【シャドール】

デッキの概要

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場したシャドールを中心としたデッキ
 融合モンスターを主軸としたデッキだが、既存の融合召喚主体のデッキと比べてディスアドバンテージを補う能力に長けている。
 モンスター融合素材とする事で能動的にモンスター効果発動させ、除去ドローなどを自在に行う。

《シャドール・ヘッジホッグ/Shaddoll Hedgehog》
リバース・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻 800/守 200
「シャドール・ヘッジホッグ」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキから「シャドール」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「シャドール・ヘッジホッグ」以外の「シャドール」モンスター1体を手札に加える。
《シャドール・リザード/Shaddoll Squamata》
リバース・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守1000
「シャドール・リザード」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「シャドール・リザード」以外の「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。
《エルシャドール・ミドラーシュ/El Shaddoll Winda》
融合・効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2200/守 800
「シャドール」モンスター+闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードは相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
《影依融合/Shaddoll Fusion》
通常魔法
「影依融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、
自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。
《神の写し身との接触/El Shaddoll Fusion》
速攻魔法
「神の写し身との接触」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 シャドールモンスターに加え、採用するシャドール融合モンスターに合わせて相性の良い各属性モンスターを選択する。

シャドールモンスター
 その全てがリバースモンスターでありリバースした場合と、効果によって墓地へ送られた場合に発動する誘発効果を持つ。
 戦線維持は融合モンスターに十分任せられるので、ステータスよりも効果を重視し採用枚数を検討したい。
 効果墓地へ送るカード《影依融合》をはじめ無数に存在するため、墓地へ送られた際の効果を目的としたカードは少なめでも十分機能する。
 フィールドでの効果が優秀なカードは枚数を増やしてドロー率を上げたい。

シャドール以外のモンスター

炎属性モンスター
 《エルシャドール・エグリスタ》を使用する場合、融合素材として少数投入する。

地属性モンスター
 《エルシャドール・シェキナーガ》を使用する場合、融合素材として少数投入する。

水属性モンスター
 《エルシャドール・アノマリリス》を使用する場合、融合素材として少数投入する。

シャドール以外の闇属性モンスター
 《エルシャドール・ミドラーシュ》融合素材に利用できるが、多くはシャドール2体で融合した場合のようにアドバンテージを回復できないため腐らない枚数に留めたい。

エクストラデッキモンスターについて

シャドール融合モンスター
 現在6つの属性にそれぞれ1体ずつ存在し、効果が優秀な物が多い。
 光属性《エルシャドール・ネフィリム》禁止カードであり、その強力さが伺える。
 墓地へ送られた場合にシャドール魔法・罠カードサルベージできる効果により、《影依融合》を使いまわすことができ息切れしにくい。

魔法・罠カードについて

 シャドールモンスター墓地へ送るだけでかなりの事が可能であり、魔法・罠カードの役割はモンスター効果でカバーできない部分のフォローとなる。

シャドール関連の魔法・罠カード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 《影依融合》を毎ターン発動してアドバンテージを稼ぐ。
 《影依融合》自体は1ターンに1度しか使えないが、融合素材として墓地へ送ったシャドールアドバンテージを得られる。
 デッキからの融合であれば《影依融合》発動するたびに2枚のアドバンテージが獲得でき、物量差で相手を圧倒できるだろう。

 それだけに、アドバンテージ源兼展開の起点である《影依融合》をいかに素早く手札に加えるかが重要。
 《シャドール・ヘッジホッグ》リバースした場合の誘発効果の他、一旦《シャドール・リザード》墓地に落としてから《影依の原核》で回収、といったルートが考えられる。

デッキの種類

 現在は《エルシャドール・ネフィリム》禁止カードになったことにより下記の2つの型は事実上消滅している。

《竜姫神サフィラ》

 儀式モンスター《竜姫神サフィラ》を使用したデッキタイプ。
 儀式召喚に成功したターンまたは手札デッキから光属性モンスター墓地へ送られターンエンドフェイズ時に、ドローハンデスサルベージのうち1つを使用できる。
 《影依融合》効果デッキから光属性モンスター落とすことで、融合した後に《竜姫神サフィラ》効果で更なるアドバンテージの獲得が行える。
 また、闇属性モンスターである儀式魔人墓地へ送ることで、《竜姫神サフィラ》リリースに使用することもできる。
 特に《儀式魔人リリーサー》相手特殊召喚を一方的に封じる強力なモンスター効果を持つので最優先されるカードである。
 構築は通常の【シャドール】よりも勿論難しいものの、メタ能力が高いのが利点である。

【白黒シャドール】

 《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》を採用することで、カオスモンスターをより特殊召喚しやすくしたデッキタイプ。
 《影依融合》《エクリプス・ワイバーン》シャドールモンスターを使い《エルシャドール・ネフィリム》融合召喚
 その《エクリプス・ワイバーン》《暗黒竜 コラプサーペント》カオスモンスター除外し、《ダーク・アームド・ドラゴン》カオスモンスター手札に加える。
 ランク4のエクシーズモンスターフィニッシャー級の上級モンスターを多数揃えられるため制圧力が高いデッキである。

デッキの派生

 汎用性に富み、各属性との相性も良いカードが多い為、派生デッキも多く作れる。

【列車ドール】

 《エルシャドール・シェキナーガ》レベル10の地属性機械族である事を利用した【列車】との混合デッキ
 詳しくは【列車】を参照。

【ヴォルカニックシャドール】

 《エルシャドール・エグリスタ》を軸にした【ヴォルカニック・バーン】との混合デッキ
 シャドール融合モンスターで制圧する前に相手に展開されていても《ブレイズ・キャノン・マガジン》からの《ヴォルカニック・バックショット》による全体除去で巻き返せる。
 また、上述した様に《ヴォルカニック・バレット》が純粋に《エルシャドール・エグリスタ》融合素材として相性が良い。
 《エルシャドール・エグリスタ》効果により、1回に複数のモンスター特殊召喚してくるペンデュラム召喚に対してのメタも可能。

【占術シャドール】

 相性の良い《聖占術姫タロットレイ》《占術姫コインノーマ》を採用した【占術姫】との混合デッキ
 《聖占術姫タロットレイ》儀式召喚の際にシャドールモンスターを使用することでアドバンテージの損失を抑えられる。
 シャドールモンスターリバースモンスターであるため《聖占術姫タロットレイ》《占術姫コインノーマ》効果に対応し、リバースモンスターサポートカードを共有することができる。
 特に《裏風の精霊》《禁忌の壺》占術姫シャドールモンスターサーチ可能で《シャドール・ビースト》をサーチした場合、レベル合計が9となり《聖占術姫タロットレイ》儀式召喚リリースを補いつつドロー加速できる。
 また、罠モンスター《影依の原核》レベル9なので儀式召喚リリースを1枚で補いつつ墓地シャドール融合カードサルベージが可能。
 占術姫モンスター属性がばらけているため、軸にするシャドール融合モンスタープレイヤーの好みや構築によって変えてやるとよいだろう。

【十二獣シャドール】

 【十二獣】出張要素を取り込み融合召喚墓地肥しを安定・高速化させたタイプ。
 【十二獣】《十二獣モルモラット》1枚から十二獣エクシーズモンスターと任意のランクエクシーズモンスターを並べることができる。(詳しくはこちら
 それを、活かし《十二獣ブルホーン》《月光黒羊》を経由して《融合》サーチ《武神帝−カグツチ》エクシーズ召喚して墓地肥しを行う。
 多くのカードが間接的に《融合》サーチできるため《影依融合》などシャドール融合カードを引けない場合でも融合召喚に繋ぎやすい。
 十二獣カードアドバンテージを稼ぎやすく十二獣モンスター地属性であるため《エルシャドール・シェキナーガ》融合素材の確保も容易。
 また、《月光黒羊》獣戦士族であるため、十二獣モンスター《炎舞−「天キ」》を共有することができる。
 

このデッキの弱点

 墓地に大きく依存したデッキのため、《マクロコスモス》で完封される。
 《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》《王宮の号令》でほとんどのモンスター効果を封印される点も厳しい。
 これらは《サイクロン》《ライトロード・マジシャン ライラ》などで速やかに破壊したい。

 融合召喚を主とするデッキの性質上、《コアキメイル・ドラゴ》《虚無魔人》などによる特殊召喚封じも刺さるので対策をしておきたい。
 また、エクストラデッキに頼らずとも戦える【炎王】【魔導書】などが相手の場合は、思うようにアドバンテージを稼げずジリ貧になりやすい。
 そのようなデッキ特殊召喚の回数が少なくても戦える物も多く、《エルシャドール・ミドラーシュ》刺さらない事もあるので注意が必要である。
 その他、遭遇することは滅多にないが、構築によっては《封魔の呪印》で大きく動きが制限されることもあるのにも注意。

 総じて、地力は非常に高いがメタが刺さりやすいため、トーナメントを勝ち抜くにはサイドデッキの構築がカギを握るだろう。

このデッキの歴史

 登場後、アドバンテージを獲得する能力の高さに加え、特殊召喚メタや展開力の高さまで備えているため、長らく環境のトップデッキの一角を担っていた。

2014/10/01

 《エルシャドール・ミドラーシュ》《エルシャドール・ネフィリム》《堕ち影の蠢き》制限カードとなった。
 この結果、主流デッキから後退することにはなったが、純構築で活躍するだけの力は残されていた。

2015/04/01

 《エルシャドール・ミドラーシュ》制限解除となったものの、《エルシャドール・ネフィリム》禁止カード《神の写し身との接触》《クリバンデット》《マスマティシャン》制限カードとなり大打撃を受ける。
 特に、メインアタッカーと展開の要の役割を兼ねていた《エルシャドール・ネフィリム》禁止カードになった影響は大きく、他の環境デッキから大きく溝を開けられることとなった。
 とは言え、《エルシャドール・ミドラーシュ》制限解除によりデッキメタ性能は向上しており、また持ち前の地力の高さにより他のデッキと組み合わせで真価を発揮する様になった。
 中でも【列車ドール】は高い打点と安定感により、群雄割拠であった夏ごろまでは大会で時折活躍していた。

2015/10/01

 《クリバンデット》《堕ち影の蠢き》準制限カードとなりある程度力を取り戻す。
 しかし、この頃には大会主流デッキの展開力と安定感がこれまで以上に上がっており、環境で目立った働きはできていない。

2016/10/01

 《堕ち影の蠢き》制限解除《神の写し身との接触》《マスマティシャン》制限緩和された。

2017/01/01

 《神の写し身との接触》《マスマティシャン》制限解除された。

代表的なカード

関連リンク

広告