【ティンダングル】

デッキの概要

 闇属性悪魔族で統一されたティンダングルを中心とした、リンク召喚ビートダウンデッキ
 リバースモンスターを主軸とし、墓地を肥やしながら大型モンスターを展開する。

《ティンダングル・エンジェル》
リバース・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 500/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「ティンダングル・エンジェル」以外のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。
この効果が相手ターンのバトルフェイズに発動した場合、
さらにそのバトルフェイズを終了する。
《ティンダングル・ハウンド》
リバース・効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2500/守   0
(1):このカードがリバースした場合、 
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 
このカードの攻撃力は対象のモンスターの元々の攻撃力分アップする。 
その後、対象モンスターを裏側守備表示にする。 
(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、 
そのモンスターとリンク状態になっているモンスターの数×1000ダウンする。 
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、 
フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。 
そのモンスターを表側守備表示にする。 
《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/悪魔族/攻   0
【リンクマーカー:上/左下/右下】
「ティンダングル」モンスター3体
(1):自分の墓地に「ティンダングル・ベース・ガードナー」を含む「ティンダングル」モンスターが3種類以上存在する場合、
このカードの攻撃力は3000アップする。
(2):このカードの攻撃力は、
このカードのリンク先の「ティンダングル」モンスターの数×500アップする。
(3):このカードが攻撃宣言したバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分フィールドに「ティンダングルトークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ティンダングル

―相性の良いリバースモンスター

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

ティンダングル

―その他相性の良いモンスター

魔法・罠カードについて

ティンダングルサポートカード

リバースモンスターと相性の良いカード

墓地を肥やせるカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 リバースモンスターによって盤面を整え、《ティンダングル・ハウンド》《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》の高攻撃力ビートダウンする。
 サーチ蘇生などで墓地を利用することが多いため、墓地を肥やすことが重要となる。

デッキの種類

【芝刈りティンダングル】

 デッキ枚数を上限の60枚にすることで、《隣の芝刈り》による大量墓地肥やしを狙う構築。
 《ティンダングル・ドロネー》ティンダングルモンスターを共に墓地に落とし、蘇生による大量展開を行う。
 《ナーゲルの守護天》《オイラーサーキット》墓地へ送ることでサーチに繋がるので相性が良い。
 ティンダングル関連のカードだけでは足りないため、《妖精伝姫−シラユキ》《ブレイクスルー・スキル》等の墓地発動できるカードを増やすことになる。

デッキの派生

【クローラーティンダングル】

 レベル2のリバースモンスターを主体とする【クローラー】との混合デッキ
 《星遺物の傀儡》の、裏側守備表示への変更効果発動可能となる。

【シャドールティンダングル】

 闇属性リバースモンスターを主体とする【シャドール】との混合デッキ
 闇属性サポートを共有でき、デッキ融合による墓地肥しが可能。

【ライトロードティンダングル】

 高速で墓地肥しができる【ライトロード】との混合デッキ
 ライトロード光属性のため、カオスも採用可能になる。

このデッキの弱点

 墓地を活用することが非常に多いため、《マクロコスモス》を始めとした墓地除外は天敵。
 ティンダングルには除去手段がほとんどなく、ロックデッキ破壊耐性を持つモンスターとは相性が悪い。
 特に《スキルドレイン》ティンダングルだけでは除去できないため、別途魔法・罠カード除去が必要となる。
 リバースモンスターが主軸となるので、展開速度には若干難があり、高速デッキには盤面を整える前に押し切られる危険性がある。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告