【ダーク・ガイア】

デッキの概要

 《E−HERO ダーク・ガイア》キーカードとした悪魔族岩石族の2種族混合デッキ
 《ダーク・フュージョン》もしくは《ダーク・コーリング》を使用するが、一般的な【E−HERO】と異なる部分が多く独自の構築となる。

《E−HERO ダーク・ガイア/Evil Hero Dark Gaia》
融合・効果モンスター
星8/地属性/悪魔族/攻   ?/守   0
悪魔族モンスター+岩石族モンスター
このカードは「ダーク・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードの元々の攻撃力は、
このカードの融合素材としたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
このカードの攻撃宣言時、相手フィールド上に
守備表示で存在する全てのモンスターを表側攻撃表示にできる。
この時、リバース効果モンスターの効果は発動しない。

デッキ構築に際して

 《E−HERO ダーク・ガイア》融合召喚には《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》が必須で、モンスターの構成も融合素材となる悪魔族岩石族が中心。
 2種族の投入比率、下級モンスター上級モンスターの投入比率には注意。
 【悪魔族】【岩石族】もそれぞれ参照すると良い。

悪魔族モンスターについて

岩石族モンスターについて

魔法・罠カードについて

 《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》以外の必須カードは無く、ある程度自由な選択が可能。
 《E−HERO ダーク・ガイア》融合召喚攻撃の妨害を対策するカードや、キーカードを揃えるのにデッキ回転させるカードを採用すると良い。
 《融合徴兵》は比較的幅広い融合素材サーチできるので採用しておくと良いだろう。

デッキの種類

 《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》融合素材の取り扱いが異なり、相性の良いカードも変わる。

《ダーク・フュージョン》

 フィールド上のモンスター融合素材にでき、《ジャイアントウィルス》等のリクルーターや、《ゴゴゴゴーレム》等の耐性効果持ちは相性が良い。
 《冥府の使者ゴーズ》《ジェムナイト・パール》等、比較的採用率の高いモンスターコントロール奪取して融合素材にも出来る。
 《ダーク・フュージョン》で1ターン限りの対象耐性が付加され、相手伏せカードをある程度気にせず攻撃可能。

《ダーク・コーリング》

 墓地モンスター融合素材にでき、融合素材手札コストに使う事や、除外した融合素材《闇次元の解放》《化石岩の解放》等で帰還させる事も可能。
 融合素材《おろかな埋葬》等でピンポイントに墓地へ送る方法や、《メタモルポット》《手札抹殺》等で手札交換しつつ墓地へ送る方法が考えられる。
 後者は《ダーク・コーリング》手札加える事が比較的容易。
 《悪魔の嘆き》《岩投げアタック》を多く積めば種族比を多少偏らせても問題は小さくなる。

複合型

 《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》を両方3枚投入すると手札事故を起こしやすいが、1ターンキルを狙う場合、合計3枚投入では初手6枚に含まれる確率が4割弱しか無い。
 《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》コンボ《E−HERO ダーク・ガイア》を2体並べれば、《E−HERO ヘル・ゲイナー》等に頼らず1ターンキルが可能。

デッキの派生

【E−HERO】

 E−HERO融合素材にする場合、E・HERO融合素材E−HERO融合モンスターが中心の物とはまた違ったタイプの構築が可能。
 《E−HERO ダーク・ガイア》融合召喚出来ない時の事を考え、《E−HERO マリシャス・デビル》も視野に入れるのも良い。

1ターンキル特化型

 最大攻撃力重視で、《絶望神アンチホープ》《邪神ドレッド・ルート》《幻魔皇ラビエル》《ダークネス・ネオスフィア》《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を採用した形。
 手札融合素材モンスター2種類と《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》が揃っていれば、攻撃力4000超の《E−HERO ダーク・ガイア》を2体並べて1ターンキル出来る。
 《E−HERO ヘル・ゲイナー》効果により、《E−HERO ダーク・ガイア》2回攻撃1ターンキルも可能だが、高い攻撃力の分手札事故も特に起こりやすいのが難点。

【帝コントロール】

 《E−HERO マリシャス・エッジ》《地帝グランマーグ》《邪帝ガイウス》が主力のデッキ《ダーク・コーリング》を投入し、切り札として《E−HERO ダーク・ガイア》を運用する。
 やや手札事故に陥りやすいが、アドバンス召喚によって失われたアドバンテージを取り戻しやすく、除去ビートダウンを両立させやすいため、安定して戦線を維持しやすい。

【デミスガイア】

 悪魔族《デーモン・ソルジャー》岩石族磁石の戦士等の通常モンスターを採用し、これらを《高等儀式術》墓地へ送った《ダーク・コーリング》墓地融合する。
 上記の組み合わせで融合召喚した《E−HERO ダーク・ガイア》の方が《デビルドーザー》より攻撃力が高く、《終焉の王デミス》融合素材に出来る。

【カオスゲート】

 《名推理》《モンスターゲート》墓地肥やしを行い、《ダーク・コーリング》墓地融合する。
 《E−HERO ダーク・ガイア》の名前をもじって【ガイアゲート】と呼ばれる事もある。
 《モンスターゲート》リリース融合素材として《トーチ・ゴーレム》等を活用する。

【ゴーレム】

 《トーチ・ゴーレム》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》《地球巨人 ガイア・プレート》等のレベルモンスターを投入し、《トレード・イン》《手札断殺》等で手札交換し、《ダーク・コーリング》墓地融合する。
 素早く1ターンキルのパーツを集められるが、それ相応に手札事故に陥りやすい。

【虚無パキケ】型

 《虚無魔人》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》特殊召喚を封じ、それらが破壊された場合は《E−HERO ダーク・ガイア》で切り返し、また特殊召喚を封じていく。
 性質上【メタビート】に近い形になり、特殊召喚を多用する相手には有利に戦える反面、必要な時に《E−HERO ダーク・ガイア》融合召喚しにくいのが難点。

【コアキメイル】

 《死霊騎士デスカリバー・ナイト》《コアキメイル・ガーディアン》《コアキメイル・サンドマン》《コアキメイル・ウォール》《コアキメイル・オーバードーズ》を採用した形。
 こちらも【メタビート】に近い形になり、後者4枚は《コアキメイルの金剛核》サーチ可能。

このデッキの弱点

 《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》発動を妨害する【パーミッション】系のデッキビートダウンにかなり強い【メタビート】系のデッキに弱い。
 《霊滅術師 カイクウ》等の除外封じも苦手で、カード除外を封じられると《ダーク・コーリング》発動出来ない。
 他には《E−HERO ダーク・ガイア》コントロール奪取や、《エフェクト・ヴェーラー》《オネスト》等の手札誘発も苦手。

その他

代表的なカード

関連リンク

広告