【サラマングレイト】

デッキの概要

 炎属性サイバース族で統一されたサラマングレイトを軸とするビートダウン
 《転生炎獣の意志》などのカテゴリサポートを駆使して蘇生サルベージ等の墓地を大きく活用するデッキである。

《転生炎獣の意志/Will of the Salamangreat》
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、
自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した自分フィールドの
「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのリンクマーカーの数まで、
自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

サラマングレイトモンスター

―相性の良い炎属性モンスター
 《転生炎獣ウルヴィー》《転生炎獣サンライトウルフ》サルベージできる等、属性サポートを併用できる。
 また、後述のサラマングレイトリンクモンスターリンク素材に転用できるのも利点。

炎属性以外で相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

サラマングレイトモンスター

―それ以外のモンスター

魔法・罠カードについて

 永続カード《転生炎獣フォクシー》自己再生効果の条件を満たすことに繋がるため、できるだけ採用したい。

サラマングレイト魔法・罠カード
 《転生炎獣ファルコ》の(1)の効果で再利用が可能。

―その他で相性の良い魔法・罠カード

戦術

 基本的には手札墓地に必要なカードを集めつつ、状況に応じた各モンスター効果で地道にアドバンテージを得る、至ってオーソドックスな動きである。
 特に蘇生手段は自己再生《転生炎獣の意志》と豊富なので積極的に使っていき、リンク素材を揃える消費をなるべく抑えたい。

 ただ、下記の弱点にある通り、特別アドバンテージの確保や展開速度に優れているわけではないため、固有の強みの薄さが欠点でもある。
 やや構築を意識する必要はあるが、単体で1ターンキルを狙える《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の登場により短期決着が望めるようになったのは大きい。

このデッキの弱点

 墓地利用が中心なのでそれを封じられると致命的。
 自己再生を含めた蘇生手段を丸ごと封じる《王家の眠る谷−ネクロバレー》墓地そのものが使えなくなる《マクロコスモス》などは天敵となる。

 また、第10期の基準で見た場合アドバンテージ獲得力や展開速度に殊更に優れているデッキとは言い難い。
 単に決まった動きをするだけではジリ貧になりかねず、リスクを負ってでもメタカードの採用やある程度尖った動き・構築が求められる事もあり得る。

代表的なカード

関連リンク

広告