【デュアル】

デッキの概要

 デュアルモンスターを中心に据えたデッキ
 デュアルモンスター登場時は、他のデッキと合わせることで使用する目的のカードが多く、統一する意義がなかったため、デッキ構築は困難であった。
 しかしその後サポートカードが増え、単独で強力なデュアルモンスターが出てきている今、戦術の一つとして確立している。
 属性種族はばらばらだが、一部の通常モンスターサポートカードを共有できることが大きな利点である。

《スーペルヴィス/Supervise》
装備魔法
デュアルモンスターにのみ装備可能。
(1):装備モンスターはもう1度召喚された状態として扱う。
(2):表側表示のこのカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを特殊召喚する。
《デュアルスパーク/Gemini Spark》
速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する
レベル4のデュアルモンスター1体をリリースし、
フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊し、デッキからカードを1枚ドローする。
《化合電界/Catalyst Field》
フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分はレベル5以上のデュアルモンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにデュアルモンスター1体を召喚できる。
(3):1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
自分フィールドのもう1度召喚した状態のデュアルモンスター1体を
相手のエンドフェイズまで除外し、対象のカードを破壊する。

デッキの構築に際して

 注意点として、【デュアル】のサポートカード墓地の肥えた状態で威力を発揮するものが非常に多いので、墓地アドバンテージを失うカードは極力投入を避けた方が良い。

 前述の通り他のデッキと組み合わせることで威力を発揮するデュアルモンスターも多いため、構築の幅は非常に広い。
 逆に、このことに加え強力なサポートカードの登場がかなり遅かったために、【デュアル】の基本軸と言えるデッキを特定することは非常に困難でもある。
 そのことを踏まえ、ここではあえて「デッキの種類」を設けず、なるべく幅広く各種カードを解説する。

メインデッキモンスターカードについて

デュアルモンスター

デュアルではないがデュアルをサポートするモンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

デュアルの関連モンスター

―その他相性の良いエクストラデッキモンスター

魔法・罠カードについて

デュアルサポートカード

通常モンスターサポート

―その他のカード

デッキの派生

【ギガプラビート】

 植物族サポートをメインに《ギガプラント》《スーペルヴィス》を採用したビートダウンデッキ
 詳細は当該ページを参照。

【光デュアル】

 デュアルモンスターの中でも特にサポートカードが豊富な《E・HERO アナザー・ネオス》を主軸としたビートダウンデッキ
 詳細は当該ページを参照。

化合獣

 デュアルを中心としたカテゴリ化合獣を使用した【デュアル】の一種。
 全員がデュアルサポートする効果を持ち、それらを駆使ながら切り札《超化合獣メタン・ハイド》に繋ぐ。

モンスターカードについて
 化合獣サポートカード《完全燃焼》1枚しかなく、化合獣は全員がデュアルをサポートする効果を持つ。
 したがって化合獣以外のデュアルとも連携が取りやすい。

エクストラデッキについて

魔法・罠カードについて
 化合獣自体のサポートカード《完全燃焼》1枚のみである。
 属性種族は全く統一性がないため、デュアル通常モンスターサポートカードを中心に採用する。

このデッキの弱点

 墓地に依存するカードが多く、《次元の裂け目》《マクロコスモス》などの強力な除外カードは天敵となる。
 また、《デュアルスパーク》《ダーク・ヴァルキリア》《エヴォルテクター シュバリエ》効果無効化でき、《ギガプラント》《超合魔獣ラプテノス》でも戦闘破壊できない《スターダスト・ドラゴン》は厄介な相手と言える。
 構築次第では完封されることもあり、《強制脱出装置》等、何らかの対策を必ず用意しておきたい。
 ただし、先述のとおり【デュアル】はかなり構築の幅が広く、これらが弱点として働かない構築も可能。

その他

 遊戯王5D's Duel Transerのボスキャラである「スルト」がこのデッキを使用する。

代表的なカード

関連リンク

広告