【ネフロード】

デッキの概要

 カードの効果破壊された次のスタンバイフェイズ自己再生する効果を持つ《ネフティスの鳳凰神》《ヴァンパイア・ロード》を軸とするビートダウン
 共に特殊召喚による展開が容易であり、モンスター除去を無力化しつつ、しつこくフィールドに居座り続ける。

 ただしシンクロ召喚エクシーズ召喚から高攻撃力モンスターが容易に召喚され、破壊以外の除去手段も多い現環境では2体とも自己再生の条件を満たしにくく、現在では実戦的とはいえないコンセプトになっている。

《ネフティスの鳳凰神/Sacred Phoenix of Nephthys》
効果モンスター
星8/炎属性/鳥獣族/攻2400/守1600
このカードがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、
次の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。
《ヴァンパイア・ロード/Vampire Lord》
効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻2000/守1500
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言する。
相手は宣言された種類のカード1枚をデッキから墓地へ送る。
また、このカードが相手のカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、
次の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から特殊召喚する。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 《ネフティスの鳳凰神》《ヴァンパイア・ロード》を、いかに早くフィールドに出すかが鍵となる。
 これらをリクルートできる《ネフティスの導き手》《ピラミッド・タートル》キーカードとなるだろう。
 《ネフティスの導き手》に関しては汎用性が低いため、少なめに採用し《見習い魔術師》等からリクルートしても良い。

 《ピラミッド・タートル》を採用するので、《龍骨鬼》《邪神機−獄炎》《魂を削る死霊》等のアンデット族も無理なく採用できる。
 さらに《馬頭鬼》《生者の書−禁断の呪術−》を採用し、《ヴァンパイア・ロード》の戦線復帰を狙うのも良い。

 また、《ネフティスの鳳凰神》効果と相性の良い《黄泉ガエル》も投入を検討したい。
 両方が墓地に存在する場合、同時発生の任意効果なのでどちらを先に発動させるか選べる。
 手札に来てしまった《ヴァンパイア・ロード》リリースや、として活躍するだろう。

 アンデット族が多くなる点に注目し、《ゾンビキャリア》を採用して、シンクロ召喚のギミックを投入する手もある。
 《龍骨鬼》《ヴァンパイア・ロード》から、高レベルシンクロモンスターを自在にシンクロ召喚できる。
 詳しくは【シンクロアンデット】参照の事。

魔法・罠カードについて

 除去効果は失われるものの、リクルート自己再生効果を阻害しない《スキルドレイン》の投入も考えられる。
 相性の悪い除外効果を持つモンスターを封殺できるだろう。
 ただし、この場合は一部のアンデット族が使用できなくなるため、デッキ構築には一考を要する。

 リクルーターが多くなる性質上、《強制転移》での送りつけも狙える。

 攻撃力不足の対策には《収縮》《突進》を入れておけば、最悪《ネフティスの鳳凰神》除去効果が発動する前に使用できる。

戦術

 相手モンスター除去手札腐らせている内に、素早く勝利したい。
 相手《聖なるバリア −ミラーフォース−》《激流葬》を無力化するだけでなく、自分から発動して効果の発動を狙える点も強み。
 特に《ネフティスの鳳凰神》《大嵐》効果を利用したら、次のターンで一気に決着をつけたい。

 【宝玉獣】ロック関連のデッキ相手にした時は、《ネフティスの鳳凰神》を積極的に破壊して行くことが求められる。
 自らの《激流葬》は当然として、《シールドクラッシュ》《ならず者傭兵部隊》《つり天井》等も考えられる。
 《怨念の魂 業火》を使えばこの辺りもフォローできる。

このデッキの弱点

 除外バウンス戦闘破壊には何の耐性もない。
 《邪帝ガイウス》《次元幽閉》、高い攻撃力を持ち容易にフィールドに出せるシンクロモンスター等、どのようなデッキでも採用される天敵は多い。
 また、《大天使クリスティア》等の特殊召喚封じ、《次元の裂け目》《マクロコスモス》等の全体除外カード等を出されると自己再生を封じ込まれてしまう。これらの対策として《砂塵の大竜巻》等は入れておきたい。
 特に《スターダスト・ドラゴン》とは相性が悪く、またこのカードに対するメタカードによって「ついで」で狩られてしまう事もある。
 相性の悪いカードの流行によって、弱体化しやすいデッキである。

代表的なカード

関連リンク

広告