【ジャンク・ウォリアー】

デッキの概要

 《ジャンク・ウォリアー》効果を最大限に生かし一撃必殺を狙う【ローレベル】ビートダウンデッキ
 基本はレベル2以下の効果モンスターで戦線を固め攻撃を防ぎ、隙あらば《ジャンク・ウォリアー》攻撃力で攻める。

《ジャンク・ウォリアー/Junk Warrior》
シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/戦士族/攻2300/守1300
「ジャンク・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動する。
このカードの攻撃力は、自分フィールドのレベル2以下の
モンスターの攻撃力の合計分アップする。
《ジャンク・シンクロン/Junk Synchron》
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1300/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
《スクラップ・フィスト/Scrap Fist》
速攻魔法
(1):自分フィールドの「ジャンク・ウォリアー」1体を対象として発動できる。
このターン、その自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
以下の効果を適用する。
●相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●対象のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
●相手が受ける戦闘ダメージは倍になる。
●対象のモンスターは戦闘では破壊されない。
●戦闘を行った相手モンスターはダメージステップ終了時に破壊される。

デッキ構築に際して

 《ジャンク・シンクロン》効果によって《ジャンク・ウォリアー》シンクロ召喚自体は容易。
 素早くモンスターを並べて高い攻撃力《ジャンク・ウォリアー》シンクロ召喚し、勝利することが目標となる。

モンスターについて

 切り札の召喚条件であり、即座にレベル5のシンクロ召喚が可能な《ジャンク・シンクロン》は必須であり3枚積みはほぼ確定。
 その他のモンスターは、シンクロ召喚のサポートと、《ジャンク・ウォリアー》攻撃力アップのためのレベル1・2モンスターが考えられる。

魔法・罠カードについて

デッキの派生

【ジャンク・ワイト】

 《カオス・ネクロマンサー》と並び、レベル2以下のモンスターとしては高攻撃力を期待できる《ワイトキング》を使用するデッキ
 優秀なアンデット族サポートを使えることが魅力。
 《ジャンク・シンクロン》通常召喚を行っていても《馬頭鬼》などで蘇生し、1ターンキルできる状況を作りやすい。
 こちらも墓地肥やしギミックが必要なので、《カオス・ネクロマンサー》を取り込むこともできる。

【狸ジャンク】

 《ジャンク・ウォリアー》と相性のいい《No.64 古狸三太夫》とのコンボを狙う。
 どちらの素材にもなる獣族レベル2のモンスターを多く採用したい。
 《魔獣の懐柔》によってエクシーズ素材墓地へ送るモンスターを揃えられ、相性が良い。
 《素早いモモンガ》《子狸ぽんぽこ》《ライトロード・ハンター ライコウ》などが扱いやすい。
 《ジャンク・シンクロン》の釣り上げに合わせて《地獄の暴走召喚》を使えば瞬時に素材を揃えられる。

【戦士族】型(【不死武士シンクロ】)

 戦士族で統一し、《一族の結束》《不死武士》を採用したもの。
 《一族の結束》《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》で合計攻撃力は7900となる。
 《不死武士》の存在により《ジャンク・デストロイヤー》シンクロ召喚も容易になっている。
 場合によっては、《連合軍》の強化値が《一族の結束》を上回るので併用するのも一興か。

【ジャンク・シンクロン】

 一撃必殺の《ジャンク・ウォリアー》を狙わず、シンクロ召喚先を広げたデッキ
 安定性の低いコンボカードを極力避ける事で、事故率の軽減が計れる。
 さらに《ジャンク・サーバント》《ジャンク・フォアード》を併用することで、レベル6以上のシンクロモンスターも出しやすくなる。
 特に、《ドッペル・ウォリアー》を積んだ型は【ジャンクドッペル】とも呼ばれる。

このデッキの弱点

 シンクロモンスターを活用するデッキの宿命として特殊召喚メタに凄まじく弱い。
 《昇霊術師 ジョウゲン》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《大天使クリスティア》などを出されるとシンクロ召喚はおろか、《ジャンク・シンクロン》効果すら無力化される。
 さらに《スキルドレイン》モンスター効果を封じられると勝つ道はかなり狭まる。

 そしてこのデッキの最大の弱点はローレベル=低ステータスであるという点。
 上記のように何か封じられてしまうと、単体で挽回するのは難しい。
 《昇霊術師 ジョウゲン》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》すら戦闘破壊は困難になる恐れがある。
 幸い、モンスター効果無効化されてもチューナーとしては機能するため、シンクロ召喚は可能。
 しかし効果を封じられた低ステータスモンスターを2体並べるのに苦労するだろう。
 《サンダー・ブレイク》《王宮のお触れ》カウンター罠積むのが現実的な対処法だろう。

関連リンク

広告