【トロイメア】

デッキの概要

 FLAMES OF DESTRUCTIONカテゴリ化された、トロイメアを中心としたリンク召喚デッキ
 トロイメアリンクモンスター汎用性の高さにより、高い状況対応力を持つ。
 相互リンク状態によって適用される効果を活用するため、積極的に相互リンクを狙っていくことになる。
 属するモンスターのほとんどがリンクモンスターのため、カテゴリ外のカードの採用が必須となり、構築の幅は非常に広い。

《夢幻崩界イヴリース/Knightmare Corruptor Iblee》
効果モンスター
星2/闇属性/サイバース族/攻   0/守   0
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にし、効果を無効にして、
このカードとリンク状態となるように自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのコントローラーはリンクモンスターしか特殊召喚できない。
(3):このカードが自分フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
《トロイメア・マーメイド/Knightmare Mermaid》
リンク・効果モンスター
リンク1/水属性/悪魔族/攻1000
【リンクマーカー:下】
「トロイメア・マーメイド」以外の「トロイメア」モンスター1体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「トロイメア」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、
さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの相互リンク状態ではないモンスターの攻撃力・守備力は1000ダウンする。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 現状、メインデッキに入るトロイメア《夢幻崩界イヴリース》《オルフェゴール・トロイメア》のみ。
 そのため、メインデッキに採用するモンスターの自由度は非常に高い。
 トロイメアリンクモンスターの性質上、基本的にはリンク召喚のサポートや手札コストによる消費のカバーができるモンスターを採用していくことになる。

トロイメア

―相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

リンクモンスター
※括弧内にリンクマーカーの向きを記載する。

魔法・罠カードについて

トロイメアサポートカード

リンク召喚リンクモンスターサポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 複数種類のモンスターを並べてトロイメアリンク召喚し、リンク召喚時の効果を活用しつつ相互リンクを成立させていく。
 相互リンク状態で適用される効果によって盤面を固めていき、フィールド制圧する。

デッキの派生

 基本的にメインデッキに必須となるのは《夢幻崩界イヴリース》程度なので、高い展開力と余裕を持つデッキなら【トロイメア】の要素をタッチさせる事が可能。

サイバース族軸

 リンク召喚を得意とする【サイバース族】との混合構築。
 詳しくは該当ページを参照。

【トロイメア剛鬼】

 サーチ効果によって手札を維持しやすい【剛鬼】との混合構築。
 詳しくは該当ページを参照。

【グッドスタッフリンク】

 18/07/01以降の環境において一部の大会で結果を出した構築。
 決められたデッキ名は特に無いが、デッキの殆どが汎用カードや各種出張セットで占められるため、【グッドスタッフリンク】と評される事が多い。
 グッドスタッフの売りである安定感の高さが最大の魅力であり、手札事故の可能性を極力落としつつ、先攻ならば1ターン目からの制圧を、後攻ならば1ターンキルを狙いにいく。

 主な出張セットは《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》《水晶機巧−シストバーン》《水晶機巧−ローズニクス》壊獣などが挙げられる。
 レベルモンスターの比率が高いため、《彼岸の黒天使 ケルビーニ》から《ダンディライオン》《水晶機巧−シストバーン》《BF−隠れ蓑のスチーム》等のモンスター墓地へ送る事も可能。
 《テセウスの魔棲物》《水晶機巧−ハリファイバー》を出しやすくする、《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》相手手札誘発に備える等、1ターン目の安定性を高めるため《簡易融合》が積まれる事も多い。

このデッキの弱点

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告