【ダイナミスト】

デッキの概要

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場したダイナミストを中心とした【ペンデュラム召喚】デッキ
 ダイナミストは全てペンデュラムモンスターであり、耐性に関したペンデュラム効果も備えているため粘り強く戦えるのが特徴である。

《ダイナミスト・プテラン/Dinomist Pteran》
ペンデュラム・効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻1800/守1200
【Pスケール:青3/赤3】
(1):このカード以外の自分フィールドの
「ダイナミスト」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを破壊できる。
【モンスター効果】
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
デッキから「ダイナミスト」カード1枚を手札に加える。
《ダイナミスト・チャージ/Dinomist Charge》
永続魔法
「ダイナミスト・チャージ」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「ダイナミスト」モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、「ダイナミスト」カードが
フィールドから自分のエクストラデッキに表側表示で加わった場合に発動する。
そのカード1枚を手札に加える。
《ダイナミスト・ラッシュ/Dinomist Rush》 
通常罠
「ダイナミスト・ラッシュ」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「ダイナミスト」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは他のカードの効果を受けず、
エンドフェイズに破壊される。
《ダイナミスト・ハウリング/Dinomists Howling》
永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「ダイナミスト」Pモンスターを2体まで
選んで自分のPゾーンに置くことができる。
置いた場合、次のターンの終了時まで、自分は「ダイナミスト」モンスターしかP召喚できない。
(2):このカードが既に魔法&罠ゾーンに表側表示で存在する場合、
1ターンに1度、自分フィールドの「ダイナミスト」モンスター1体をリリースし、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

デッキ構築に際して

 【ペンデュラム召喚】の一種であるため、そちらと相性の良いカードならば採用候補となる。
 また、水属性機械族に対してのサポートカードも採用したい。

モンスターカードについて

ダイナミスト
 属するモンスターは全て水属性機械族レベル4か5のペンデュラムモンスターであり、ペンデュラムスケールも3か6に統一されている。
 ペンデュラムスケール3には破壊の身代りになるペンデュラム効果が、ペンデュラムスケール6には自身を身代りにして対象にとる効果無効にするペンデュラム効果がある。

―相性の良いペンデュラムモンスター
 ダイナミストレベル4と5に集中しているため、ペンデュラムゾーンに置くことを考えるならばペンデュラムスケール3以下または6以上のカードが望まれる。
 一方でモンスターとしての使用が中心ならば、レベル4か5にしておくとペンデュラム召喚が行いやすい。

―それ以外で相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

エクシーズモンスター
 ランク4と5(及びそこから繋げられるモンスター)が中心となる。
 ダイナミストが比較的強固な耐性を持っている事や、墓地に落ちてしまうと回収手段があまりない事から、ダイナミストで突破できない破壊対象を取らない除去、または高攻撃力に強いモンスターを採用したい。

シンクロモンスター

リンクモンスター
 ペンデュラム召喚を軸とするこのデッキにとっては安定したリンクマーカーの確保が重要な課題となるため、エクストラデッキには用意しておきたい。
 基本的には下向きのリンクマーカーを持つものを採用することになるだろう。

魔法・罠カードについて

ダイナミストサポートカード

―それ以外で相性の良いカード

戦術

 《ダイナミスト・チャージ》《ダイナミスト・プテラン》で必要なカードサーチし、レベル4と5のペンデュラム召喚が常に行える状態を保つように努める。
 ダイナミスト自体のステータスはあまり高くないので、《ダイナミックP》などで戦闘を優位に進めるか、エクストラデッキモンスターで適宜対処したい。

 ダイナミスト共通のペンデュラム効果により効果による除去にはそれなりに強いのだが、ペンデュラム召喚ができなくなると逆に自分の首を絞めることになりかねない。
 手札発動できるペンデュラムモンスターがあれば良いのだが、無い場合には使わずに残しておいた方が良いことも多い。
 《ダイナミスト・ラッシュ》を作ったり《激流葬》全体除去を行うなど、防御はそれなりに用意しておきたい。

このデッキの弱点

 【ペンデュラム召喚】に通じるため弱点も基本的に似通っており、除外特殊召喚メタ魔法カードの妨害などに弱い。
 機械族の宿敵である《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》には強いのだが、《システム・ダウン》は天敵。
 水属性メタ《ダイヤモンド・ダスト》ペンデュラム召喚で盛り返すこともできるが、展開した瞬間を狙われた場合には攻め手が1ターン遅れることになる点には注意したい。
 また、メインデッキの打点が少々不足気味であるため、エクストラデッキメタを受けた場合に戦闘で劣勢になりやすい点も気を付けたい。

代表的なカード

関連リンク

広告