【ノーレラス次元】

デッキの概要

 高速で墓地闇属性悪魔族及び光属性天使族モンスター墓地に送り、デッキトップを操作した後《天魔神 ノーレラス》効果で圧倒的有利な状況を作り出し1ターンキルを狙うデッキ

《天魔神 ノーレラス/Sky Scourge Norleras》
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2400/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性・天使族モンスター1体と闇属性・悪魔族モンスター3体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚する事ができる。
1000ライフポイントを払う事で、お互いの手札とフィールド上のカードを
全て墓地へ送り、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
《次元融合/Dimension Fusion》
通常魔法(禁止カード)
2000ライフポイントを払う。
お互いに除外されたモンスターをそれぞれのフィールド上に可能な限り特殊召喚する。
《異次元からの帰還/Return from the Different Dimension》
通常罠(禁止カード)
ライフポイントを半分払って発動できる。
ゲームから除外されている自分のモンスターを
可能な限り自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時にゲームから除外される。

デッキ構築に際して

 《天魔神 ノーレラス》《次元融合》必須カード
 《天魔神 ノーレラス》は必ず3枚投入しよう。

 そして《異次元からの帰還》であるが、2〜3枚程度入れておくといいだろう。
 《次元融合》コストが払えなくなった場合や、相手除外ゾーンにモンスターがある場合などはこちらをデッキトップ戻して使う。
 詳しくは下のプレイングの注意点に記しているので参考にして欲しい。

 次にデッキトップを操作するカードだが、《サイバー・ヴァリー》をオススメしたい。
 ドロー相手の足止めを狙える上、デッキトップにカードを戻す際のコストモンスター除外ゾーンに貯めることが出来る。
 3枚投入しても構わないだろう。
 《鳳凰神の羽根》も1〜2枚入れておくこと。

 さらに《天魔神 ノーレラス》特殊召喚コストとする闇属性悪魔族光属性天使族モンスター
 これがフィニッシャーとなるので、当然ながら攻撃力の高いモンスターを選ぶ。
 レベル8に統一すれば《トレード・イン》墓地肥やしドローを狙える。
 その場合は《暗黒の侵略者》《闇の侯爵ベリアル》《光神機−轟龍》などを入れるといいだろう。
 基本的に闇属性悪魔族光属性天使族なら何でも構わないが、うっかり特殊召喚できないモンスターを選ばないように注意したい。
 下級モンスター《ファントム・オブ・カオス》を入れておきたい。
 闇属性悪魔族でもあり、墓地にある《天魔神 ノーレラス》をコピーしてその効果の代役を果たせる。
 モンスター《手札断殺》《マッド・リローダー》としての《マシュマロン》悪魔族ではないが、他には闇属性悪魔族モンスター墓地へ送る《終末の騎士》などがいいだろう。
 墓地闇属性モンスターが多く貯まるのを活かしてダークモンスターを入れるのもいいかもしれない。

 《手札抹殺》《おろかな埋葬》《メタモルポット》などの墓地を肥やすカードも多く入れておきたい。
 《魔導雑貨商人》《名推理》などでも構わないが、《天魔神 ノーレラス》《ファントム・オブ・カオス》が全て墓地に送られてしまうと困るので、使う場合はデッキバランスをよく考えたい。
 上手く行けば序盤から一気に条件を揃えることが出来る。

 《魔宮の賄賂》も無理なく3枚入れられる。
 手札を増やしても、《天魔神 ノーレラス》捨てれば問題ない。
 またロックカードを使って時間を稼いだりするのもいいだろう。

 08/09/01制限改訂において《次元融合》禁止カードに、14/02/01において《異次元からの帰還》禁止カードに指定されてしまった為、大幅に弱体化してしまった。

 《亜空間物質転送装置》《ワーム・ホール》を代わりに採用する事で構築は一応可能であるが、実戦向きとは言い難い。

戦術

 1ターンキルの手順は、

  1. 《天魔神 ノーレラス》特殊召喚コストである闇属性悪魔族3体、光属性天使族モンスター1体、また《次元融合》もしくは《異次元からの帰還》墓地へ送る
  2. 《次元融合》もしくは《異次元からの帰還》《鳳凰神の羽根》《サイバー・ヴァリー》などで墓地からデッキトップ戻す
  3. 《天魔神 ノーレラス》特殊召喚し、効果手札フィールド上のカードを一掃した後にデッキトップカードドロー
  4. 除外したモンスターカードを一気に並べ総攻撃。

 もしくは

  1. 《天魔神 ノーレラス》《次元融合》もしくは《異次元からの帰還》墓地へ送る
  2. 《次元融合》もしくは《異次元からの帰還》《鳳凰神の羽根》《サイバー・ヴァリー》などで墓地からデッキトップ戻す
  3. 《ファントム・オブ・カオス》召喚し、《天魔神 ノーレラス》効果をコピーして手札フィールド上のカードを一掃した後にデッキトップカードドロー
  4. 除外したモンスターカードを一気に並べ総攻撃。

 となる。
 【最終次元】に近い形のデッキであるが、こちらは相手手札も全て墓地へ送るため、《冥府の使者ゴーズ》《クリボー》の影響を受けない。
 かつ、「捨てる」や「破壊」では無く「墓地へ送る効果である為に暗黒界モンスター《ハネクリボー》効果発動しない。
 つまり一度決まればほぼ確実に1ターンキルを決められるのである。
 しかし、例外として《ネコマネキング》《ネクロ・ガードナー》等が居る。
 前者は採用率が低いため気にすることは無いだろうが、後者は類似カードも少なくなく要注意。
 しかし、唯一特殊召喚されるのは《闇より出でし絶望》であり、墓地へ送る効果でも蘇生される。
 無論、必ず入ってるというわけではないが、守備力3000のができてしまうので、戦闘破壊がしにくくなる。
 《闇より出でし絶望》ほど致命的で無いにせよ、《ダンディライオン》《ネクロ・ガードナー》等他の墓地へ送られた時に発動するカードもある程度警戒しておきたい。
 また《天魔神 ノーレラス》フィールドに出すタイプは召喚条件から、フィニッシャー闇属性悪魔族光属性天使族モンスターに限定される。
 その点には注意したい。

プレイングの注意点

 常に残りライフを意識することが重要。
 《次元融合》を使う場合、《天魔神 ノーレラス》と合わせて3000ポイントのライフが必要になるからである。
 ライフポイントが3000以下の場合は《異次元からの帰還》を使おう。
 しかし《異次元からの帰還》罠カードであるため、相手に1回ドローを許してしまう形となる。
 モンスターカードを引かれて直接攻撃されライフが0になったり、《サイクロン》などで《異次元からの帰還》破壊されると厳しい。
 また相手除外ゾーンにモンスターカードがある場合、1ターンでは相手ライフを削りきることが出来なかったり逆に不利になる可能性がある。
 その場合は《異次元からの帰還》を使うか、《異次元からの埋葬》などで墓地に戻してやるといいだろう。

このデッキの弱点

 除外デッキには苦戦を強いられるだろう。
 《天魔神 ノーレラス》特殊召喚できなくなるためである。
 ただしその場合は除外された上級モンスターたちを《次元融合》などで帰還させればいいので、手も足も出なくなるということはない。
 また《天魔神 ノーレラス》効果《天罰》などで無効にされたり、《王宮の弾圧》などで特殊召喚を封じられてもキツいだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告