【デステニーライダー】

デッキの概要

 【D−HERO】【光と闇の竜】の複合デッキ
 D−HEROサポートカードリリースを確保し、《光と闇の竜》ビートダウンを行う。
 《光と闇の竜》蘇生効果《D−HERO ディスクガイ》ドロー効果も最大限に活かせる。

《光と闇の竜/Light and Darkness Dragon》
効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
このカードは特殊召喚できない。
このカードの属性は「闇」としても扱う。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。
この効果でカードの発動を無効にする度に、
このカードの攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。
このカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
自分フィールド上のカードを全て破壊する。
選択したモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。
《D−HERO ディスクガイ/Destiny HERO - Disk Commander》
効果モンスター (制限カード)
星1/闇属性/戦士族/攻 300/守 300
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
このカードは墓地へ送られたターンには墓地からの特殊召喚はできない。
(1):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
《デステニー・ドロー/Destiny Draw》
通常魔法
(1):手札から「D−HERO」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

デッキ構築に際して

 【光と闇の竜】の構築を元に【D−HERO】の要素を加える。
 【E・HERO】【アドバンス召喚】も参考にしたい。

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

デッキの派生

【ディスクライダー】

 《D−HERO ディスクガイ》特殊召喚に特化したデッキだが、明確な区別はなく、こちらを【デステニーライダー】と呼ぶこともある。
 後に登場した《ディスクライダー》とは無関係である。

このデッキの弱点

 基本的な弱点は【光と闇の竜】と同様である。

 特有の弱点としては、ドローソースを多量に積むため、デッキ切れを起こしやすい点が挙げられる。
 《光と闇の竜》の天敵である永続効果持ち、特に《マシュマロン》などの戦闘破壊耐性持ちは、対処に手間取ると危険である。

 元々、除外を苦手とするデッキだが、【D−HERO】が加わる事でその傾向はより強まる。
 《マクロコスモス》などの全体除外カードは、素早く処理できるよう対策が必要である。

 また、D−HEROを軸とした構築のため、全体的に攻撃力の水準が低い。
 これの対策であった《死のデッキ破壊ウイルス》エラッタにより弱体化している。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告