【デミスルイン】

デッキの概要

 《エンド・オブ・ザ・ワールド》儀式召喚する2種の儀式モンスター《終焉の王デミス》《破滅の女神ルイン》を軸とした【儀式召喚】デッキ
 更に、手札およびフィールドにおいて《終焉の王デミス》《破滅の女神ルイン》として扱う儀式モンスターがそれぞれ2種ずつ存在しており、計6種類の「デミス」「ルイン」儀式モンスターがこのデッキの主力となる。

デッキ構築に際して

 上記の通り、このデッキは以下の6種の儀式モンスターが主力となる。

 注意したいのは、「本家」以外の4枚は「手札フィールド」でしか《終焉の王デミス》《破滅の女神ルイン》として扱う効果がない事である。
 つまり、「デッキ墓地《終焉の王デミス》《破滅の女神ルイン》を指定する効果」は、本家《終焉の王デミス》《破滅の女神ルイン》しか受けることができない。
 大変紛らわしいので、本項目では以下のように呼び分けを行う。

メインデッキモンスターについて

儀式モンスター

儀式召喚サポートカード

―その他

魔法・罠カードについて

戦術

 あらゆる方法で儀式魔法儀式モンスターリリースを集め、「デミス」フィールドを一掃して直接攻撃、もしくは《破滅の美神ルイン》2回攻撃して大ダメージ、というとてもシンプルな目標のデッキ
 相手ターンにできる事は少なく、《終焉の覇王デミス》戦闘破壊耐性《破滅の美神ルイン》効果破壊耐性が役立つ程度である。
 その分切り返し能力に優れており、展開させるだけさせておき「デミス」で一掃する、あるいは《破滅の美神ルイン》モンスター越しに5800ダメージを与えプレイヤーの方を倒してしまうといった、豪快な動きが可能。

 《終焉の覇王デミス》ないし《終焉の王デミス》と、儀式モンスターのみを使用して儀式召喚した《破滅の美神ルイン》フィールドに揃えると1ターンキル圏となる。
 「デミス」の効果フィールドを一掃し、「デミス」の直接攻撃《破滅の美神ルイン》2回攻撃で8000超のダメージを与えられる。
 《破滅の美神ルイン》効果破壊耐性があるので、「デミス」より先にフィールドに出ていても問題ない。

 また、《破滅の美神ルイン》攻撃力を1100以上上げるだけで単体で1ターンキルを狙える。
 攻撃表示モンスターへの攻撃でも直接攻撃でも同じダメージを与えられるので、相手フィールドの状況に左右されづらい。
 【サイバー・エンジェル】型では《オネスト》を搭載できるので積極的に狙っていきたい。

デッキの派生

【サイバー・エンジェル】混成型

 儀式モンスターカテゴリであるサイバー・エンジェルを搭載したタイプ。
 サイバー・エンジェルリリースされることで発動する効果を持ち、光属性天使族である事から「ルイン」系列と相性が良い。
 反面、儀式モンスターなので手札からリリースする場面が多くなり、《エンドレス・オブ・ザ・ワールド》との相性はイマイチである。
 《機械天使の儀式》サイバー・エンジェル儀式召喚しておき、それを《ブレイク・オブ・ザ・ワールド》レベル変動を利用してリリース、という動きを狙いたい。

このデッキの弱点

 サーチサルベージを駆使する【儀式召喚】デッキなので、サーチ封じ・特殊召喚封じといったメタカードは一通り有効。
 《ライオウ》が立つと、手札に既に儀式召喚の準備が整っていない限りほぼ何もできなくなる。

 大きな問題と言えるのが制圧力の不足である。
 このデッキ儀式モンスター自分ターンには大暴れできるものの、相手ターン相手の行動に干渉できるような効果を持っていない。
 そのため、相手ターン中は相手の展開を許し放題である。
 そこを切り返し能力の高さで補っているのだが、相手ターン中に上記の《ライオウ》のような制圧カードを出されてしまうと、そもそも切り返しを行うための儀式モンスターを出すのが難しくなってしまう。
 手札誘発効果を持つ儀式モンスターであり、魔神儀手札に加えられる《古聖戴サウラヴィス》の活用など、相手ターン儀式モンスターが生き残りやすいような工夫を行いたい。

関連リンク

広告