【ジェネレイド】

デッキの概要

 デッキビルドパック ミスティック・ファイターズで登場したジェネレイドを中心とした【レベル9】に該当するビートダウンデッキ
 キーカード《王の舞台》により相手ターンでの行動を得意とし、相手ドローさせる事をメリットに変換できるのが特徴。

《王の舞台/Generaider Boss Stage》
フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):相手ターンに、自分が「ジェネレイド」モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ジェネレイドトークン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を
可能な限り攻撃表示で特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 【レベル9】に属するデッキであるため相性の良いカードはあちらのページも参照にすると良い。

メインデッキモンスターについて

ジェネレイド
 全てレベル9でその種族属性はバラバラであり、同名カードは1体しか存在できない。
 ジェネレイドまたは自身と同種族モンスターに関連した効果、またはそれらをコスト発動する効果を持つ。

 《星遺物の胎導》リクルート効果のためなるべく多くの種類を採用した方が良いが、全体の採用枚数は熟慮が必須。
 後述するが、手札ジェネレイドモンスターが来ると非常に邪魔であり、最悪腐る
 極端な話、初手に1枚もジェネレイドモンスターが来なくとも全く問題はなく、寧ろ場合によっては望ましいとすら言える。
 ただし採用枚数が少なすぎると《王の舞台》《星遺物の胎導》リクルート先が無くなってしまうため、その辺りのバランスの見極めが重要となる。

レベルモンスター
 基本的な特殊召喚しやすいレベルモンスターレベル9に関連した効果を持つモンスターについては【レベル9】を参照のこと。
 ここでは、このデッキと特に相性の良いレベルモンスターを挙げる。

―相性の良いモンスター
 このデッキ召喚権に余裕が持ちやすいのでこれらのモンスター召喚権を割り当てる事も容易い。
 またジェネレイド自体が種族サポートの側面を持つため、各種族の有用なカードを利用できる。
 下記以外にも汎用性の高い効果を持つ下級モンスタータッチ気味に採用しても良いだろう。

エクストラデッキモンスターについて

 【レベル9】と相性の良いモンスターについては下記で簡単に説明するが、詳細については個別ページや【レベル9】を参照のこと。
 エクシーズモンスターでは高い制圧力を持つ《真竜皇V.F.D.》汎用性の高い除去効果を持つ《幻子力空母エンタープラズニル》《無限起動アースシェイカー》あたりが候補。
 シンクロモンスターでは《星遺物の胎導》サーチできる《星杯の神子イヴ》ジェネレイド蘇生できる《浮鵺城》などが適任。
 リンクモンスターでは《星遺物の胎導》リンク召喚しやすくジェネレイドでは対処できない魔法・罠除去を行える《星神器デミウルギア》あたりが使いやすい。
 以下はこのデッキならではの利点を持つモンスターである。

エクシーズモンスター

シンクロモンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

ジェネレイド
 下記以外のジェネレイド魔法・罠カードは癖が非常に強く、採用しなくとも特に支障はない。
 採用するのならば枚数を少なめにして《王の試練》で必要な時にサーチするのが良い。

相手ドローさせるカード
 《王の舞台》リクルート効果自分ターン発動するトリガーとして利用できる。

ジェネレイドトークンを利用するカード
 ジェネレイドトークンは1回のデュエルで大量に生成されるが、通常ではそのターン自壊してしまう。
 下記のカードで各種コストや素材に利用すれば無駄なく活用でき、相対的には大きなアドバンテージを得られる。

―それ以外のカード
 【レベル9】と相性の良いカードについてはあちらのページを参照のこと。
 特に《星遺物の胎導》はフル投入が前提であり、サーチ手段も搭載できればなお望ましい。

戦術とデッキバランス

 《王の舞台》によるリクルートジェネレイドトークンの生成が生命線であり、これが無ければ戦線維持は不可能と言っても過言ではない。
 常にフィールド手札《王の舞台》及びそのサーチカードが用意できる様にデッキバランスを組み、その様にプレイしていきたい。
 確率のページも参照してもらいたいが、40枚デッキで初手に9割以上の確率で《王の舞台》またはサーチカードを握るには合計で1/3程度は投入する必要がある。
 相手の妨害や除去も考慮すると、できる事なら2枚程度は握れるように余裕をもって構築しておきたい。

 デュエル序盤では《氷の王 ニードヘッグ》《剣の王 フローディ》《虚の王 ウートガルザ》のいずれかを出しておき、その効果相手の展開を牽制するのが良いだろう。
 相手ターンが多く回ればその分だけ通常のドロー、即ち《王の舞台》によるリクルートの回数が増えて有利になるため、腰を据えてじっくり戦うつもりでも良い。
 幸いランク9には《真竜皇V.F.D.》《No.92 偽骸神龍 Heart−eartH Dragon》といった高い制圧力により長期戦に持ち込みやすいモンスターも存在する。

 ただし、初手にジェネレイドモンスターが固まってしまった場合は悠長な事を言ってられないため、《鉄の王 ドヴェルグス》効果で一気に展開して短期決戦を仕掛けたい。
 その場合は手札消費が激しくなるため、反撃で突破された時はほぼ負けが確定する諸刃の剣である事は肝に銘じておくべき。

デッキの種類

 このデッキは極端な話《王の舞台》と適当なジェネレイドモンスターさえ投入すれば基本は成立するため拡張性や自由度が高い。
 下記以外にも自分の気に入ったデッキと混合させてみるのも面白いだろう。

【アンデット族】

 《死の王 ヘル》効果が活きる構築。
 中でも魔妖シンクロモンスターは上述した通り《死の王 ヘル》蘇生と相性が良く、《翼の魔妖−波旬》1枚からレベル9の《麗の魔妖−妖狐》が出せるため《星遺物の胎導》の起点にもしやすい。
 それ以外では《ユニゾンビ》《ゾンビキャリア》汎用性が高いチューナーなので投入しやすい。
 特に後者は手札に来てしまったジェネレイドモンスターデッキに戻して《王の舞台》リクルートに繋げられる点でもシナジーする。
 相手ドローさせるカードを多く投入する場合は、主要アンデット族闇属性が多い事を活かしてウイルスを投入してみるのも一興か。

【機械族】

 《鉄の王 ドヴェルグス》効果が活きる構築。
 元々レベル9の機械族特殊召喚が容易なモンスターが多く、特に地属性《緊急ダイヤ》等の使いやすい特殊召喚サポートも存在するため軸に据えやすい(【レベル9】のページも参照)。
 《鉄の王 ドヴェルグス》自身も地属性なので、それらに寄せた構築にすれば手札事故の危険性をかなり減らす事ができる。
 《クリフォート・ゲニウス》サーチ効果もこのデッキならば発動は容易であり、《鉄の王 ドヴェルグス》による手札からの展開ともシナジーする。
 変わった所ではジェネレイドトークン戦闘破壊トリガーとして特殊召喚できる《オレイカルコス・シュノロス》を採用してみるのも面白い。
 ステータス相手フィールドに左右される不安定さはあるが、ジェネレイドトークン自壊しなくなる利点がある。

【天威】幻竜族)軸

 《氷の王 ニードヘッグ》種族サポートを共有でき、《天威の龍仙女》による蘇生で使い回せれば高い制圧力を持てる。
 ほぼ相手ターン専用になるが、ジェネレイドトークンの存在により《天威無双の拳》制圧に貢献できる。
 《天威龍−ナハタ》ジェネレイドトークンステータスを実質3000にするので相手の思惑を崩す形で返り討ちが狙える。
 《天威龍−アーダラ》は1ターン目ならばほぼ確実に特殊召喚できるチューナーであり、シンクロ素材《水晶機巧−ハリファイバー》リンク素材としても有用。
 手札消費が激しいため積極的に狙いたいわけではないが、《天威の拳僧》を経由すれば召喚権を使わず天威2体を並べられるため、手札腐ったジェネレイドアドバンス召喚する事も可能。

【恐竜族】

 《王の舞台》によるジェネレイドトークンの大量生成と《生存境界》との相性の良さに着目した構築。
 リクルートした恐竜族エンドフェイズ自壊してしまうが、効果破壊時や特殊召喚時の効果を持つモンスターならばアドバンテージになる。
 《生存境界》通常罠なので上述した《悪魔嬢リリス》《トラップトリック》サーチも可能である。
 また、《魂喰いオヴィラプター》から《幻創のミセラサウルス》を経由して《ジュラック・アウロ》リクルートすれば《星杯の神子イヴ》シンクロ召喚できるのも利点。

アドバンス召喚

 《連撃の帝王》を使い、ジェネレイドトークンリリースしてアドバンス召喚を行う構築。
 《連撃の帝王》自体は《おろかな副葬》《汎神の帝王》墓地へ送ることでサーチ可能。
 アドバンス召喚は相手ターンに行うため、何らかの耐性や妨害能力に秀でたものを採用したい。

 例として除去能力に秀でた《神獣王バルバロス》、相手限定の特殊召喚封じになる《虚無の統括者》魔法・罠カードを封じる《邪神アバター》星遺物サーチバウンス能力を持つ《星遺物−『星鎧』》 などが挙げられる。
 その他、《天帝アイテール》《光帝クライス》特殊召喚してトークン破壊してドローしたり、相手のカード破壊《便乗》に繋げることができる。
 《轟雷帝ザボルグ》は自身かトークン破壊すればエクストラデッキ破壊でき、《旧神ヌトス》除去《PSYフレームロード・Ω》を落としデッキジェネレイド不足を補うなどの効果を使い分けられる。
 《オシリスの天空竜》攻撃力2000以下のリンクモンスター破壊するため、相手の展開を阻害できる。
 耐性のあるモンスターでは《Kozmo−ダークシミター》《真竜機兵ダースメタトロン》なども候補。

このデッキの弱点

 《王の舞台》への依存度が強すぎるため、マストカウンターが非常に見極めやすいのが最大の弱点。
 極端な話、相手後攻ターン目に発動したリクルート効果《サイクロン》《幽鬼うさぎ》《灰流うらら》等をチェーンされるだけであっさり機能不全に陥る。
 《醒めない悪夢》永続カードで1ターンで何度も除去が可能な上に、ジェネレイドカードでは除去できない点も含めて天敵である。
 相手もこの弱点は把握している可能性が高いため、それらのカード《王の舞台》に集中するのは避けられないのも難点。

 上記のデッキバランスの項目でも述べたが、初手で《王の舞台》にアクセスできなかった場合は初動が大きく遅れる。
 また、手札ジェネレイドモンスターが集まってしまう手札事故も危険である。
 《鉄の王 ドヴェルグス》効果で一気に展開できれば脱却できるが、前提条件として《鉄の王 ドヴェルグス》フィールドに出す必要があり、出せたとしても《無限泡影》などで妨害されればそれまでである。

 魔法カード効果無効化する《王宮の勅命》なども天敵であり、何としても除去しなければならない。
 ただし、魔法カード発動を妨害してくる《ナチュル・ビースト》などは《王の襲来》による発動から突破が狙える。

 総じて、序盤に《王の舞台》効果が通らなければ著しく不利な状況に陥るという事を念頭に置いてデュエルに挑みたい。
 それ以外の弱点となると、ジェネレイドトークン攻撃表示で出るため戦闘ダメージを受けやすい点だろうか。
 《超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ》等の高打点と2回攻撃を備えるモンスターを相手取ると1ターンキルされかねない。
 相手がそれらのモンスターを使用するようならば、トークンの生成を控えたり《真竜皇V.F.D.》攻撃を止める事も考慮したい。

代表的なカード

関連リンク

広告