【サンダー・ドラゴン】

デッキの概要

 サンダー・ドラゴンを中心とした【雷族】デッキ
 その多くが手札発動する効果、またはそれに関連した効果を持つのが特徴。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

サンダー・ドラゴンモンスター
 通常召喚モンスター手札から捨てて発動する(1)の効果を持ち、《サンダー・ドラゴン》以外は除外・またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動する(2)の効果も持つ。
 ただし1ターンにどちらか片方しか発動できないので、両方の発動機会がある場合はどちらを優先するかはよく考えたい。

―相性の良い雷族

―その他で相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

 エクストラデッキにそこまで依存はしないので、環境によっては《浮幽さくら》等に枠を割いても良いだろう。

サンダー・ドラゴンモンスター

―それ以外のモンスター

魔法・罠カードについて

サンダー・ドラゴン魔法・罠カード

―相性の良い魔法・罠カード

戦術

 メインデッキサンダー・ドラゴン効果で着実にアドバンテージを取っていき、サンダー・ドラゴン融合モンスターで場を制圧するのが基本筋となる。
 特に《雷神龍−サンダー・ドラゴン》除去は回数制限が無いため相手ターン発動可能な場合は驚異の制圧力となる。
 なるべくなら《雷源龍−サンダー・ドラゴン》《雷電龍−サンダー・ドラゴン》のどちらかは握っておき、相手ターンにプレッシャーをかけたい。

 なお、このデッキ相手サーチ行為は《超雷龍−サンダー・ドラゴン》で封じる一方で自分サンダー・ドラゴンサーチを有効利用するデッキである。
 従ってミラーマッチになった場合、先に《超雷龍−サンダー・ドラゴン》《ライオウ》を立てた方が有利になるため先攻の奪い合いになりやすい。

デッキの派生

【召喚獣】混合型

 融合召喚を主戦術とする召喚獣と混ぜ合わせたタイプ。
 《召喚師アレイスター》《闇の誘惑》を共有できる他、《召喚魔術》手札サンダー・ドラゴン融合素材《超雷龍−サンダー・ドラゴン》融合召喚することも可能。
 また、高い制圧力を誇る《召喚獣メルカバー》コストを捻出しやすいのも特徴である。

【恐竜族】混合型

 【恐竜族】との混合構築。
 《終末の騎士》等で《オーバーテクス・ゴアトルス》墓地へ送って《究極進化薬》サーチし、墓地サンダー・ドラゴン除外しつつ恐竜族最上級モンスターリクルートするのが主要な動きとなる。
 《終末の騎士》は【サンダー・ドラゴン】では自然と採用できるカードであるため、無理なくこのギミックを組み込むことが可能。
 リクルート先としては高い制圧力を誇る《究極伝導恐獣》《オーバーテクス・ゴアトルス》のほか、手札に来ても自身の効果特殊召喚できる《ダイナレスラー・パンクラトプス》も候補となる。

このデッキの弱点

 除外を利用するデッキのためそれを封じられると動きが鈍る。
 《王宮の鉄壁》サイドデッキにも投入されやすいので要注意であり、《王家の眠る谷−ネクロバレー》を擁する【墓守】との相性は非常に悪い。
 手札発動する効果を封じる《メンタルドレイン》墓地及び除外ゾーンでの効果の発動を封じる《ソウルドレイン》も苦手なカード
 《超雷龍−サンダー・ドラゴン》に対し永続的なコントロール奪取を受けた場合、こちらのサーチが封じられるため【グレイドル】等も苦手とする。
 その他、【マジェスペクター】の様にデッキ全体でモンスター破壊耐性を持つ場合は《雷神龍−サンダー・ドラゴン》除去が通じず制圧が難しくなる。

代表的なカード

関連リンク

広告