【トラミッド】

デッキの概要

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場したトラミッドを中心とした【岩石族】デッキ
 専用のフィールド魔法が3種類あり、それらを次々と張り替えて効果を利用するのが特徴。

《トラミッド・ハンター/Triamid Hunter》
効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻1400/守1100
(1):フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに岩石族モンスター1体を召喚できる。
(2):相手ターンに1度、自分フィールドの
「トラミッド」フィールド魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送り、デッキからそのカードとカード名が異なる
「トラミッド」フィールド魔法カード1枚を発動する。
《トラミッド・ダンサー/Triamid Dancer》
効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻 600/守1900
(1):1ターンに1度、自分の墓地の「トラミッド」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻し、自分フィールドの岩石族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):相手ターンに1度、自分フィールドの
「トラミッド」フィールド魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送り、デッキからそのカードとカード名が異なる
「トラミッド」フィールド魔法カード1枚を発動する。
《トラミッド・マスター/Triamid Master》
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1800/守 700
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「トラミッド」カード1枚を墓地へ送り、
フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):相手ターンに1度、自分フィールドの
「トラミッド」フィールド魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送り、デッキからそのカードとカード名が異なる
「トラミッド」フィールド魔法カード1枚を発動する。

デッキ構築に際して

 地属性岩石族モンスター及びそのサポートカードと、フィールド魔法関連のカードが中心になる。

メインデッキモンスターについて

トラミッド
 下級モンスターには、相手ターントラミッドフィールド魔法を張り替える共通効果がある。
 トラミッドフィールド魔法フィールドゾーンから墓地へ送られた場合に発動する効果があるため、これを利用してアドバンテージを稼いでいくのが基本的な動きとなる。

―相性の良い岩石族モンスター

岩石族以外の種族
 岩石族にはチューナーがいないため、シンクロモンスターを採用する場合は必然的に他種族の力に頼る必要がある。
 上記で名前が挙げられた《レスキューラビット》《ギャラクシーサーペント》以外を述べる。

エクストラデッキモンスターについて

 種族縛り属性縛りの構築を意識する場合は、岩石族地属性を優先したい。

エクシーズモンスター
 ランク3・4が中心になりやすい。
 《ブロックドラゴン》《ジェムナイト・ジルコニア》《E−HERO ダーク・ガイア》を採用する場合はランク8も採用圏内となる。

  • 《鋼鉄の巨兵》
    上記と同じ縛りを持つランク3。
    こちらは守りに強い効果ステータスを持ち地属性サポートも受けられるが、如何せん効果が後ろ向きすぎるので優先的に出せるとは言い難い。
    とは言え、押され気味の時には頼もしいになることは間違いないので、少数の採用は十分考えられる。

シンクロモンスター

融合モンスター

魔法・罠カードについて

トラミッド魔法・罠カード

―相性の良い魔法・罠カード

戦術

 トラミッド下級モンスター効果フィールド魔法を張り替えていき、フィールド魔法墓地へ送られた時の効果発動してデッキを回していくのが基本的な動きとなる。
 この効果フィールドに並んだトラミッド下級モンスター1体1体が発動できるため、複数をフィールドに並べれば1ターンに何枚も張り替えられる。
 墓地フィールド魔法が溜まれば、《トラミッド・スフィンクス》自己強化《古代遺跡の目覚め》コストに役立てるので序盤から積極的に狙っていきたい。
 中盤以降にデッキ内のフィールド魔法の数が足りなくなる様ならば、《トラミッド・ダンサー》《古代遺跡の目覚め》効果で回収して流れを途切れさせない様にしたい。

 肝心のアタッカーフィニッシャーに関しては構築によるところが大きく、以下の3つに分かれている。

  1. エクストラデッキモンスターを積極的に使う構築
  2. 魔法・罠カードによるサポートを駆使した強化により下級モンスタービートダウンする構築
  3. メタ効果を中心とした【メタビート】

デッキの種類

【メタビート】軸

 《フォッシル・ダイナ パキケファロ》コアキメイルモンスターといったメタ効果を持つモンスターを中心とした構築。
 トラミッド下級モンスターフィールド魔法を張り替える効果で着実にアドバンテージを稼ぎつつ、適切なフィールド魔法効果で場持ちを良くする。
 《トラミッド・ダンサー》強化《トラミッド・マスター》除去効果を繰り返し使えれば、フィールドはこちらに有利に傾いていくので狙っていきたい。
 特殊召喚メタにはひっかかるが、地属性チューナーナチュルシンクロモンスターを採用するのも良いだろう。
 マッチ戦ではサイドチェンジでこの構築に変化することで、相手の思惑を崩すことも狙える。

このデッキの弱点

 基本的な動きを行う過程で以下のメタカードの影響を全て受けてしまうため、如何にバランスを崩さずに打開策サイドデッキから投入出来るかが鍵となる。

  • 物量作戦
    高速化する現在のOCGの中では速度が緩いデッキであることは否めず、大量展開や除去カードを連発されると対処しきれなくなる。
    速攻を得意とするデッキ相手には初手で基本的な動きを行う過程に繋げることが重要なカギとなる。
    全体で見ても展開速度が遅いデッキではあるのでメタカード等を駆使してスローテンポのゲーム展開に持ち込みたい。

代表的なカード

関連リンク

広告