【バージェストマ】

デッキの概要

 発動後に水属性水族レベル2の通常モンスター扱いとなる罠モンスターバージェストマを中心としたデッキ
 デッキの多くが罠カードで占められるため【罠ビート】の一種とも言える。

《バージェストマ・アノマロカリス/Paleozoic Anomalocaris》
エクシーズ・効果モンスター
ランク2/水属性/水族/攻2400/守   0
レベル2モンスター×3体以上
(1):このカードは他のモンスターの効果を受けない。
(2):1ターンに1度、罠カードが自分の魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくる。
そのカードが罠カードだった場合、手札に加える。
違った場合、墓地へ送る。
(3):このカードが罠カードをX素材としている場合、
1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンにも発動できる。
《バージェストマ・オパビニア/Paleozoic Opabinia》
エクシーズ・効果モンスター
ランク2/水属性/水族/攻   0/守2400
レベル2モンスター×2
「バージェストマ・オパビニア」の(3)の効果は1ターンに1度しか発動できない。
(1):このカードは他のモンスターの効果を受けない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は「バージェストマ」罠カードを手札から発動できる。
(3):このカードが罠カードをX素材としている場合、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「バージェストマ」罠カード1枚を手札に加える。

デッキ構築に際して

 罠モンスターバージェストマは以下の共通効果を持つ。

(2):罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、
フィールドから離れた場合に除外される

 この効果墓地から自己再生し、アタッカーランク2のエクシーズ素材などに利用してビートダウンを行う。
 必然的に発動条件を満たせる罠カードレベルモンスターが採用されやすい。

 一方、罠カードが多く魔法カードが少ないため1ターン目にデッキを回すことは非常に難しい。
 このため「序盤に引けていれば優秀な働きを見せるが後半になるほど腐りやすくなるカード」を投入する場合、上手く機能するかは初手の引き次第な面が大きい。
 その様なカードを採用しすぎると手札事故の元になりやすいことは念頭に入れておきたい。

メインデッキについて

バージェストマ
 共通効果には気を付ける点が多いため使用の際にはバージェストマのページや裁定を事前に確認しておくのが望ましい。

―相性の良い罠カード
 バージェストマ自己再生トリガーにできるスペルスピード2の通常罠永続罠を多めに採用したい。
 ただ、カウンター罠《バージェストマ・アノマロカリス》の(2)の効果には対応しているためシナジーが無いわけではない。

―相性の良いモンスター

―相性の良い魔法カード
 デッキの特性上魔法カードの採用は必要最低限になりやすい。

エクストラデッキについて

 基本的にはランク2のエクシーズモンスターが中心となる。
 チューナー《融合》を採用すればシンクロモンスター《始祖竜ワイアーム》も採用できるが、自己再生したバージェストマ除外されるため後に響くことになる。
 その場合は《バージェストマ・レアンコイリア》《PSYフレームロード・Ω》墓地に戻して再利用を狙いたい。

バージェストマエクシーズモンスター
 モンスター効果への耐性を持つが、自分モンスター効果も受けないため《キャット・シャーク》《ガチガチガンテツ》強化できない点には注意。

―それ以外のランクエクシーズモンスター

ランク2以外のエクシーズモンスター

シンクロモンスター

戦術

 自己再生したバージェストマエクシーズ素材として利用し、ランク2のエクシーズモンスタービートダウンを行うのが基本的な動きとなる。
 バージェストマフリーチェーンが多く、自己再生効果もあるため、除去はあまり気にせず、序盤から積極的に罠カードセットして相手にプレッシャーをかけたい。
 初動が遅い代わりに長期戦に対しては比較的強いデッキなので、序盤は防御カードで凌ぎつつ《バージェストマ・オパビニア》等で手札フィールド墓地の布陣を整えていきたい。
 ある程度リソースが溜まったところでモンスターを展開し、ランク2のエクシーズモンスターを並べて圧殺できれば理想的。
 《豪雨の結界像》《魔封じの芳香》《王宮の鉄壁》などのロックカード相手次第で大きな効力を発揮するため、《命削りの宝札》で早めに手札に引き込みたいところ。

デッキの派生

【ガエルバジェ】

 《餅カエル》の性能を最大限発揮できる【ガエル】との混合構築。
 バージェストマ及びレベル2の水族フィールドに出して《餅カエル》エクシーズ召喚し、カウンター効果フィールドを制圧する。
 《餅カエル》の(3)の効果で自身をエクストラデッキに回収できるため、除外されない限り継続的に同じ動きを行えるのが何よりの強みである。
 採用するレベル2の水族【ガエル】の方を参照してもらいたいが、基本的に《鬼ガエル》《粋カエル》《魔知ガエル》の3枚は採用しておきたい。
 この構築の場合は罠カードの比率が若干下がり、モンスターカードの比率が若干上がりやすいため、通常の構築と多少動きが異なる点に気を付けたい。

【ヴォルカニックバジェ】

 墓地から除外することで効果発動できる永続罠《ブレイズ・キャノン・マガジン》に着目した【ヴォルカニック・バーン】との混合構築。
 《バージェストマ・マーレラ》《針虫の巣窟》で早々に墓地へ送っておき、適切なタイミングで全体除去を撃ちたい。
 全体除去の弾になる《ヴォルカニック・バックショット》レベル2のモンスターなので手札に来た場合でもランク2のエクシーズ素材に転用できる点も好相性。
 墓地へ送られた《ヴォルカニック・バックショット》通常罠《貪欲な瓶》で回収できれば理想的。
 《バージェストマ・レアンコイリア》除外された《ブレイズ・キャノン・マガジン》墓地戻すこともできるため、再び効果の発動が可能になる。
 ただし《貪欲な瓶》自体は墓地アドバンテージを減らす関係上、このデッキ本来の動きとはややアンチシナジーのため採用枚数は良く考えたい。
 出張程度のギミックならば1回だけ全体除去バーンができれば儲けものくらいに思っておいてもよいだろう。

【ナチュルバジェ】

 墓地へ送られた場合にナチュルカードサーチできる永続罠《ナチュルの神星樹》に着目した【ナチュル】との混合構築。
 詳細はこちらを参照。

このデッキの弱点

 墓地利用と特殊召喚を多用するデッキなのでそれらへのメタには弱い。
 もっとも、永続カードによる妨害ならば《バージェストマ・オレノイデス》《バージェストマ・ディノミスクス》除去できるため対応は可能である。

 それ以上に問題なのが、罠カードそのものへのメタである。
 具体的には罠カード発動そのものを封じる《人造人間−サイコ・ショッカー》セットそのものを封じる《ダーク・シムルグ》等が該当する。
 打点も含めて厄介な存在であり、墓地《ブレイクスルー・スキル》を用意するか《ボルト・ヘッジホッグ》等から《神騎セイントレア》に繋げて処理したい。
 《闇のデッキ破壊ウイルス》罠カード宣言されるのも辛く、後攻ターン目のスタンバイフェイズなどに発動されようものなら手札が根こそぎなくなりかねない。
 この場合、次のターン以降のドローにも影響するため自己再生トリガーになる罠カードそのものがセットする間もなく墓地へ行ってしまい、何もできずに敗北してしまう。
 なお、《王宮のお触れ》も面倒なカードではあるが、幸い罠カード発動自体は可能なのでバージェストマトリガーとしては問題なく、エクシーズモンスターで対処しやすい。

 バージェストマ及びメインデッキモンスターの打点は軒並み低いため、戦力はエクストラデッキに頼りがちになる。
 そのため《轟雷帝ザボルグ》《魔海城アイガイオン》などでエクストラデッキデッキ破壊を受けるのも辛い。
 また、ランク2は打点に関して不安が残るのは否めず、《バージェストマ・ハルキゲニア》が通じない高打点の耐性持ちを相手にすると対応に窮することになる。
 《キャット・シャーク》《アームズ・エイド》等のこちらの打点を高くするカードは必ず用意しておきたい。

 罠カードが多いデッキの宿命ではあるが、初動の遅さは受け入れざるを得ないため、1ターンキルを始めとした速攻デッキ相手にした場合は初手に対応カードが来ることを祈るしかない。

代表的なカード

関連リンク

広告