【サイファー】

デッキの概要

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−カテゴリ化されたサイファーを中心としたビートダウンデッキ
 レベル変更効果を用い、ランク4とランク8のエクシーズ召喚を使い分ける。

《光波翼機/Cipher Wing》
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1400/守1200
(1):自分フィールドに「サイファー」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
自分フィールドの全ての「サイファー」モンスターのレベルをターン終了時まで4つ上げる。
《光波双顎機/Cipher Twin Raptor》
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1600/守 800
「光波双顎機」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「サイファー」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「サイファー」モンスターしか特殊召喚できない。
《銀河眼の光波竜/Galaxy-Eyes Cipher Dragon》
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
レベル8モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、
攻撃力は3000になり、カード名を「銀河眼の光波竜」として扱う。
この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

サイファー

特殊召喚が容易なレベルモンスター
 既にフィールドレベル8が存在するなら、《光波双顎機》《光波翼機》特殊召喚するだけで《銀河眼の光波竜》に繋がる。

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

エクシーズモンスター

シンクロモンスター

リンクモンスター
 《銀河眼の光波竜》で奪ったモンスターを素材にし、コントロールが戻るのを防ぐのが主な役割になる。
 また、エクシーズ召喚した《銀河眼の光波竜》で奪ったモンスターの上にギャラクシーアイズを重ねたい場合、リンク先は必要不可欠となる。

魔法・罠カードについて

サイファー
 《光波鏡騎士》および《光波異邦臣》サーチ可能。
 罠カードについては発動条件の癖が強いものが多く、サイファーに別のモンスターを重ね、下のサイファーコストにした後、それを《エクシーズ・リボーン》蘇生する方が良いという状況も少なくない。
 罠カードコストにも転用することを考えて採用したい。

ギャラクシーおよびギャラクシーアイズ関連の魔法・罠カード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 ランクエクシーズモンスターを出しながらサイファーサーチを行い、準備が出来次第《銀河眼の光波竜》エクシーズ召喚する。
 《銀河眼の光波竜》を出した後は、豊富なギャラクシーアイズエクシーズモンスターサポートカードを駆使して高打点を並べていく。
 蘇生エクシーズ素材の補充手段も多く持つため、一度や二度破壊された程度では息切れしないのも長所。

このデッキの弱点

 《銀河眼の光波竜》への依存の度合いが大きいため、早急にエクシーズ召喚できないと動きが大幅に鈍ってしまう。
 サイファー魔法・罠カードはすべてランク8以上のエクシーズモンスターを要求するため、十分に展開できなければ腐ってしまう。

代表的なカード

関連リンク

広告