 2018デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編3−で新規カードが大幅に増加。
 融合モンスター除外の活用法も増え、高攻撃力の大型モンスターも今まで以上に活躍できるようになった。
 また、汎用性の高いサイバーサイバネティックの登場により、《サイバー・ドラゴン・コア》の重要性も増した。
 RARITY COLLECTION −20th ANNIVERSARY EDITION−では、特殊召喚自体が相手モンスター除去を兼ねる《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の系統と言うべき《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》も登場している。

代表的なカード

関連リンク

広告