【ジャンク天使】

デッキの概要

 このデッキは、《ジャンク・アタック》を装備した相手モンスター《シャインエンジェル》《コーリング・ノヴァ》自爆特攻を行うことによる効果ダメージと、戦闘ダメージや更なる効果ダメージを与えて勝利を狙うというものである。
 フィニッシャーには【天空の聖域】でも採用されるモンスターを使うため、デッキ構成は似たようなものになるが、あちらが主にライフゲインによる戦術なのに対し、こちらではバーン中心という真逆の戦術になる。

《ジャンク・アタック/Junk Barrage》
装備魔法
装備モンスターが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、
破壊したモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与える。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

デッキの種類

 どのモンスターフィニッシャーとするかで構築も異なる。
 複数採用も可能ではあるが、それぞれ勝利手段が違うので安易に組み込むのは事故の元である。

《力の代行者 マーズ》

 《シャインエンジェル》《コーリング・ノヴァ》自爆特攻後、そのままリクルートできる《力の代行者 マーズ》フィニッシャーにするタイプ。

 自爆特攻する前のお互いライフが同じだった場合、《力の代行者 マーズ》攻撃力守備力は4200という破格の数値になる。
 ただし、自爆特攻からリクルートする場合、相手フィールド上にモンスターが存在するわけなので1ターンキルは狙いにくい。
 しかし、元々《力の代行者 マーズ》魔法効果を受けない上に、自爆特攻によるライフ・アドバンテージのおかげで高ステータスになりやすく場持ちが良くなるため、無理に1ターンキルを狙う必要は無い。
 それでも狙うのであれば、《オネスト》《ニトロユニット》を併用したい。
 《オネスト》天使族サポートカード《ニトロユニット》装備魔法サポートカードが共有可能である。

 また、【天空の聖域】の《力の代行者 マーズ》軸《天空の泉》を使ったコンボと共存できる。
 《ジャンク・アタック》《天空の泉》がほぼ同じ役割を果たしており、互いが互いの枠を補い合う形になるからである。
 なお、《天空の泉》効果を使うと《ジャンク・アタック》不発となってしまうため、共存はできるが併用はできないことに注意。

《アテナ》

 《ジャンク・アタック》《アテナ》バーン効果を重ね、急速に相手ライフを減らすタイプ。

 リクルーター自爆特攻1回が1300ダメージになるため、リクルーター自爆特攻後に別のモンスターを出すことで1300×6+600=8400ダメージとなり1ターンキルが成立する。
 また、以下のようにすることでダメージのかさ増しが可能なため、リクルーターデッキに揃っていない場合でも8000ダメージに届くことがある。

 このタイプでは、必ずしも《天空の聖域》は必要ではなくなるが、代わりに《天空の聖域》よりサーチ手段に劣る《アテナ》とその展開サポートが必要となる。
 ドローソースを多数用意するのも良いが、《アテナ》より先にリクルーター手札に来てしまっては元も子もない。
 そのため、《封印の黄金櫃》サーチしたり、《おろかな埋葬》などで墓地へ送った後にサルベージまたは蘇生したりする方が良いだろう。
 また、《封印の黄金櫃》除外した後、手札に来るのを待たずに《奇跡の光臨》帰還させてしまう方法もある。

その他

 手札リクルーターデッキ戻すライフ回復ドローの3つが行える【やりくりターボ】を搭載する手もある。
 ただし、これは事故率が上がる可能性があるので、選択は慎重にしたい。
 他には、ライフ・アドバンテージを稼ぎやすい性質を活かし、《裁きの代行者 サターン》によるバーンで勝利を狙うのも面白い。

このデッキの弱点

 リクルーター自爆特攻がメインのため、《次元幽閉》等の攻撃反応型罠カードには気をつけたい。
 さらに《マクロコスモス》等の全体除外カードがある場合、完全に何もできなくなる。
 それらの対策として、魔法・罠除去カードを多めに採用することをお勧めする。

 自爆特攻をする相手が出されにくいロックデッキバーンデッキ相手には苦しい戦いとなりやすい。
 前者には魔法・罠除去で、後者にはこのデッキともシナジーがある《レインボー・ライフ》などで対策したい。

 バーンデッキの天敵である《マテリアルドラゴン》《デス・ウォンバット》リクルーターでは倒せない上に、前者には破壊効果も無効化される。
 そのため、《強制脱出装置》破壊以外のモンスター除去も欲しいところ。

 また、フィニッシャーに頼りすぎていると、手札事故を起こした場合やフィニッシュを止められた場合に勝つ手段がなくなってしまうので、デッキコンセプトを崩さない程度に他のモンスターも入れておくべきだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告