【ドグマブレード】

デッキの概要

 【マジカルエクスプロージョン1キル】の一形態であり、従来のものよりもデッキ枚数は少なく、格段に成功率が高くなっているのが特徴。
 【エアブレード】のギミックを利用したデッキであるために【ドグマブレード】という名称で浸透した。
 しかし、デッキの名称に使われている《D−HERO ドグマガイ》《神剣−フェニックスブレード》デッキの一パーツにしか過ぎず、他にも様々なカードコンボシナジーを利用して1ターンキルの形に持っていくのがこのデッキの特徴である。

 ※08/09/01の制限改訂でデッキの主要パーツが軒並み規制された。
 また、後に性能のエラッタを受けたカードもある。
 《マジカル・エクスプロージョン》制限カードのままであり、《残骸爆破》を併せれば似た動きは再現できるが、かつて利用された無限ループギミックはほとんど崩壊しており、別の手段を用いる必要がある。

 先攻を取り、後攻ターン目で相手ライフを0にすることを狙ったデッキ
 コンボデッキらしからぬ安定性を持つ凶悪な1ターンキルデッキである。

《D−HERO ドグマガイ/Destiny Hero - Dogma》
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻3400/守2400
このカードは通常召喚できない。
「D−HERO」モンスターを含む自分フィールドの
モンスター3体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):この方法でこのカードが特殊召喚に成功した場合、
次のスタンバイフェイズに発動する。
相手のLPを半分にする。
《マジカル・エクスプロージョン/Magical Explosion》
通常罠(制限カード)
自分の手札が0枚の時に発動する事ができる。
自分の墓地に存在する魔法カードの枚数×200ポイントダメージを
相手ライフに与える。

基本戦術 

 先攻を取り、1ターンで可能な限り墓地魔法カードをため込む。
 相手後攻ターン目のスタンバイフェイズ《マジカル・エクスプロージョン》を2枚以上発動させ、合計ダメージが8000を超えれば勝利となる。
 1ターン目に《D−HERO ドグマガイ》特殊召喚できれば、より確実な1ターンキルとなる。

 1ターンの間に大量の魔法カード墓地へ送り、複数の《マジカル・エクスプロージョン》手札に揃える必要がある。
 よって手札デッキ墓地除外ゾーンまで利用し尽くす高度なプレイング技術が必要となる。

 以下に挙げるカードを駆使して、1ターン墓地手札を完成させる。

手札交換

 《デステニー・ドロー》《D−HERO ドグマガイ》《D−HERO ディスクガイ》に対応。
 《トレード・イン》《D−HERO ドグマガイ》《混沌の黒魔術師》に対応。
 共に墓地を肥やしつつ手札交換ができるので強力。
 《手札抹殺》《手札断殺》は基本的にディスアドバンテージになるので多用はできないものの、任意のカード墓地に送れるのは便利。

墓地肥やし

 単に墓地肥やしとしての役割だけでなく《混沌の黒魔術師》《サイバー・ヴァリー》特殊召喚も狙いとなる。
 《モンスターゲート》《D−HERO ドグマガイ》と相性のよい《スケープ・ゴート》を利用するのも良い。
 ただし《スケープ・ゴート》発動した場合は、そのターンは一切の召喚特殊召喚ができなくなるので注意が必要。
 どのモンスターが来ても次の展開につなげられるように構築しておきたい。

魔法カード再利用

 《名推理》《モンスターゲート》墓地へ送られた有効な魔法カードを再利用する。
 手札コスト《神剣−フェニックスブレード》《ハリケーン》による装備魔法の回収で確保する。
 状況によりサルベージするカードは全く違ってくるので経験と高度なプレイングが要求される。

《D−HERO ディスクガイ》蘇生で複数回のドローを狙う

 《E・HERO エアーマン》《増援》《D−HERO ディスクガイ》手札加え、それを《デステニー・ドロー》等で墓地に落とし蘇生する。
 当然蘇生させた《D−HERO ディスクガイ》や装備された《早すぎた埋葬》を再び墓地に送るため、能動的にフィールド上のモンスター墓地に送る《モンスターゲート》等の手段が存在する状態での蘇生が定石。
 その手段が存在しない場合は、ドローしつつ自身の効果で能動的に退場できる《光帝クライス》蘇生させた方がよい。
 なお、蘇生するのは《D−HERO ディスクガイ》《光帝クライス》に限らず、場合によっては《混沌の黒魔術師》《サイバー・ヴァリー》でもよい。
 《アームズ・ホール》により、《早すぎた埋葬》が最大で4回も使用できるため蘇生の機会は多い。

《サイバー・ヴァリー》によるループ

 このデッキで特に大きな役割を果たすのが《サイバー・ヴァリー》《次元融合》である。
 《サイバー・ヴァリー》の2つ目と3つ目の効果をうまく利用し手札を揃えていく。
 《次元融合》により《サイバー・ヴァリー》と共に《混沌の黒魔術師》帰還させることで《次元融合》を回収する。
 これでライフの許す限り《サイバー・ヴァリー》によるループが可能となる。
 《混沌の黒魔術師》《名推理》《モンスターゲート》による特殊召喚、あるいは《封印の黄金櫃》であらかじめ除外しておくと良い。
 なお、《名推理》《モンスターゲート》《マジカル・エクスプロージョン》墓地に落ちてしまった場合には《サイバー・ヴァリー》の3つ目の効果で回収することとなる。

 《光帝クライス》もこのデッキでは使いやすい。
 どこから特殊召喚されても効果発動でき、《早すぎた埋葬》《神剣−フェニックスブレード》とも相性が良いためである。
 他にも《アームズ・ホール》で持ってくることのできる《D・D・R》を忍ばせておくのも有効。

 《D−HERO ドグマガイ》《E・HERO エアーマン》サーチでき、《デステニー・ドロー》《トレード・イン》手札コスト、更に《神剣−フェニックスブレード》コストにもなる。
 余裕があれば召喚しても良いが、《マジカル・エクスプロージョン》一本による1ターンキルを狙った方がデッキは回しやすい。
 上記のカードは、上に記した利用法以外にもシナジーが多いため、手札事故が起こることは少ないだろう。

デッキ構築

 このデッキは他のデッキとは異なり、明確な1ターンキルを目的として構築されるため、派生デッキなどは存在せずデッキの構築はほぼ一通りとなる。
 そのため基本戦術の中で紹介したカードがそのままデッキ構築に必要なカードとなる。
 初手での手札事故を回避するためにモンスターは多く採用せず、デッキの大部分が魔法カードとなる。
 開始1ターンでの勝利が一番の目的となるため罠カード《マジカル・エクスプロージョン》のみの採用が基本となる。

このデッキの弱点

 このデッキに対するメタカードは、以下の四種類に大別できる。
 分類は時系列順、分類内ではおおむね採用率・汎用性順となっている。

  1. 《モンスターゲート》相手ターン手札からカウンターできるカード
    《緑光の宣告者》
  2. 《次元融合》《混沌の黒魔術師》《サイバー・ヴァリー》を使ったループを相手ターン手札から止められるカード
    《D.D.クロウ》《ハネクリボー LV9》
  3. 自分ドローフェイズまでに《D−HERO ドグマガイ》効果発動を阻止できるカード
    《月の書》《皆既日蝕の書》《死者への供物》
  4. 自分スタンバイフェイズまでに《マジカル・エクスプロージョン》手札からカウンターできるカード
    《サイクロン》(下記参照)・《ハネワタ》《痛魂の呪術》《紫光の宣告者》《防御輪》

 汎用性を求めた場合は《D.D.クロウ》《ハネクリボー LV9》などで《D−HERO ディスクガイ》《次元融合》除外が有効である。
 しかし、このデッキ除外ゾーンまでフル活用するため完全な弱点とは言えない。
 ただし《次元融合》除外された場合は《サイバー・ヴァリー》によるループが行えなくなるため、厳しい展開となる。
 また、《サイクロン》ドローフェイズ《マジカル・エクスプロージョン》に対して発動されると《D−HERO ドグマガイ》によるライフ半減前に発動を強要される。
 この場合は2枚目の《マジカル・エクスプロージョン》がなければ勝利が確定しなくなってしまう。

 汎用性を犠牲にした強力な対策はトドメ用の《マジカル・エクスプロージョン》を止める事であり、こうなるとほぼ勝ち目はなくなる。
 《紫光の宣告者》《痛魂の呪術》《防御輪》等が、1ターン目から対策可能な数少ない警戒対象のカードである。
 特に《痛魂の呪術》に関しては、《次元融合》《早すぎた埋葬》の多用によりライフが減っているため文字通り「痛恨」の一撃になるので注意が必要。
 また、《ご隠居の猛毒薬》などで相手が生き延びた場合、自分デッキがない、または消滅寸前の状態なのでそこから勝利することは難しい。
 他にも、先攻を取れなかった場合や開始1ターンで勝負を決められなかった場合に相手《王宮の弾圧》等のメタカード発動されると、ほぼ勝ち目はない。

 なお、デッキ枚数を40枚とし、その中に上記のメタカードを複数投入した場合、初手の5枚にそれらが1枚以上存在する確率は以下の通り。

デッキ投入枚数101112
初手存在率34%42%50%57%64%69%74%78%81%85%

 このデッキに対しマッチ勝利を狙うのであれば、最低でも5枚程度はメインデッキからメタカードの投入が必要になるのが読み取れる。
 勿論、メタカード手札に1枚あっても勝てるとは限らない。あくまで目安である。

その他

 カードプールの増加により生み出された画期的な1ターンキルデッキであったが、その性質上開始直後の勝利を狙う為、相手は文字通り何も出来ず、無抵抗なまま勝負が決することとなる。
 対人ゲームであるカードゲームの中にあって、このデッキに対しては様々な声が上がっていた。
 そのため、このデッキが登場して最初の制限改訂である08/03/01の改訂では、このデッキは規制されて大幅に弱体化するだろうと多くの者が予想した。
 しかし、その改訂でこのデッキは何のダメージも受けず、むしろ《死者蘇生》制限復帰《魔法石の採掘》制限緩和によりデッキが強化されたほどであった。
 ゲーム事情より商売事情を優先した改訂であるという意見もあり、改訂内容を非難する声も多く上がった。

 もっともこのデッキは当時非常に高額だったカードが複数枚必要であったため、誰でも簡単に組めるというわけではなかった。
 3枚積み必須の《アームズ・ホール》をはじめ(一応韓国ではストラクチャーデッキ−恐竜の鼓動−に収録された)《D−HERO ディスクガイ》《デステニー・ドロー》《混沌の黒魔術師》と、挙げればキリがないほど高価なカードが名を連ねる、資金的に構築難易度が非常に高く、出費が嵩み易いデッキだった。
 また、デッキの回し方や妨害への対処を心得ていなければ手詰まりとなる為、構築・プレイいずれも難度が高いデッキである。

 デッキとしての凶悪さでは群を抜く一方、選考会等の実績面では殆ど大成を収めていない。
 その理由として、シングル形式での対戦には滅法強いが、大会等のマッチ形式ではメタを張られやすいという欠点がある。
 このデッキ先攻を取ることを勝利への前提としているため、トーナメント等では安定して勝ち抜けないこともあった。
 【ダムドビート】【ライトロード】の流行によって《D.D.クロウ》をサイド投入したデッキが増えたことで、なかなかコンボが決まらなかったこともその理由である。
 そのため、2008年の選考会では、このデッキが上位を独占するには至らなかった。

 その後、冒頭にある通り08/09/01の改訂でキーカードの粗方が規制されている。

  • TAG FORCE3では、エドが禁止制限無視のデッキにおいてこのデッキを使ってくる。
    しかしTAG FORCE3発売当時のコンピュータでは当然使いこなせるはずがなく、デッキレベルは最低の1となっている。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告