【ダイナレスラー】

デッキの概要

 恐竜族統一カテゴリダイナレスラーを中心とした【恐竜族】系列のビートダウンデッキ
 一部のカードは「モンスターの数が自分フィールドより相手フィールドが多い場合」という条件で利用できる効果を持つのが特徴。

《ダイナレスラー・パンクラトプス/Dinowrestler Pankratops》
効果モンスター(準制限カード)
星7/地属性/恐竜族/攻2600/守   0
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドの「ダイナレスラー」モンスター1体をリリースし、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
《ワールド・ダイナ・レスリング/World Dino Wrestling》
フィールド魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ダイナレスラー」モンスターが存在する場合、
お互いのプレイヤーはバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。
(2):自分の「ダイナレスラー」モンスターの攻撃力は、
相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ200アップする。
(3):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ダイナレスラー」モンスター1体を特殊召喚する。

デッキ構築に関して

メインデッキモンスターについて

ダイナレスラー
 《ダイナレスラー・カパプテラ》以外は地属性《ダイナレスラー・コエロフィシラット》以外は守備力0で統一されている。

―相性の良いモンスター
 下記以外にも《魂喰いオヴィラプター》《幻創のミセラサウルス》《究極伝導恐獣》《ディノインフィニティ》《ジャイアント・レックス》等の汎用恐竜族は勿論相性が良い。
 それらについては【恐竜族】を参照のこと。

エクストラデッキについて

ダイナレスラー
 《ダイナレスラー・テラ・パルクリオ》以外は戦闘時の魔法・罠カード発動の封殺、他のモンスター戦闘から守る効果を持つ。

―相性の良いモンスター

魔法・罠カードについて

ダイナレスラーサポートカード

恐竜族サポートカード

―それ以外で相性の良いカード

戦術

 自分フィールドより相手フィールドモンスター数が多い場合という条件で使える効果が複数ある事からも劣勢からの巻き返しは比較的得意。
 (とは言え、あまりにも相手フィールドのカードが多いとそのまま制圧されて敗北するので限度はあるが。)
 兎にも角にも、《ダイナレスラー・パンクラトプス》フィールドに出しておき、あちらの効果である程度戦況をコントロールできる様にしておくのが重要となる。
 できる事ならば自分ターンでは他のダイナレスラーコストにして除去を行い、相手ターンでも除去が可能な状態を作ってターンを回したい。
 可能ならば《ナチュル・ビースト》ランクエヴォルカイザーと並べて固い盤面を作れれば理想。

弱点

 《ダイナレスラー・パンクラトプス》を始めとして除去の多くが破壊なので、破壊及び対象耐性または破壊された場合の効果を持つカードは苦手。
 《ダイナレスラー・カパプテラ》エクストラデッキの汎用モンスターで補いたい。
 逆に自分ダイナレスラー破壊以外の除去が苦手なので、起動効果破壊以外の除去を持つモンスターが出てきた場合は真っ先に《ダイナレスラー・パンクラトプス》除去したい。

 少数精鋭あるいはモンスターを積極的に出してこないデッキも難敵であり、こちらの利点が活きずジリ貧となる。
 守備力0が多いため表示形式変更や貫通にも弱く、特に《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》は即死ダメージを与える上に《ダイナレスラー・パンクラトプス》でも処理できない天敵となる。

主なカード

関連リンク

広告