【ビートバーン】

デッキの概要

 戦闘ダメージ効果ダメージを積極的に併用するビートダウンデッキ
 いかに相手ライフを素早く削りきれるかが、このデッキの命題になる。
 【フィフティ・フィフティ】のように、ギミックの使い分けが大切といえる。

 両者を折衷するのは比較的容易だが、通常のビートダウンデッキよりも息切れが早い。
 戦闘ダメージ効果ダメージの効率を大まかに比較してみる。

デッキ構築に際して

 ビートダウンが基盤となり、効果ダメージも狙えるようにしたデッキなので、火力の選択が重要になる。

 第一に、バーン効果を持つ高攻撃力モンスターが候補となる。
 炎属性にそのようなモンスターが多いが、炎属性で固める場合は【炎属性】の要素を取り入れるのも良いだろう。

 第二に、戦闘に介入できる魔法・罠カードが候補となる。
 攻撃無効にできる《魔法の筒》や、モンスターカードになる《死霊ゾーマ》は相性が良い。
 この2枚は相手直接攻撃を叩きこんだのと同等のダメージが見込めるので、発動できればかなりの相手ライフを削れる。

 他にも、モンスターリリースしてダメージを与える射出効果もこのデッキとは相性がよい。
 バトルフェイズ終了後にモンスターリリースすれば、そのターンに更なるダメージを与えられるからである。(→【キャノンバーン】

 また、貫通効果を持つモンスターダイレクトアタッカーを採用して戦闘ダメージの効率を上げるという手もある。
 それらのカードは、表示形式相手モンスターの有無に関係なく戦闘ダメージを与えるため一種のバーンと言える。

 なお、直接的なダメージではないが、間接的なダメージになる効果も存在する。
 例えば、《エネミーコントローラー》のようなコントロール奪取効果がそれにあたる。
 ボード・アドバンテージを稼ぐことで戦闘ダメージを与えやすくなり、あわよくば直接攻撃も出来るからである。

 いずれにせよ、このデッキカード・アドバンテージを失いやすいカードを多く採用するため通常のビートダウンよりも息切れしやすい。
 いかにして効率良く相手ダメージを与え、ライフを素早く削るかがこのデッキで突き詰める事項と言えよう。

デッキの種類

【炎属性】

 《プロミネンス・ドラゴン》《超熱血球児》効果攻撃力で攻める【ビートバーン】。
 《火霊術−「紅」》を切り札にしてもよい。
 《超熱血球児》ならば《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》《レベル制限B地区》の影から殴りかかることも可能。

【光属性・天使族】型

 《フェアリー・アーチャー》《ソーラーレイ》《アテナ》効果ダメージを活用する。
 《シャインエンジェル》《コーリング・ノヴァ》による連続自爆特攻や、《創造の代行者 ヴィーナス》効果幻奏の連続特殊召喚を合わせるとかなりの効果ダメージ《アテナ》で発生させられる。
 《フォトン・サンクチュアリ》も相性が良く、《フェアリー・アーチャー》《ソーラーレイ》ダメージを底上げできる上に《アテナ》アドバンス召喚することもできる。

【ラヴァ・コントロール】

 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》を投入した【ビートバーン】。
 属性の関係から【炎属性】に投入してもよい。
 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》モンスター除去をした後、コントロール奪取し、戻った後に《魔法の筒》などでダメージを返す。
 《青眼の白龍》と同等のサイズのモンスターのなので直接攻撃によるダメージの大きさは桁違いである。
 《洗脳解除》等で恒久的にコントロール奪取してもおもしろい。→【ゴーレム】

【ライトニングパニッシャー】

 《ライトニングパニッシャー》と豊富なフリーチェーンカードで攻める高速【ビートバーン】。
 カード・アドバンテージを稼ぎつつライフを削ることが可能なため、破壊力は群を抜く。
 少し安定性に欠けるのが欠点か。

【スピード・キング☆スカル・フレイム】

 《バーニング・スカルヘッド》《スカル・フレイム》《スピード・キング☆スカル・フレイム》を駆使する【アンデット族】軸のデッキで、【炎属性】のギミックも活用する。
 継続的なバーンダメージと素早い展開で徐々に相手を押し切っていくが、時には高い攻撃力を活かし一瞬で破格のダメージを与えることもある。
 【アンデット族】が軸ゆえに、メタによって封殺されやすいのが最大の弱点。

【ヴォルカニック・バーン】

 《ヴォルカニック・エッジ》《ブレイズ・キャノン−トライデント》等、まさに【ビートバーン】を意識した効果を持つ「ヴォルカニック」と「ブレイズ・キャノン」を使ったテーマデッキ
 構築の仕方によっては【ロックバーン】にもなったり、逆にバーン要素を極力抜いた構成にもできたりするため柔軟性が高い。
 しかし、永続魔法である「ブレイズ・キャノン」に依存しがちになるため、安定性に難がある。

【シザースバンカー】

 モンスター戦闘破壊することで効果ダメージを与える《KA−2 デス・シザース》《ニードルバンカー》をメインに据えたデッキ
 双方ともにステータスが低く効果発動こそしにくいものの、その効果ダメージが非常に大きいため、戦闘よりもいかにバーンが出来るかどうかが重要となる特殊な【ビートバーン】である。

デッキの派生

 ※は制限改訂により構築不可能となったデッキ

【ウォールバーン】

 【ビートバーン】からビートダウン要素を廃した場合このように呼ばれる。このデッキでは直接攻撃を通さないことのみが最重要。
 ロックカードを使わずに相手直接攻撃を防ぎつつ、ダメージを返しカードを使い切るのがこのデッキの基本戦術。
 《魔法の筒》《ディメンション・ウォール》などのほかに《スフィア・ボム 球体時限爆弾》《デス・コアラ》などをバーンソースとして用いる。

【ライフロスガジェット】

 【除去ガジェット】流れを汲む【ビートバーン】。
 ガジェット効果により手札モンスター切れは他の【ビートバーン】に比べかなり緩和されるのが特徴。
 ガジェット攻撃力こそ低めだが、どんどん出てくる後続の力は最早ここで言うまでもない。

【バンキル】

 【デビル・フランケン】の流れを汲む【ビートバーン】。ゲームエンドまでの一押しにバーンカードを採用したタイプ。
 《巨大化》を大型融合モンスターに装備させるだけでなく、単体でもダメージソースになるバーンカードを使う。
 《ハーピィの羽根帚》は確実に攻撃を通すためだけでなく、バーンデッキが苦手な《王宮のお触れ》を無力化する役割も兼ねる。

【シンクロ召喚】

 レベル7を優先した【シンクロ召喚】。
 《ダーク・ダイブ・ボンバー》の登場で、【ビートバーン】の戦術が可能になった。
 エクストラデッキはどんなデッキでも常備できるので、チューナー入りのデッキ全てが【ビートバーン】化する可能性を持っている。
 モンスターを大量展開した後の攻撃射出1ターンキルを狙えるのが特徴。
 09/09/01制限改訂による《ダーク・ダイブ・ボンバー》禁止カード入りと、その後の弱体化エラッタにより、大幅にダメージ効率を落としている。

【テラナイト】

 【テラナイト】自体はランク4を中心としたカテゴリではあるが、《星因士 シャム》の存在からバーンの要素を組み込む事ができる。
 サルベージ蘇生が豊富な事を活かして繰り返しバーンを行いつつ戦士族エクシーズモンスターに繋いで戦闘ダメージを与える。
 攻撃《魔法の筒》《ディメンション・ウォール》で対応するほか、戦士族なので《バーバリアン・ハウリング》も組み込めるのが利点。
 【テラナイト】でこの形が結果を残した事は少ないが、ピン挿しサイドデッキからの投入でも機能するために、これらのカードを1枚採用したタイプがいくつか見られた。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告