【ノーカオス】

デッキの概要

 【カオス】が全盛だった頃のデッキ分類の一種。
 カオスに頼らないビートダウンであり、デッキ名も「No Chaos」、「カオスモンスターに頼らず、それに対抗する」という意味で名付けられた。
 形式としては混沌を制す者発売前の【スタンダード】の流れを受け継いでいる。

デッキ構築に際して

デッキの派生

【弾圧ワンフー】

 特殊召喚を多用する【変異カオス】への対策を重視したメタデッキ
 《王虎ワンフー》《王宮の弾圧》で、《サウザンド・アイズ・サクリファイス》《スケープ・ゴート》を徹底的に封じる。

《王虎ワンフー/King Tiger Wanghu》
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1700/守1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
攻撃力1400以下のモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、
その攻撃力1400以下のモンスターを破壊する。
《王宮の弾圧/Royal Oppression》
永続罠(禁止カード)
800ライフポイントを払う事で、
モンスターの特殊召喚及び、モンスターの特殊召喚を含む効果を無効にし破壊する。
この効果は相手プレイヤーも使用する事ができる。

 全体的な構築は【地属性】に近く、【変異カオス】の低攻撃力モンスター戦闘破壊できるようハイビート軸に組まれる事が多い。
 アタッカーとして、半上級モンスターである《疾風の暗黒騎士ガイア》が採用されることもあった。
 また《サウザンド・アイズ・サクリファイス》効果による膠着状態を回避するため、《地砕き》《炸裂装甲》積む

 このように理論上は最高の【変異カオス】対策であったが、同時期に流行した【除去ガジェット】に対抗できないため、使用率は今ひとつであった。
 2005年の選考会でも大きな成果は出しておらず、ベスト4に食い込み知名度を上げた【除去ガジェット】とは対照的であった。

【弾圧アビス】

 【弾圧ワンフー】と共に、【変異カオス】を封じるために生まれたメタデッキ
 【アビス・コントロール】《王宮の弾圧》を入れる事で、相手の大量展開を徹底的に封じる。

《アビス・ソルジャー/Abyss Soldier》
効果モンスター
星4/水属性/水族/攻1800/守1300
1ターンに1度、手札から水属性モンスター1体を墓地へ捨て、
フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを持ち主の手札に戻す。
《キラー・スネーク/Sinister Serpent》(※エラッタ前)
効果モンスター(禁止カード)
星1/水属性/爬虫類族/攻 300/守 250
自分のスタンバイフェイズ時にこのカードが墓地に存在している場合、
このカードを手札に戻すことができる。
《王宮の弾圧/Royal Oppression》
永続罠(禁止カード)
800ライフポイントを払う事で、
モンスターの特殊召喚及び、モンスターの特殊召喚を含む効果を無効にし破壊する。
この効果は相手プレイヤーも使用する事ができる。

 《キラー・スネーク》《アビス・ソルジャー》バウンス能力を自在に使い、《サウザンド・アイズ・サクリファイス》を対策した。
 《王宮の弾圧》自分手札に戻して、こちらだけ特殊召喚を行う事も可能。

デッキの変遷

第3期(2002年〜2004年)

第4期(2004年〜2006年)

 これ以降の環境では上述のキーカード規制カードプールの増加やカードパワーのインフレ等に伴い活躍させるのが困難となった。
 また、【カオス】自体が環境で活躍できるデッキではなくなり、そのメタデッキであるこちらも現在は形骸化している。

代表的なカード

関連リンク

広告