【シムルグ】

デッキの概要

 シムルグと名のついた鳥獣族モンスターを中心としたデッキ
 メインとなるモンスター風属性だが、一部のモンスター闇属性を必要とする混合デッキでもある。
 相手魔法&罠ゾーンを吹き飛ばし、大型モンスターアドバンス召喚して勝負を決める。

《雛神鳥シムルグ/Simorgh, Bird of Beginning》
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻   0/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「シムルグ」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードが墓地に存在し、相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は鳥獣族モンスターしか特殊召喚できない。
《招神鳥シムルグ/Simorgh, Bird of Bringing》
効果モンスター
星2/風属性/鳥獣族/攻1000/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「招神鳥シムルグ」以外の「シムルグ」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在し、相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は鳥獣族モンスターしか特殊召喚できない。
《神鳥の霊峰エルブルズ/Elborz, the Sacred Lands of Simorgh》
フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの鳥獣族・風属性モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):手札のレベル5以上の鳥獣族・風属性モンスター1体を相手に見せて発動できる。
このターン、自分は鳥獣族モンスターを召喚する場合に必要なリリースを1体少なくできる。
(3):自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
鳥獣族モンスター1体を召喚する。

デッキ構築に際して

 シムルグ下級モンスター相手魔法&罠ゾーンカードが存在しない場合に自己再生ができるため、魔法・罠除去には力を入れておきたい。
 また、風属性鳥獣族に関する効果を持つものも多いので、これらも多めにいれておくといい。

メインデッキモンスターについて

シムルグモンスター

シムルグ以外のモンスター
 風属性闇属性鳥獣族をメインに採用したい。
 あれもこれもと入れるとデッキバランスを崩すので採用する場合は役割をよく決めたい。

エクストラデッキモンスターについて

 アドバンス召喚を重視するためエクストラデッキに過度に依存することはない。
 一方でシムルグ下級モンスター除外を回避するためにもエクシーズモンスターの重要度は高い。

魔法・罠カードについて

シムルグ魔法・罠カード
 通常魔法墓地から除外することで手札鳥獣族レベルを下げる効果を持つ。

鳥獣族サポートカード

―それ以外のカード
 【アドバンス召喚】の要素を含むのでそちらのページも参照にしてほしい。

戦術

 序盤はシムルグ下級モンスター効果手札墓地を整える。
 後は攻め込むタイミングを見計らい自己再生アドバンス召喚により大型モンスターを呼び出す。
 《烈風の覇者シムルグ》《ダーク・シムルグ》《ダークネス・シムルグ》のように相手に影響を与えるカードが多いので、相手が切り返しに困る布陣を作ることができればなお良い。

デッキの種類

【ダーク・シムルグ】

 セットできなくさせる《ダーク・シムルグ》《魔封じの芳香》を合わせて魔法・罠カードの利用を制限するデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

デッキの派生

【シムルグ帝】

 アドバンス召喚を行うという点で共通する【帝王】との混合デッキ
 帝王カードをより活かしやすくなるため円滑なアドバンス召喚が行える。
 アドバンス召喚トリガー特殊召喚される《ダークネス・シムルグ》により総合打点が上がりやすい。

【儀式召喚】軸

 アドバンス召喚と相性のいい魔神儀を採用しつつ、儀式モンスター霊魂儀式召喚するデッキ
 霊魂風属性鳥獣族のためサポートカードを共有でき、自己再生したシムルグ儀式召喚リリースに使える。
 シムルグ通常魔法の(2)の効果儀式モンスターにも適用されるので、レベル調整が柔軟になるという利点もある。

このデッキの弱点

 自己再生を中心とするため墓地利用の阻害にも弱い。
 メジャーなところだと《D.D.クロウ》《屋敷わらし》《墓穴の指名者》等が挙げられ、無差別除外を行う《M・HERO ダーク・ロウ》《マクロコスモス》も天敵。

 また、シムルグ効果は全体的に魔法・罠カードの妨害に集中しているためモンスター効果の対処がおろそかになりやすい。
 特殊召喚エクストラデッキへのメタカードを組み込みやすいデッキではあるので、スペースに余裕があれば積んでおくといい。

 キーカードである《神鳥の霊峰エルブルズ》の依存度も高く、この効果チェーンして除去を当てられると動きが止まりやすい。
 魔法・罠カード自己再生の条件を満たす過程で取り除けるが、手札誘発手札から発動できる罠カードともなると厳しい。
 1枚で場を切り返せるカードがなく、手札が少ない状態で劣勢になるとそのまま敗北ということもある。

 その他には【アドバンス召喚】と同じく手札事故の危険性があり、リリース封じや高レベルメタにも弱い。

代表的なカード

関連リンク

広告